日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

離乳食の中期段階の進め方・食材や献立・食べさせ方の基本とは

こんにちは、吉川 百です。

離乳食にも少し慣れてきたあなたとあなたの赤ちゃん、さあ、次のステップへ進みましょう!

離乳食初期の段階を終えても良いかなと判断する目安や次の段階の進め方、使える食材・献立に食べさせ方のポイント・注意点など、あなたの知りたいことを次々にご紹介します。

離乳食期って、育児書などを開く機会が増えませんか?

離乳食についての知識や、どんな心身の状態が離乳食に必要かなどチェックするために読むのですが、他のママさんの例などが載っていて、私にとってはわりとプレッシャーでした。

離乳食の献立ひとつとっても、本に載っているママさんは、すごく多彩で食材や調理方法もバラエティ豊か、私はこんなに頑張っていないと自分を責めて落ち込んだりしていたのです。

そんな私がおすすめする心構えとしては、とにかくあなたのペースをつかむことです。

お料理好きのあなたは離乳食作りがとても楽しいかもしれませんし、苦手なあなたにはつらい作業かもしれません。

しかし、どちらのママにしても、赤ちゃんはすぐに大きくなり、あなたやパパが作る食事を日常食として食べるようになります。

自ずと、あなたの家庭の食の傾向に合うようになるでしょう。

栄養不足にだけ気をつければ、あなたはあなたのやり方で良いのです。

そのやり方をつかむために、私に少しお手伝いをさせてください。

中期2

離乳食の中期ってどのように進めるの?

あなたの赤ちゃんは7ヶ月になりましたか? それとも8ヶ月でしょうか。

もうちょっと大きくなっていても何の問題もありません。

月齢も分量も、ここでは数字はすべて目安としてご提案していますので、気にしすぎないようにしてください。

それでは、初期段階を卒業し、次なる中期段階へ進むべきかどうか、チェックしてみてください。

□1日に2回食が定着した。

□お座りが支えなしでできるようになった。

□ごっくん、という飲み込みが上手になった。

□自分からお口アーンをする。

だいたいこの辺りの項目にチェックが入ったらオーケーですが、不安があればいましばらく初期段階を続けてみましょう。

初期段階での離乳食体験を通して、食べることに慣れてきた赤ちゃんは、舌で食事をつぶして食べられるようになっているかもしれませんね。

お口の使い方が上手になって、唇の周りがべとべとになることも少し減ってきたのではないですか?

離乳食を与えるタイミングは、初期段階と変えなくても良いでしょう。

起床を7時とすると、1度目は朝のねんねが終わった10時頃、2度目は18時頃が適当です。

離乳食後の授乳と就寝後夜中の授乳はいままで通り、赤ちゃんが欲しがるだけあげてくださいね。

母乳なら日に5回~8回、ミルクならば1回200mlを日に5回、あなたもまだだいたいそのくらいで授乳していると思います。

離乳食からの栄養摂取、この中期段階1ヶ月終了時には、赤ちゃんの栄養全体の30~40%を目標にしますが、あくまで目標ですので、授乳をしっかりしていれば心配いりません。

離乳食中期の食材や献立は?

ドロドロだった初期のおかゆに比べて、少し粒が残る7倍がゆが食べられるようになってきます。

7倍がゆも10倍がゆと同じ要領で、ごはん100gに対して水700mlをお鍋に入れ、中火から煮立ってきたら弱火にかえて20分、はい出来上がりです!

野菜はドロドロ煮から、絹ごし豆腐程度のやわらかさに煮たものを2~4ミリ角に切った状態でも食べられるようになっていると思います。

初期段階に比べて、お食事、という感じを演出できるようになります。

1食につき、炭水化物は50~80g、タンパク質は肉・魚なら10~15g、豆腐なら30~40g、ビタミン・ミネラルの野菜・果物は20~30gが適当な量といわれます。

また、乳製品50~70g、卵は3分の1個程度が加えられます。

50g、といえば、お豆腐3連売りの小さいパックがありますよね、あの1個分がだいたい150gなので、その3分の1となります。

あの大きさを頭に入れておけば、あとはその図形からだいたいの引き算をして目分量で決めれば楽チン。

初期段階には限定的だった食材も、マカロニ・スパゲティ・納豆・ツナ缶、鮭・カッテージチーズ・ささみ・さやいんげん・モロヘイヤ・オクラなどぐんと増えます。

ねばねば食材は栄養価も高く、食べやすい状態への調理も楽なので、どんどん活用しましょう。

主食+副菜2品を基本に、2品目は汁物が良いかと思います。

中期5

献立例

☆じゃがいもだんごの鮭入り

①油を引かずに鮭を蒸し焼きにして骨を取り、スプーンなどでこすって細かくします。

②皮をむいたじゃがいもを茹でます(この時に、大量に茹でて、歯ごたえのあるままを半分量取り出して今晩の大人のポテトサラダなどに使いましょう。あとは赤ちゃん用に冷凍。とにかく1度に要領よくやりましょうよ)。

③じゃがいもをやわらかくゆであげ、鮭と混ぜ合わせます。

この野菜+タンパクだんご、応用が効くので、頼りになります。

かぼちゃ+鮭だんご、さつまいも+鮭だんご、じゃがいも+ささみだんご、オクラ+じゃこあえ、モロヘイヤ+じゃこあえ、ブロッコリー(葉先のみ)+ささみなどいくらでも和えられます。

☆野菜ポタージュ

乳製品も積極的に取り入れたいですので、野菜+牛乳のポタージュは活用できます。

①やわらかく煮たじゃがいも・かぼちゃ・にんじん・さつまいも・ブロッコリー・ほうれんそう・カリフラワーなど、を単品でも組み合わせても良いので、フードプロセッサーやハンドミキサーにかけます。

②①に牛乳をスープ状になる程度まで少しずつ加え、煮立たないくらいに火を通したらできあがり。

これも、コンソメを加えれば大人もおいしく食べられるので、お昼ごはん、晩御飯も一緒に作ってしまいましょう。

☆オムレツ

卵黄と野菜をやわらかく煮たのと混ぜて出来上がりです。

たとえばブロッコリー(葉先のみ使用)のやわらか茹でに卵(卵黄だけにしておきましょう)1個分を赤ちゃん用の野菜スープの素などを少量加えて耐熱容器に入れ、600Wレンジなら30秒ほど加熱して混ぜ合わせます。

これもあらゆる野菜、野菜ミックスででき、タンパク質を加えればボリュームおかずに。

*ほうれんそう・白菜などの葉もの野菜はやわらかく茹でても赤ちゃんには食べにくいことがあるので、適宜水溶き片栗粉でとろみをつけるなどすると良いですよ。

離乳食中期の食べさせ方

抱っこ食べから、赤ちゃん自身でのお座り食べに移行してみましょう。

ベビーラックやローチェアなどに座らせ、安定しなければ、小さなクッションなどをひとつかませて姿勢を安定させてあげます。

いただきます」と「ごちそうさま」のご挨拶は忘れてはいけませんよ。

カット野菜などをきちんともぐもぐして飲み下せているか、常に確認。

いつまでも口の中に残るようでしたら、まだ初期段階を継続する判断をしたほうが良いかもしれません。

1回あたりの食事は、まだ10分程度をメドにあまり長々と食べないようにしましょう。

よく食べる時、まるで食べない時の差が激しいことがあるかもしれませんが、赤ちゃんとはそういう生き物ですから、食べなくてもしつこく誘わず片づけて正解。

離乳食をはじめた初期から中期までの食べさせ方について、良い動画がありましたので参考にしてみてくださいね。

離乳食中期の調理の裏技

市販のベビーフード活用などで、レパートリー不足・時短などを実現できます。

無理なく楽をすればするほど、あなたの意欲が高まるのでかなりオススメ。

○おかずベビーフードのおかずの汁気の方が多い点をうまく活用、豆腐や肉・魚足し作戦。

パウチパックなどのおかずは、なんだか物足りないし、少々味が濃いと感じることも。

そこで少し水切りした絹ごし豆腐や蒸してこすり切りしたささみなどを混ぜ合わせましょう。

ここにやわらかうどんやそうめんを足せば立派なワンディッシュとなります。

○お魚は断然お刺身を使う

お刺身は一切れあたりがちょうど10g程度で、計量知らずの骨なしです。

さっと茹でて扱いやすいことこの上なし。

サーモンやまぐろなど、どんどん使いましょう。

ただし、まぐろに含まれるヨードの過剰摂取は健康に影響する可能性もあります。

中期3

まとめ

赤ちゃんは、離乳食を喜んで食べていますか?

この時期の赤ちゃんはずりばいを始めている子もいるでしょうから、体力を使ってよりお腹が減るようになってきますよね。

離乳食レッスンを進めるには良い時期だと思います。

初期段階が遅れたあなたも、この時期から始めればスムーズかもしれませんので、プレッシャーを感じないように楽しく進めましょう。

終わりよければ全て良し、なのです。

うちの上の娘は、お座りが9ヶ月、ほとんと10ヶ月までできませんでした。

なんと、つかまり立ちを先にやったのです。

つかまり立ちで足腰を鍛えたあとのお座りという慎重ぶり。

中期6

そうなんです。

赤ちゃんのもともとの性格も、発育や食の進み方に深く関係している(と思うの)です。

自分ではお座りのできないわが子も、ベビーラックでなんとか座って離乳食を食べていましたから、何とかなります。

悩んだ末の私流は、大人の御飯の支度のついでに離乳食を作る、というもの。

気楽さが違いますので、ぜひお試しくださいね。

最後までお読み頂き、ありがたく思います、吉川 百でした。



UA-43571241-3