日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

離乳食の初期段階での進め方のポイントとは?

こんにちは、吉川 百です。

離乳食の情報はあなたの周りにたくさんありますよね。

2年近く前に下の娘の離乳食期を終えた私の周りにも、本当に多くの情報がありました。

しかし、多ければ多いほど、悩むこと・迷うことも比例して増え、どの情報を頼るべきか、また他のママさんや「標準的」といわれるやり方と自分のやり方を比較して落ち込んだり、ママはたいへんです。

ママの気持ちと離乳食作りの日課を楽にしてあげるにはどうしたら良いか?

ライターとしてできるのは、その方法を言葉でお伝えすることだけですが、私なりに全力で伝授致します。

慣れない離乳食作りと作った食事を食べさせる苦労、それに加えて夫や上の子供の食事の世話と後片づけ。

気がつけば一日中キッチンに立っていて、そしてやらなければならないのは他にも山のように・・・。

わかる!わかりますよ、あなたのその大変さが痛いほど。

今回は、離乳食期初期段階編。

始めるタイミングや食材・献立などの基本情報から、食べさせ方テクニックや調理の裏技までを網羅。

ママとしての義務を果たしたい気持ち、赤ちゃんの食における栄養管理や正しい手抜き方法、あなたの知りたい離乳食初期段階のあり方を余すところなくご紹介します。

過ぎてしまえば一瞬のこと、これを読んだら、笑顔で乗り越えられるかもしれません!

初期2 (1)

離乳食の初期ってどのように進めるの?

初めて離乳食を始める時は、手探り状態で何から始めたらわかりませんよね。

そこで、離乳食の初期では、どのように進めたら良いかご紹介します。

タイミング

まずは離乳食を開始するタイミングを計るところからですよね。

あなたの赤ちゃんの様子をチェックしてみましょう。

□生後5~6ヶ月を過ぎた。

□日中の授乳リズムが整ってきた(あげるタイミングがだいたい毎日同じだ)

□首が完全に据わっている。

□支えがあれば、お座り姿勢をとれる。

□母乳やミルクだけでは物足りない雰囲気がある。

□ママやパパの食事中、興味深げに眺めたりよだれを垂らして見たりしている。

□前歯が生えてきた。

□スプーンを口にあてても、押し戻さない。

いかがでしたか?

このうちの半分以上があてはまれば、試してみても良いかもしれません。

おっぱいを吸うための原始反射が残っているとスプーンを異物ととらえて舌で押し戻してきますので、何度か優しく試していつも押し戻すのだとしたら、その子にとっては時期尚早かも、と思いましょう。

やってみてまだ無理だとなれば、再び出直せば良いではありませんか。

月齢などは目安ですので、とらわれないことが大事ですよ。

前歯も、歯の生え始め自体が遅い子はいますので、もしまだなくても、本人が食べる意欲があるのならごく少量ずつからあげてみても良いと思います。

母乳やミルクと離乳食の割合は?

はい、これははっきり言いますと、初期段階の離乳食は母乳・ミルクのおまけというぐらいに思いましょう。

食事から栄養を与えようと思う必要はほぼないと言えます。

ずばり90%! 100に近い感じで母乳やミルクが栄養源です、が、ある程度量を召し上がるお子さんは違ってくるでしょう。

ただ、この初期段階は1ヶ月をメドにしているのですが、開始後1ヶ月経過した時点では20パーセント程度、栄養を離乳食から取れるようになっているとうれしいかな、と思います。

食物に慣れさせる、食に興味を持たせる、あなたは今後食べ物から栄養をもらって生きていくんだよという暗黙の教育をする、この3点が初期段階離乳食の意味合いではないでしょうか。

前期6

1日の離乳食の回数

開始後しばらくは、1日1回で十分です。

しかし、1週間~2週間経過して、わりと食が進むなあと思えば1回足しましょう。

開始後1ヶ月経って、2回食が定着しているとうれしいですね。

時間は、午前中のねんねが終わって機嫌が良くなってきた頃、10時のあたりが良いのではないでしょうか。

今回は、赤ちゃんの起床時刻を7時くらい、夜の就寝を20時で想定しています。

2回目を足す場合は18時くらいで良いでしょう。

昼間はお昼寝やお出かけなどで時間調整がむずかしいですよね。

いずれも、離乳食トライ後は授乳をして心身の欲求を満たしてあげましょう。

母乳でもミルクでも欲しがるだけ与えてあげれば良いといいます。

7時よりも早く寝て起きる子も当然いるでしょうから、その場合はママご自身が時間調整してくださいね。

離乳食を試みる以外は、それまでの生活パターンと同じで良いと思いますので、気負わず楽にかまえましょう。

万が一、食事中のトラブルや、食物アレルギー反応があるといけませんので、病院が開いている時間に離乳食をあげるというのが基本です。

今後、初めての食材を与える場合は、いつもそのことを念頭においてください。

もしも食事によって、赤ちゃんに何か異変が感じられたら、動揺してしまうでしょうが、頑張ってまずは落ち着き、かかりつけ医などに電話して指示を仰ぎましょう。

離乳食の初期の食材や献立は?

必要な栄養素は、炭水化物(エネルギー源)・たんぱく質(肉・皮膚・髪などあらゆる細胞生成に関わる)・ビタミンやミネラル(基本的に体内では作れません)。

基本は、大人と同じです。

ですが、これを網羅しようと思う必要はありません。

炭水化物+主菜(おかず1品か2品)程度で良いでしょう。

前期5

10倍がゆなんて面倒じゃない!

炭水化物は10倍がゆ(ごはん100gに大して水1000ml)が定番なのですが、食パンで作るパンがゆやそうめんも与えられます。

いずれも、ドロドロに煮る必要があります。

いっさいの歯応えは要りません。

お鍋にごはんとお水を規定量入れて火にかけ、20分弱火で煮ればできあがり。

もしも粒が残っていたら、へらやスプーンなどですりつぶしましょう。

おかゆは、たくさん余ります。

製氷皿や冷凍保存容器(近頃は離乳食を意識した小さな商品が多数出ています)に入れて粗熱を冷まして冷凍庫へ。

あとで保存しようと思ってお鍋をそのままにすると不衛生ですし、何よりもあとになるとほぼ確実に面倒になってしまいますから、ぱぱっとそのまま保存作業もしてしまうのです。

容器に移すところとお鍋を洗うところまでは調理の一環としてやりましょう。

食べさせるおかゆと保存用の粗熱を冷ます時間としても調度良いです。

赤ちゃんの食事のあとのママの気分とやる気に雲泥の差が出ますので、キッチン作業の効率と掃除もキーとなりますよ。

製氷皿に作った場合は、氷を出すように製氷皿から凍ったおかゆを出して別容器に移し替え、今から食べさせるブロックだけを小皿に入れて解凍しましょう。

解凍はレンジのオート機能は恐らくNGですので、500Wで10秒~20秒くらいずつ、様子を見ながらの解凍にしましょう。

今回は、-離乳初期のかぼちゃがゆの作り方の動画をご紹介します。

見て是非参考にしてくださいね。

おかずも簡単、合言葉は何でもドロドロ

おかず、おかず、と悩む必要はありません。

今日のあなたのお宅の冷蔵庫の中から、この時期の赤ちゃんでも食べられる野菜などを水多めにやわらかく煮てつぶせば基本はできあがりです。

りんごのすりおろしは赤ちゃんも大好きですので、はりきってあげられますよね。

じゃこはこの時期の赤ちゃんが食べられる貴重な魚です。

私は大量にフライパンで煎って、ハンドミキサーで粉々にして小分け冷凍していましたよ。

包丁でみじんに切ると、わりと姿が大きく残るので飲み込みにくいでしょうし、なにせ面倒です。

そして、主食+主菜にこだわるのも疲れますので、できる範囲で良いと思います。

かぼちゃ・さつまいも・にんじんを10倍がゆと合わせる野菜がゆは、楽チンで栄養価も上がります。

NG食材

ボツリヌス菌の影響が心配なはちみつは1歳半頃まではあげないほうが良いといわれます。

私は念のため、2歳までは控えました。

その他、黒砂糖・蕎麦・ごぼう・野菜の皮・きのこ類も、アレルギー対策や腸を傷つけない観点から控えましょう。

前期4

離乳食の初期の食べさせ方

この時期、離乳食を食べさせる時は、お膝(ママの腿左右どちらか)抱っこが基本です。

ママは隣か正面にお食事の用意をしてあると思いますが、片腕は赤ちゃんに軽くまわしてベルト役をしてあげましょう。

必ず「いただきます」を言います。

分量は赤ちゃんのお食事スプーンにちょこんと乗せて、唇にスプーンをあてて口を開けたらつんつんと優しくつつくようにおかゆなどをずらし入れてみてください。

はじめはもちろん下手くそで、一粒も入っていないということもしばしば。

上唇をうまく動かせないので、まだ口の周りもべたべたです。

でも、気にしないで、赤ちゃんが嫌がらなければ続けましょう。

おいしいね、大きくなるね、などと声かけもしてあげましょうね。

いちばん初期では小さじ1杯5gから10gの挑戦で十分。

10分くらいをメドに終了します。

必ず「ごちそうさま」を言いましょう。

食べたか食べてないかとか、食べた量を問題にするのはやめておいてください。

たくさん食べてくれる子もいるので、そういう子は少し足してあげても構わないと思います。

あくまで「食を習慣づける、はじめの一歩を試している」というスタンスを忘れないで気楽に頑張りましょう。

初期2 (2)

離乳食の初期の調理の裏技

先ほども少し触れましたが、10倍がゆや野菜のドロドロ煮を作れる時にまとめて作り、製氷皿か冷凍保存パックで冷凍保存しましょう。

たとえばかぼちゃなら皮をむいた一口大カットをラップに包んで600Wで1分前後加熱、粗熱をとって指でつぶせば簡単に赤ちゃん用になります。

そのペーストだけを冷凍しておいて必要な時に解凍したら、あとはお湯を足してドロドロ煮にしたり、おかゆと合わせて野菜がゆに、と1度に調理が進むんです。

何種類かの野菜ペーストがあれば、じゃこの粉や少しだけ水分を切った絹ごし豆腐と合わせることで、おかずのレパートリーは増え、そうこうしているうちに初期1ヶ月は終了してしまうでしょう。

初期3

まとめ

離乳食だ、さあ気合を入れなくちゃ!と勢い込んだわりに、子供が食べてくれずに撃沈していた数年前のことを懐かしく思い出しています。

キッチンは野菜のドロドロでどろどろに汚れ、加減を失敗したおかゆの残ったお鍋が2つか3つ転がり、さらに他にも洗い物が・・・。

心身ともに疲れていたあの頃の自分に、なんでそんなに鬼気迫ってるの?と言ってあげたいですね。

食べてくれないことで悩み、自分の作り方やあげ方がダメなのかと悩み、時間がうまく使えないくて悩み、と悩んでばかり。

ちょっと食べてくれたらもうけものと思いましょう。

たくさん食べ過ぎて心配になる方もいると思いますが、よほどじゃなければ食べたがるだけあげても良いと思います。

くり返しますが、この時期は離乳食からの栄養摂取を目的にしていません。

母乳やミルクという強い味方がいます。

それから、標準の月齢になっても離乳食開始を迷って出遅れたママさん、それもあまり気にしなくて良いと思います。

うちの子は6ヶ月で試して全くダメでしたので、7ヶ月終わりくらいから初期段階を始めました。

だいぶ出遅れ感がありましたが、それでも2歳近くになればがつがつ食べだしました、心配いりませんよ。

行きつ戻りつが子育ての基本、あなたは正しいのです。

赤ちゃんはママが大好きですから、困った顔・悲しい顔、どんな顔も全部見せてあげてください。

でも笑顔の分量をいちばん多く、を忘れずに。

ママが笑ってさえいれば、赤ちゃんは最高に幸せなんです。

最後までお読み頂き、ありがたく思います、吉川 百でした。



UA-43571241-3