日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

オリックスの背番号4番!その意味と歴代の4番の選手をご紹介

こんにちは、みっつです。

あなたは、オリックスという球団に、どのようなイメージをお持ちですか?あのイチロー選手が所属していた球団である、といった感じかもしれませんね。

私も、やはりイチロー選手のイメージが強いです。そして同時に、現在のオリックスバッファローズは、阪急ブレーブスと近鉄バッファローズという、パリーグの強豪球団が合併して誕生したという衝撃も忘れられません(^_^;)

今回は、そんなオリックスの背番号4番について特集します。オリックスの背番号4番をつけた選手の意味や、歴代の背番号4番をつけた選手をご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。




オリックスの背番号4番の意味とは?

2018年のシーズン開幕時点で、オリックスの背番号4番を背負った選手は、合計で44名にもなります。すいぶんと多く感じますが、オリックスは阪急ブレーブスと近鉄バッファローズが合併して出来た球団なので、合併前は両球団で背番号4番が存在していたためです。

その内訳は、旧阪急ブレーブスが19名、旧近鉄バッファローズが16名、そして統合後のオリックス・バッファローズが8名となっています。

昔から日本人は、「4」の数字を「し」と読み、「死」を連想させることから嫌う選手が多く、プロ野球の選手も背番号4番を避ける傾向にありました。オリックスも例外ではなく、旧阪急ブレーブスと旧近鉄バッファローズの両球団ともに、球団創立当初は背番号4番が空き番号となっていました。

その一方で、外国人選手は「4」の数字を気にしないことから、日本プロ野球では活躍が期待される外国人に、背番号4番を与える傾向があります。

オリックスにおいても、前身球団を含めこれまで背番号4番を付けた44名のうち、半数近くの19名が外国人選手です。これは1球団に占める外国人選手の人数からすると、かなりの高さですよね!

オリックスで背番号4番を付けた日本人選手に目を移してみると、堅守の内野手のイメージが強くあります。

例えば、旧阪急ブレーブスで活躍をした松山秀明選手、旧近鉄バッファローズでは背番号4番をつけて15年間も活躍を続けた大石大二郎選手、そして両球団で活躍した阪本敏三選手が挙げられます。



スポンサーリンク

歴代の背番号4番を背負った選手をご紹介

オリックスの歴代の背番号4を付けた全選手を、旧阪急ブレーブスと旧近鉄バッファローズそれぞれの創立時から、一気にご紹介しますね。

旧阪急ブレーブス

年  度 年 数 球 団 名 選 手 名
1936年~1938年 2年 阪急 川村徳久選手
1939年~1945年 8年 阪急 空白
1946年~1948年 2年半 阪急・阪急ブレーブス 野口朗選手
1948年~1949年 1年半 阪急ブレーブス 永利勇吉選手
1950年~1951年 1年半 阪急ブレーブス 新居一仁選手
1951年~1952年 1年半 阪急ブレーブス 小川英雄選手
1953年 1年 阪急ブレーブス 阪田清春選手
1954年~1955年 2年 阪急ブレーブス 空白
1956年~1961年 6年 阪急ブレーブス 岡田豊選手
1962年~1964年 3年 阪急ブレーブス バルボン選手
1965年~1966年 2年 阪急ブレーブス 空白
1967年~1971年 5年 阪急ブレーブス 阪本敏三選手
1972年~1973年 2年 阪急ブレーブス ソーレル選手
1974年 1年 阪急ブレーブス バルボン選手
1975年~1982年 8年 阪急ブレーブス マルカーノ選手
1983年~1985年 3年 阪急ブレーブス 水谷実雄選手
1986年~1987年 2年 阪急ブレーブス 岩本好広選手
1988年 1年 阪急ブレーブス ウィリアムス選手
1989年 1年 オリックス・ブレーブス ブラウン選手
1990年~1998年 9年 オリックスブレーブス・オリックスブルーウェーブ 松山秀明年
1999年~2000年 2年 オリックスブルーウェーブ 今村文昭選手
2001年~2004年 4年 オリックスブルーウェーブ 福留宏紀選手




旧近鉄バッファローズ

年 度 年 数 球 団 名 選 手 名
1953年~1954年 2年 近鉄パールス カスパラビッチ選手
1955年 1年 近鉄パールス 空白
1956年 1年 近鉄パールス ピンカード選手
1957年~1958年 2年 近鉄パールス 兵頭冽選手
1959年~1961年 3年 近鉄バッファロー 空白
1962年~1966年 5年 近鉄バッファロー・近鉄バッファローズ 小森光生選手
1967年 1年 近鉄バッファローズ 島田光二選手
1968年 1年 近鉄バッファローズ ロイ選手
1969年 1年 近鉄バッファローズ バッキー選手
1970年 1年 近鉄バッファローズ テハダ選手

1971年~1974年 4年 近鉄バッファローズ 関根知雄選手
1975年 1年 近鉄バッファローズ アンドリウス選手
1976年~1978年 3年 近鉄バッファローズ 阪本敏三選手
1979~1980年 2年 近鉄バッファローズ マニエル選手
1981年 1年 近鉄バッファローズ ハンプトン選手
1982年 1年 近鉄バッファローズ ウルフ選手
1983年~1997年 15年 近鉄バッファローズ 大石大二郎(大石 大二朗)選手
1998年~2004年 7年 近鉄バッファローズ・大阪近鉄バッファローズ 高須洋介選手

2005年の統合後

2005年~2009年 5年 オリックスバッファローズ 阿部真宏選手
2010年 1年 オリックスバッファローズ 空白
2011年 1年 オリックスバッファローズ 赤田将吾選手
2012年 1年 オリックスバッファローズ スケールズ選手
2013年 1年 オリックスバッファローズ ロッティーノ選手
2014年~2015年 2年 オリックスバッファローズ ヘルマン選手
2016年~2017年 2年 オリックスバッファローズ モレル選手
2018 ~ オリックスバッファローズ 福田周平選手





背番号4番をつけて活躍した選手をご紹介

旧阪急ブレーブスを代表する外国人選手と、旧近鉄バッファローズを代表する外国人選手、そして背番号4をつけて最も活躍した日本人選手の3名をピックアップし、経歴をご紹介いたしますので、是非参考にしてください。

ボビー・マルカーノ選手

生年月日   1951年6月7日
出身地   ベネズエラ、首都地区ミランダ州
投/打    右/右
プロ野球歴  阪急ブレーブス(1975年~1982年)
       ヤクルトスワローズ(1983年~1985年)
タイトル   打点王1回
表彰     ベストナイン4回、ダイヤモンドグラブ賞4回

背番号4番をつけた阪急ブレーブスを代表する外国人選手として、ボビー・マルカーノ選手をご紹介したいと思います。

マルカーノ選手は日本人の血を引く、ベネズエラからの助っ人外国人でした。サーカス団のルーツを汲むことから「軽業師」と呼ばれ、軽快なフットワークの内野守備を見せる二塁手でした。

23歳という若さで阪急ブレーブスに入団した事もあり、今後10年は二塁手に困らない、とまで言われた程です。強打の二塁手として、阪急ブレーブスの4年連続優勝に大きく貢献をいたしました。

チャーリー・マニエル選手

生年月日   1944年1月4日
出身地     アメリカ合衆国ウェストバージニア州
投/打     右/左
プロ野球歴  ヤクルトスワローズ(1976年~1978年)
       近鉄バッファローズ(1979年~1980年)
       ヤクルトスワローズ(1981年)
タイトル   本塁打王2回、打点王1回
表彰     年間MVP1回

マニエル選手はヤクルトスワローズから近鉄バッファローズ、そして再びヤクルトスワローズへと、球団を渡り歩きましたが、背番号は常に4番をつけていました。

マニエル選手といえば優勝請負人とも呼ばれ、近鉄バッファローズに所属していたわずか2年間でも、1979年の初優勝と翌年1980年の連続優勝の立役者になりました。

特に、1979年は、あごへのデッドボールでシーズンの多くを欠場したにもかかわらず、本塁打王に輝く活躍を見せ、年間MVPに も選ばれています。

デッドボールを受けてからは、あごを防御するようなヘルメットを着用するようになりました。そのヘルメットが、私にはまるでアメリカンフットボールのヘルメットに見えた事を思い出します(^_^;)

顔を赤らめて闘志をむき出しにしたプレーから、「赤鬼」と呼ばれた選手でした。

大石大二郎選手

生年月日   1958年10月20日
出身地    静岡県
投/打   右/右
プロ野球歴  近鉄バッファローズ(1981年~1997年)
タイトル   盗塁王4回、新人王、
表彰    ゴールデングラブ賞3回

大石大二郎選手は、近鉄バッファローズ球団55年の歴史のなかで、最も長く背番号4番をつけた日本人選手です。近鉄ではもともと背番号4番は外国人番号として定着をしていましたが、大石選手は15年間、背番号4番を背負い続けました。

身長166cmと小柄ながら、快速を飛ばして、盗塁王に4回も輝く活躍をいたしました。「世界の盗塁王」と呼ばれた福本選手の、14年連続盗塁王にストップをかけた選手としても有名です。

また、シュアなバッティングが魅力で、リードオフマンとして活躍する一方で、堅守の二塁手として、ずば抜けた守備力の選手でした。

✓Check
当ブログでは、野球に関する話題を多数お届けしています。よろしければ、ご覧になってみてくださいね。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

まとめ

今回は、オリックスの背番号4番について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?他の球団にも言える事ですが、日本人にとっては4という数字が敬遠される事もあり、外国人選手がつけるケースが多いという傾向になっています。

そんな中で、大石大二郎選手が15年間も背番号4番をつけていたのは、異例なのかもしれません。15年間も主力選手として活躍した証でもありますよね。

これから先、オリックスの背番号4番の選手が、どのような活躍を見せてくれるのか、注目してみるのも面白いかもしれませんね!

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3