日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

中日ドラゴンズの背番号3番!歴代の全選手と主な選手・傾向をご紹介

こんにちは、みっつです。

中日ドラゴンズは巨人及び阪神についで、3番目に誕生した歴史の長い球団です。背番号3を付けた選手は、2018年のシーズン終了時点で16名になります。

背番号3番というと、どこの球団でも人気があり中心選手がつける傾向がありますが、中日ドラゴンズではそのような選手が歴代背番号3番をつけてきたのでしょうか?

今回は、中日ドラゴンズの背番号3番について特集していきたいと思います。歴代の背番号3番をつけた全ての選手や主な選手の紹介、中日ドラゴンズでの背番号3番の傾向といった内容をお届けしますので、楽しみにしてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。




歴代の背番号3番を背負った選手をご紹介

まず、中日ドラゴンズの背番号3番を付けた、歴代の全16選手を一挙ご紹介いたします。

年 度 年 数 球 団 名 選 手 名
1936年 0.5年 名古屋軍 松浦一義選手
1936年 0,5年 名古屋軍 桜井正三選手
1937年 0.5年 名古屋軍 空白
1937年 0.5年 名古屋軍 倉本信護選手
1938年~1940年 3年 名古屋軍 石田政良選手
1941年~1945年 5年 名古屋軍~産業軍 空白
1946年 1年 中部日本軍 石田政良選手
1947年 1年 中部日本ドラゴンズ 藤本英雄選手
1948年~1954年 7年 中日ドラゴンズ     ~名古屋ドラゴンズ   ~中日ドラゴンズ 国枝利通選手
1955年~1956年 2年 中日ドラゴンズ 内海武彦選手 
1957年~1972年 16年 中日ドラゴンズ 中利夫(改名:三夫)(改名:暁生)選手
1973年 1年 中日ドラゴンズ 空白
1974年~1976年 3年 中日ドラゴンズ 藤波行雄選手
1977年 1年 中日ドラゴンズ デービス選手
1978年 1年 中日ドラゴンズ 空白
1979年~1980年 2年 中日ドラゴンズ ギャレット選手
1981年~1982年 2年 中日ドラゴンズ 富田勝選手
1983年~1987年 5年 中日ドラゴンズ 平野謙選手
1988年~2009年 22年 中日ドラゴンズ 立浪和義選手
2010年 1年 中日ドラゴンズ 空白
2011年~2014年 4年 中日ドラゴンズ 吉川大幾選手
2015~ 中日ドラゴンズ 高橋周平選手



スポンサーリンク

背番号3番を背負って活躍した3選手をご紹介

次に、中日ドラゴンズの背番号3番と呼べる3選手をピックアップし、経歴をご紹介いたしますので、是非参考にしてください。

藤波行雄選手

生年月日  1951年4月26日
出身地   静岡県静岡市
投/打   左/左
プロ野球歴 中日ドラゴンズ(1974年~1987年)
表彰    新人王

藤波選手は、1974年に中央大学からドラフト1位で中日ドラゴンズに入団、初年度から背番号3を与えられ、活躍が期待されていました。期待に応えて入団一年目で新人王を獲得する活躍をしたものの、中々レギュラーに定着することが出来ず、代打での出場が多く続きます。

1976年に、藤波選手にとって大きな出来事が起こります。藤波選手はクラウンライターライオンズ(現西武ライオンズ)へのトレードを拒否したことで、球団と対立を起こしたのです。

藤波選手は、トレードされるのであれば引退も辞さないという、強い気持ちでトレードを拒否します。そしてファンは、将来の主軸として力をつけているのにトレードは納得できないと、抗議の電話が球団事務所に殺到しました。

結局、トレードによる移籍は消滅したものの、トレードを拒否した事ががきっかけとなり、背番号は3番から40番に変更されるなどのペナルティを受けました。それでも、球団を愛する藤波選手は、トレードの騒動後の11年間を含めて14年間、中日ドラゴンズ一筋に選手生活を続けたのです。

トレード拒否は私が小学校6年生の時に起こりましたが、当時は選手が球団に反抗するような事は許されない、といった雰囲気でした。まだ小学生だったという事もあり、なぜ藤波選手の背番号が3番から40番に変わったのか、理解していませんでした(^_^;)

平野謙選手

生年月日  1955年6月20日
出身地   愛知県名古屋市
投/打   右/右・左
プロ野球歴 中日ドラゴンズ (1978年~1987年)
      西武ライオンズ (1988年~1993年)
      千葉ロッテマリーンズ (1994年~1996年)
タイトル  最多盗塁1回 
表彰    ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞9回

平野選手は1978年に、ドラフト外の投手として中日ドラゴンズに入団をしました。しかし、学生時代に痛めた右ひじが痛む事もあり、入団2年目には野手に転向し、さらにスイッチヒッターに挑戦をした苦労人です。

その平野選手に与えられた称号といえば、「バントマン」です。入団4年目の1982年には、当時のシーズン最多となる51犠打をマークし、2番打者として定着をいたします。職人タイプの平野選手が、通算で放った451犠打は、当時の日本プロ野球記録でもありました。

その平野選手は、入団初年度こそ背番号81番でしたが、2年目には背番号57番、そして6年目に背番号3番へとジャンプアップし、西武ライオンズに移籍するまでの5年間、背番号3番を付けていました。

藤波選手との因縁が!?

ここで一つのエピソードをご紹介しますね。平野選手がピッチャーから外野手に転向した事は、すでにお伝えしました。

平野選手としては、ピッチャーとしてプロ入りしたからには、ピッチャーで活躍したいと考えていたに違いありませんよね。そんな平野選手に外野手転向を決意させたのが、1976年まで背番号3番をつけていた藤波選手なのです。

1979年春の紅白戦で、打たれないと自信を持っていたストレートを、藤波選手に打たれたのをきかっけに、外野手転向を決意したのです。もしピッチャーを続けていたなら、背番号3番をつける事はなかったでしょう。

そう考えると、元背番号3番の藤波選手が、平野選手に背番号3番をつけさせた、と言っても良いかもしれませんね(^_^;)




立浪和義選手

生年月日  1969年8月19日
出身地   大阪府
投/打   右/左
プロ野球歴 中日ドラゴンズ(1988年~2009年)
タイトル  新人王、
表彰    ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞5回

立浪選手は高校野球の名門PL学園で主将を務めると、甲子園では春夏連覇を果たし、その年のドラフト1位で入団したエリート選手です。現役時代は「ミスター・ドラゴンズ」と呼ばれ、中日ドラゴンズの球団史上最高の左バッターと賞される選手に成長しました。

その立浪選手は、背番号3番を現役22年間に渡って背負い続けた、まさに80年を超える球団の歴史のなかで、背番号3番を代表する選手でもあります。残念ながら、打撃タイトルには縁がなかったものの、二塁打の通算本数487は、日本歴代1位の記録として残っています。

立浪選手というと、高校野球の超名門であるPL学園の出身である事はお伝えしましたよね。元高校球児である私の中では、立浪選手は高校時代から有名な存在であり、体は小さいけど必ずプロ野球で活躍すると確信していました。

期待通り、いや期待以上に活躍した立浪選手ですが、タイトルをとっていない事は意外です。首位打者の一度や二度はとっていると思っていました(笑)




中日ドラゴンズの背番号3番の選手の傾向とは?

日本プロ野球界において、背番号3番は、「ミスタープロ野球」こと長嶋選手に代表されるように、チャンスに強く、ファンを魅了するスター選手に与えられる番号です。また、出世番号の意味もあり、球団としては期待の若手選手に、背番号3番を与える傾向もあります。

中日ドラゴンズにおける背番号3番も、期待の新人に与える傾向があります。背番号3番はポジション番号でもある三塁手など、内野手が付ける傾向もありますが、中日ドラゴンズにおいては内野に限らず、期待される外野手にも多く与えられています。

ちなみに、1970年代後半の中日ドラゴンズでは、背番号3番を外国人に与える傾向がありました。これは、ライバルの巨人軍が、背番号3番の象徴である長嶋選手が監督をしていたことから、「背番号3番を重視しない意思表示」と、まことしやかな噂もあります。

✓Check
当ブログでは、他にも中日ドラゴンズに関しての話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
中日ドラゴンズの話題
他にも野球に関する話題を多数お届けしています。よろしければ、ご覧になってみてくださいね。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

まとめ

今回は、中日ドラゴンズの背番号3番について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

他の球団と同じように、中日ドラゴンズの背番号3番は、チームの中心となる野手がつけるといった傾向がありました。そして、期待の新人選手がつけるといった、中日ドラゴンズ独自の傾向もみられました。

22年間も背番号3番をつけて活躍した立浪選手のような、ミスタードラゴンズと言われるような選手が背番号3番誕生するのか、注目してみるのも面白いですね!

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3