日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

ヤクルトスワローズの背番号7番!歴代の7番の選手や傾向を紹介!

こんにちは、みっつです。

野球ではラッキーセブンという言葉、そして元々は西洋では7は幸運な数字である7という数字、プロ野球においても人気のある番号で、背番号7番はチームの中心選手がつける事が多いようです。

元高校球児である私は、やはり背番号7番に憧れ7番をつける事を夢見ましたが、控えのピッチャーであったため願いは叶いませんでした(笑)

今回は東京ヤクルトスワローズの背番号7番について、特集していきます。人気の背番号7番を、どのような選手がつけてきたのでしょうか?

歴代の背番号7番の全選手とその傾向、背番号7番をつけて活躍した主な3選手もご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

歴代の背番号7番を背負った選手をご紹介

2018年のシーズン開幕時点で、東京ヤクルトスワローズの背番号7を背負った選手は、合計で15名になります。その歴代の選手を一挙にご紹介しますね。

年 度 年 数 球 団 名 選 手 名
1950年~1956年 7年 国鉄スワローズ 中村栄選手
1957年~1962年 6年 国鉄スワローズ 町田行彦選手
1963年~1969年 7年 国鉄スワローズ・サンケイスワローズ・サンケイアトムズ・アトムズ 豊田泰光選手
1970年 1年 ヤクルトアトムズ 桑田武選手
1971年~1972年 2年 ヤクルトアトムズ 福富邦夫選手
1973年~1974年 2年 ヤクルトアトムズ・ヤクルトスワローズ 小田義人選手
1975年~1980年 6年 ヤクルトスワローズ 福富邦夫選手
1981年~1987年 7年 ヤクルトスワローズ 渡辺進選手
1988年~1989年 2年 ヤクルトスワローズ 空白
1990年 1年 ヤクルトスワローズ マーフィー選手
1991年~1992年 2年 ヤクルトスワローズ 清家政和選手
1993年~1996年 4年 ヤクルトスワローズ 橋上秀樹選手
1997年~1999年 3年 ヤクルトスワローズ 小早川毅彦選手
2000年~2001年 2年 ヤクルトスワローズ 空白
2002年~2003年 2年 ヤクルトスワローズ 浜名千広選手
2004年 1年 ヤクルトスワローズ マーチン選手
2005年~2016年 12年 ヤクルトスワローズ・東京ヤクルトスワローズ 田中浩康選手
2017 ~ 東京ヤクルトスワローズ 空白

残念ながら、東京ヤクルトスワローズの背番号7番は、2017年から空き番号となっており、将来、ラッキナンバーの背番号7番を付けて活躍する選手の登場が待たれます。




東京ヤクルトスワローズの背番号7番の傾向とは?

最初にお伝えした通り、ラッキーセブンという言葉からも、数字の7は人から好まれる数字であり、野球選手にとっても人気の番号です。

東京ヤクルトスワローズの背番号7番の傾向をみてみると、打線に勢いをつける1・2番打者や、チャンスに打順が回ってくる3番打者が多いという結果となりました。特に、他球団から移籍をしてきて、チームの優勝等に貢献した選手が目立っています。




背番号7番をつけて活躍した3選手のご紹介

15人もの選手がつけてきた、東京ヤクルトスワローズの背番号7番。今回は移籍をしてきてチームに貢献をした2名と、一番長く背番号7番を背負った生え抜き選手の合計3名をピックアップし経歴をご紹介していきますね。

*経歴については、日本プロ野球機構のホームページを参考にしました。

豊田泰光選手

生年月日  1935年2月12日
出身地   茨城県久慈郡
投/打   右/右
プロ野球歴 西武ライオンズ(1953年~1962年)
      アトムズ(1963年~1969年)
タイトル  首位打者1回、新人王
表彰    ベストナイン6回

豊田選手は野武士軍団として恐れられた西鉄ライオンズで、三原監督の提案した「流線型打線」の一角をなした選手です。

入団初年度からレギュラーの座をつかむと、強打の2番打者として27本塁打を放ち、その年の新人王に輝きました。このときの27本塁打は、後に西武に入団した清原選手が現れるまで、破られない記録でした。

その一方で、守備は「トンネル王」と呼ばれるほどエラーが多く、チームの投手から守備の交代を進言されることが何度もありました。そしてこのようなエピソードが残っています。

高卒1年目の昭和28年、西鉄のチーム失策数は161個。このうち、豊田氏の失策は、3割近い45個を占めた。デビュー戦でも見事なトンネルで失策。

引用元:産経ニュース

その後、豊田選手は同僚の中西選手と、お互いに選手を兼任しながら、チームを引っ張ります。しかし、中西監督と豊田助監督の微妙な立場から、意見の違いに嫌気がさし、自らの意思でヤクルトスワローズ(当時の国鉄スワローズ)に移籍をいたしました。

全盛期を過ぎてからの移籍でしたが、当初2年間は活躍をみせました。しかし、移籍3年目に肘を痛めたことで成績がおち、その1969年に引退をいたしました。

私が野球ファンになった頃には引退して野球評論家になっていた豊田選手、優しそうな笑顔が印象的でした。しかし、優しい笑顔からは想像できない、辛口な評論で有名だったというギャップの持ち主というイメージもあります(^_^;)

小早川毅彦選手

生年月日  1961年11月15日
出身地   広島県広島市
投/打   右/左
プロ野球歴 広島東洋カープ(1984年~1996年)
      ヤクルトスワローズ(1997年~1999年)
タイトル  最多勝利打点1回、新人王

小早川選手は法政大学時代、2年春のシーズンで三冠王に輝き、広島カープに入団を果たすと、「ポスト山本浩二」と高い期待を受けました。入団初年度のシーズンから3番打者を任された小早川選手は、ファンから「広島のプリンス」と呼ばれる人気の選手でした。

山本浩二選手が引退をした1987年からは4番打者を任されますが、その後は、期待されるほどの成績を残すことができませんでした。

1997年に球団から引退を示唆されると、現役続行の意志が強く、ヤクルトスワローズに移籍をいたします。すると、開幕戦で3打席連続本塁打を放つなどの活躍をみせ、その年のチームの優勝に大きく貢献をいたしました。

私が小早川選手で印象に残っているのが、2本のホームランです。1本目は当時の後楽園球場でライトスタンド上段へ放った、プロ入り第一号です。

テレビで観戦していましたが、力強いフォームやスタンドに突き刺さった打球は、今でも目に焼き付いているほど強烈なインパクトでした。

そしてもう1本が、あの江川卓選手を引退に追い込んだ逆転サヨナラホームランです。ホームランを打たれたショックで、ずっと立ち上がれない江川選手、その時は引退を決意していたなんて想像すらできませんでした。

当ブログでは、江川選手がプロ野球に入った際の、俗にいう江川事件について特集しています。よろしければご覧になってみてください。
空白の一日って何だったのか?わかりやすく江川事件を解説します!

田中浩康選手

生年月日  1982年5月24日
出身地   京都府木津川市
投/打   右/左
プロ野球歴 ヤクルトスワローズ・東京ヤクルトスワローズ(2005年~2016年)
      横浜DeNAーズ(2017年~)
表彰    ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞1回

田中選手は早稲田大学時代から走攻守揃った二塁手として定評があり、ヤクルトスワローズに入団後も主に2番セカンドとして活躍をしました。入団3年目からレギュラーの座をつかみ、その実力を発揮し始めます。2008年には自己最多となる144試合に出場、2010年には打率3割をマークしています。

入団3年目の2008年から8年目の2012年までが、田中選手の絶頂期でした。残念ながら入団9年目頃から、若い選手の台頭もあり、出場機会が減少してしまいます。

2016年のシーズン終了後には戦力外通告を受けましたが、横浜DeNAベイスターズへ移籍しました。そして2017年には、プロ野球生活13年目にして、1000本安打を記録いたしました。

個人的には30歳という若さで出場機会が減ってしまったのは、とても残念に思います。あの山田哲人選手の活躍が直接の原因のようです。もし山田選手の活躍がなければ、違った状況になていたかもしれません。でも、タラレバは良くないですね(^_^;)

そして2018年シーズンをもって、惜しまれつつも14年間の選手生活にピリオドをうち引退となりました。

Check
当ブログでは、他にも東京ヤクルトスワローズや球団別の背番号に関しての話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
東京ヤクルトスワローズの話題
球団別背番号の話題




まとめ

今回は、東京ヤクルトスワローズの背番号7番について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?傾向としては1番から3番バッターが多く、移籍してきた選手が多くつけていたという事がわかりました。

その中でも田中選手は、生え抜きながら背番号7番を一番長くつけた選手として名前が刻まれています。

2017年から空白になっている東京ヤクルトスワローズの背番号7番、次は生え抜きの選手がつけるのか、移籍してきた選手がつけるのか、注目してみるのも面白いのではないでしょうか?

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3