日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

野球の背番号にどんな意味がある?主な背番号の名選手もご紹介!

こんにちは、みっつです。

野球を見ていると背中に番号が入っているのが、ごくごく普通の光景になっていますね。入っているのが当たり前に見えてしまいます。

プロ野球では、0から3桁まで、色々な背番号が存在しています。あまり意味もなく選手に付けられているようですが、番号により様々な意味があり思いが込められています。

当ブログでは、主なプロ野球の背番号に秘められた意味をご紹介してきました。今回はその記事を全て集めてみましたので、楽しみにしてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

背番号0番

元々、日本のプロ野球で認められた背番号は1番から99番ですので、0番の背番号はとても珍しいものです。今も球団によっては使用を許可していませんし、高校野球では認められておりません。

その背番号0番を初めて付けたのは、広島カープの長嶋清幸選手ですが、そのキッカケは、憧れていたアメリカ大リーグの選手が背番号0番を付けていたからです。

日本のプロ野球において、背番号0番を意味するものや、主な背番号0番を付けた選手をご紹介していきます。木村拓也選手、川相昌弘選手、大和(前田大和)選手、初芝清選手、エクトル・ルナ選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。

背番号1番

1番という数字は、「ナンバー1」と呼ばれるように、ものごとのトップをあらわすことから、良い意味で使われますよね!

ところで、背番号1番を付けたプロ野球選手といえば、誰もが王貞治選手を思い浮かべるのではないでしょうか。日本のプロ野球において、背番号1番を意味するものは、王選手に代表されるように、チームの中で実力や人気を兼ね備えたスター選手になります。

よって、歴代の背番号1番を見ることで、その年代の「チームの顔」がわかるといっても良いくらいです。

主な背番号1番を付けた選手として、鈴木啓示選手、高木守道選手、若松勉選手、山田哲人選手、松井裕樹選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。

背番号2番

日本のプロ野球において、背番号2番は捕手と堅守の内野手がつけ傾向にあります。ひとつは、高校野球時代からの愛着から捕手が、もう1つが堅守でいぶし銀の内野手が多くいます。特に、俊足を武器に盗塁王に輝く選手です。

背番号2番は、少し地味なイメージもありますが、これまでにたくさんのスター選手を輩出しています。そこで、主な背番号2番を付けた選手として、城島健司選手、荒木雅博選手、広岡達朗選手、元木大介選手、小笠原道大選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。

背番号3番

「背番号3番でイメージするプロ野球選手」と聞くと、多くの野球ファンなら「長嶋茂雄選手」と答えるでしょう。「ミスタープロ野球」と賞賛される長嶋選手は、日本プロ野球の歴史において、もっとも偉大な選手です。

日本のプロ野球において、背番号3番の意味するものは、長嶋選手に代表されるように、チーム内の最強の打者であり、チャンスにも強く、ファンを魅了するプレーができる選手になります。

そこで、主な背番号3番を付けた選手として、衣笠祥雄選手、榎本喜八選手、立浪和義選手、長池徳二選手、松中信彦選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。




背番号4番

数字の4という字は、「し(死)」と読めることから、余りイメージの良い数字ではありません。日本プロ野球が発足した当初も、背番号4を空き番号にする球団もあったぐらいです。

そこで、日本のプロ野球において、背番号4番は外国人選手の番号ともいえます。これは、外国人選手は4番をまったく不吉な番号と捉えていないからです。近年では、背番号4番にこだわりを持たない日本人選手も増えてきており、二塁を守る名手のイメージが定着しています。

主な背番号4番を付けた選手として、チャーリー・マニエル選手、ウランディミール・バレンティン選手、水谷実雄選手、正田耕三選手、大石大二郎選手をご紹介していますのでご覧ください。

背番号5番

日本のプロ野球において、背番号5番の意味するものは、攻撃・守備ともに、チームの要の選手になります。特に、ポジションとしては三塁手を中心に内野手のスラッガーのイメージです。

近年では、背番号5番の外野手も珍しくなく、華やかな選手が多いのが特徴です。また、打順もクリンナップを任される選手が多くいます。

そこで、主な背番号5番を付けた選手として、清原和博選手、新庄剛志選手、石井琢朗選手、和田一浩選手、松田宣浩選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。

背番号6番

日本のプロ野球において、背番号6番の意味するものは、二塁手や遊撃手など、内野手の巧打者や強打者です。パワーを備えた強打者から、走行守の揃った巧打者まで、打撃センスの高い選手が多く、過去には、三冠王を受賞した選手や、トリプル・スリーと呼ばれる記録を残している選手もいます。

また、背番号6番には生え抜きの選手も多く、長くその番号を付ける傾向があるのも特徴です。そこで、主な背番号6番を付けた選手として、落合博満選手、藤田平選手、金本知憲選手、篠塚和典選手、中田翔選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。




背番号7番

7番は「ラッキー7」と呼ばれるように、とても縁起の良い番号として扱われていることから、プロ野球選手にも人気の番号です。日本のプロ野球において、背番号7番の意味するものは、ラッキー番号に期待が込められ、打順の1番や3番を打つリードオフマンになります。

また、守備位置は高校野球の影響から、左翼を守る選手が多くいましたが、近年は内野手のスラッガーの番号にもなっています。ちなみに、背番号7番には、首位打者や打点王、盗塁王などのタイトルを獲得した選手が多いのも、ラッキー番号だからかもしれません。

当ブログでは、主な背番号7番を付けた選手として、福本豊選手、柴田勲選手、真弓明信選手、今岡誠選手、宇野勝選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。

背番号8番

日本では、番号の8は末広がりとして、縁起の良い番号として有名です。日本のプロ野球において背番号8番には、「ミスター○○」と呼ばれる強打者が多い傾向があります。以前は、外野手が多く付けていた番号ですが、最近では守備力の高い内野手も多くいます。

また、縁起の良い番号であることから、将来を期待する選手に背番号8番を与える傾向もあり、新人王を獲得する選手が多いのも特徴です。

そこで、主な背番号8番を付けた選手として、高田勲選手、原辰徳選手、山本浩二選手、有藤道世選手、久慈照嘉選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。

背番号9番

背番号9番は一桁数字の一番最後であり、高校野球では右翼を守る選手が付けていることから、プロ野球ではあまり好んで付ける選手はいません。日本のプロ野球において、背番号9番の意味するものは、ケガからの復帰や、コンバートの多い波乱万丈の選手になります。

現在、日本プロ野球界では、背番号9番を付けた選手は長距離打者から巧打者まで、様々なタイプがおり、タイトルを獲得した選手もたくさんいます。そのなかでも、カムバック賞を受賞した選手が多いのが、背番号9番の特徴といえます。

当ブログでは、主な背番号9番を付けた選手として、小久保裕紀選手、マット・マートン選手、三村敏之選手、杉浦亨選手、柳田悠岐選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。




背番号10番

背番号10番は、少年野球や大学野球ではキャプテンと決められており、高校野球なら控えの投手が付けています。しかし日本のプロ野球において、背番号10番は特別な決まりはありません。

但し、3球団で永久欠番とするなど、背番号10番が意味を持っている球団もあります。また、背番号10番を付けた選手には、左の強打者が多い傾向もあります。

そこで、主な背番号10番を付けた選手として、張本勲選手、藤村富美男選手、金本知憲選手、駒田徳広選手、阿部慎之介選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。

背番号11番

日本のプロ野球において、背番号11番は名投手の番号といえます。阪神タイガースの村山実投手は永久欠番に制定されるなど、背番号11番を背負った投手には名投手がずらりと並びます。但し、投手の背番号を意味する11番ですが、野手で活躍をした個性的な選手もいます。

主な背番号11番を付けた投手として、村山実選手、野茂英雄選手、斉藤雅樹選手、ダルビッシュ有選手、大谷翔平選手をご紹介しています。また、投手以外で活躍した大島康徳選手、ジョン・シピン選手、ルイス・クルーズ選手の3選手も併せてご紹介します。

その他にも、高校時代に背番号11を付けて活躍した選手として、荒木大輔選手、桑田真澄選手、田中将大選手の5選手をご紹介していますので、是非ご覧ください。

背番号12番

日本のプロ野球において、背番号12番の意味するものは、バッテリーの背番号といえます。またプロ野球創設期には、盗塁王が多かった番号でもあります。その後、捕手で背番号12番を付ける選手が増え、投手でも多くの選手が付けるようになったことで、バッテリーの背番号と言われるようになりました。

高校野球では背番号12番は比較的、控えの捕手が付けることが多いことから、プロ野球でも捕手が多くなっています。

そこで、主な背番号12番を付けた投手として、福間納選手、角盈男選手、郭泰源選手、林昌勇選手、川崎雄介選手、井上祐二選手、河野昌人選手、木佐貫洋選手をご紹介しています。

また、背番号12を付けて活躍をした野手として、広瀬叔功選手、柴田勲選手、鈴木尚広選手、草野大輔選手の4選手もご紹介をしていますので、是非ご覧ください。



スポンサーリンク

背番号13番

日本人が背番号4番を気にするのと同じく、外国人選手が少し気にする番号が13番です。これは、キリストが磔にされたのが13日の金曜日だったという説や、キリストの最後の晩餐が13人だったという説などからきています。

アメリカ大リーグの影響から、日本プロ野球も創設期には、背番号13番を空き番号とする傾向がありました。その背番号13番が、日本のプロ野球で意味するものは、リリーフ投手の番号といえます。

そこで、主な背番号13番を付けた投手として、岩瀬仁紀選手、西口文也選手、葛西稔選手、五十嵐英樹選手、菊池原毅選手をご紹介しています。

また、背番号13を付けて活躍をした野手として、ロベルト・ペタジーニ選手、キラ・カアイフエ選手、堂林翔太選手の3選手もご紹介をしていますので、是非ご覧ください。

背番号14番

日本のプロ野球において、背番号14番が意味するものは、エース級が付ける投手の番号です。巨人の伝説の大投手・沢村栄治選手が付けて、永久欠番に制定されている番号でもあります。

1990年以降は、各チームのエース級の投手が付けるようになりました。2018年開幕時点では、巨人の永久欠番を除くと、残り11球団すべてで、投手が背番号14番を付けています。

主な背番号14番を付けた選手として、沢村栄治選手、外木場義郎選手、津田恒実選手、阿波野秀幸選手、今中慎二選手をご紹介しています。また、背番号14番を付けて活躍をした野手として、中村勝広選手、ジョージ・アリアス選手、八木裕選手の3選手もご紹介をしていますので、是非ご覧ください。

背番号18番

日本のプロ野球において、背番号18番が意味するものは、紛れもなくエース投手の番号ですね。背番号18番がエースナンバーとして定着した理由には諸説あり、巨人がエース投手を背番号18番にしていたことから、各球団に広がったという説があります。

横浜DeNAベイスターズの背番号17番や、中日ドラゴンズの背番号20番のように、球団でエースナンバーを決めているケースもあります。しかし、それでも背番号18番は、エースもしくはエース級の投手が背負う番号として、各球団に定着しています。

そこで、主な背番号18番を付けた選手として、中尾輝三選手、米田哲也選手、松坂大輔選手、杉内俊哉選手、前田健太選手をご紹介しています。また、背番号18番を付けて活躍をした野手として、小前博文選手、シクストレスカーノ選手、河西俊雄選手の3選手もご紹介をしていますので、是非ご覧ください。




背番号21番

日本のプロ野球において、背番号21番は、圧倒的な投手の番号といえます。エースナンバーとしては背番号18番が定着をしていますが、その次にエースと呼ばれる選手の多いのが背番号21番です。特に、背番号18番をエースとする慣習が、セ・リーグの巨人から始まったという説から、パ・リーグでは背番号21番をエースナンバーとする傾向があります。

その一方で、セ・リーグでは左投手のエースを背番号21番に据える風潮がありました。

主な背番号21番を付けた投手として、東尾修選手、今井雄太朗選手、高橋一三選手、杉浦忠選手、加藤初選手をご紹介しています。また、背番号21番を付けて活躍をした野手として、関川浩一選手、清宮光太朗選手の2選手もご紹介をしていますので、是非ご覧ください。

背番号23番

日本のプロ野球において、背番号23番は長距離打者からヒットメーカーまで幅広く、俊足好打の職人タイプの野手が多くいます。一方で背番号23番を付けた好投手は、ほとんど見当たりません。

ちなみに、この背番号23番の歴史を作り上げたのは、戦前に活躍をした2人の外国人選手とも言われています。

そこで、主な背番号23番を付けた選手として、青田昇選手、飯田徳治選手、吉田義男選手、木俣達彦選手、ロバート・ローズ選手をご紹介しています。また、背番号23番の歴史を作った外国人選手として、バッキ・ハリス選手、呉昌征選手の2選手もご紹介をしていますので、是非ご覧ください。

背番号25番

日本のプロ野球において、背番号25番を意味するものは、強打者に他なりません。特に、強打者の系譜を作り上げたのが、1948年に阪神タイガースに入団をした別当薫選手です。その後も、背番号25番には右打ちの強打者がずらりと並びます。特に、背番号25の系譜が一番良く現れているのが、横浜DeNAベイスターズです。

そこで、主な背番号25番を付けた選手として、別当薫選手、ダリル・スペンサー選手、高井保弘選手、大田卓司選手をご紹介しています。

また、背番号25番を背負った横浜の長距離バッターをピックアップし、松原誠選手、畠山隼選手、内川聖一選手、村田修一選手、筒香嘉智選手の5選手もご紹介をしていますので、是非ご覧ください。

背番号27番

日本のプロ野球において、背番号27番は、名捕手が多い番号といえます。特に、巨人では戦前から背番号27を捕手の番号として使っていました。そのなかで、背番号27番を名捕手の番号として定着させたのは、巨人の森昌彦捕手といえます。

巨人が無敵の強さを誇っていた頃、バックネット裏からのテレビ中継に、正捕手としてもっともテレビに映った背番号が、森選手の27番だったからです。

そこで、主な背番号27番を付けた名捕手して、森昌彦選手、大矢明彦選手、古田敦也選手、伊東勤選手、谷繁元信選手をご紹介しています。また、背番号27番を付けて活躍をした投手として、平松政次選手もご紹介をしていますので、是非ご覧ください。

✓Check
当ブログでは、野球に関する話題を多数お届けしています。よろしければ、ご覧になってみてくださいね。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3