日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

離乳食の1歳からの進め方・食材や献立・食べさせ方の基本とは

こんにちは、吉川 百です。

あなたのかわいい赤ちゃんは、そろそろ1歳のお誕生日を迎える頃でしょうか。

おめでとうございます!

長く、そしてあっという間の1年の間に、母乳やミルクしか飲めなかった赤ちゃんは、食べ物を食べ消化吸収ができるまでになりました。

早い子はたっちやあんよを始めているかもしれませんね。

これも、あなたの頑張りのおかげです。

さあ、食べることに慣れ、その楽しさを覚え始めた赤ちゃんは、これからは道具を上手に使い、自分の力で食事をするようにもなっていきます。

あなたの苦労は報われ、家族で外食を楽しめる日も近いです。

離乳食作りもプロ級になっているかもしれないあなたですが、そろそろくたびれてきていませんか?

でも、大丈夫です。

商売人で3食とも家で食べることの多い夫と、そして乳幼児と自分との4人分の食事を作り続けてきた私が、家族の分まで一緒に下ごしらえや調理ができる工夫も交えながら、1歳児にふさわしい食材や献立などを伝授します。

そしてもちろん、1歳からの離乳食ラストスパートともいえるこの時期の基本知識も、わかりやすくご紹介してまいります。

誕生日

1歳の離乳食ってどのように進めるの?

1歳はあくまで目安です。

うちの子がこの時期に相当する食生活になったのは、歩き始めた1歳4ヶ月頃からです。

結局1歳5ヶ月まではミルクも手放せなかったですし、食事から栄養をもらっていたのは、もしかするとまだ半分くらいの割合だったかもしれません。

あなたの赤ちゃんはどうですか?

離乳食後期を卒業し、次のステップに進んでも良い頃かどうか、チェックリストをご用意しました。

□1日3回食のリズムがついた。

□スプーンなどの道具を使う、使おうとする。

□つかみ食べが上手になった。

□「お口あーん」を積極的にしたり、おいちい、などの感想を言う。

□コレ、と指差して食べたい物の催促をする。

□食べ物を前歯でかじりとって奥歯に送り、歯茎で噛みつぶす。

□お口を前後左右に動かしながら食べている。

□たっちが上手になった。

いかがでしたか?

言葉やたっちについては、本当に個人差があるので気にしないでくださいね。

歩行や言葉の「遅れ」については、それだけでこのブログの1記事分になりそうなほど主張したいこともありますが、それは今日は我慢しておきます。

とにかく、食べる意欲と技術がついてきたかを重要視したら良いでしょう。

離乳食と母乳・ミルクとの栄養の比率は?

1歳からのこの時期は、赤ちゃんによってだいぶ違いますが、目標は食事から75%の栄養を摂取し、残りの25%を授乳から受け取りたいといわれます。

ですが、このような数字は国や専門家が作成しているものだと思いますので、あまりとらわれなくて良いでしょう。

あなたの赤ちゃんの専門家はあなたしかいません。

母乳やミルクは、赤ちゃんから無理に取り上げてはいけないといわれています。

月齢と照らして要らないと決めつけず、欲しがるには理由があるということを忘れないでください。

しかし、理想としては離乳食からの栄養が75%です。

2歳になるくらいまでに、そうなれば良いのではないかと個人的には考えます。

母乳もミルクも不必要になった子の場合は、もちろん100%を離乳食から栄養摂取してください。

1歳1

離乳食を進めるポイントと注意点

・なるべく大人と同じ食卓で、食事環境と道具にも慣れさせていきましょう。

主食+主菜+副菜、できれば汁物を足し、彩りを良くすれば栄養価が上がっている証拠。

でも、1食ずつの栄養バランスにこだわり過ぎず、1週間の中でバランスを取れれば良いです。

・かたいものや繊維ばった肉・野菜、刺激物・はちみつ・こんにゃく・いか・たこ・豆乳・低脂肪乳などはまだ避けた方が良いでしょう。

・無理に量を食べさせず、足りない分はふかし芋・果物・乳製品などのおやつで補います。

離乳食スケジュール

起床を7時、就寝を20時とすると、起床後に朝食・お昼12時頃・夜18時頃、が妥当でしょう。

10時と15時に軽食やおやつを与えて栄養補給を。

授乳を続けても何の問題もありません。

1歳の離乳食の食材や献立は?

これから1歳の離乳食の食材や献立について、ご紹介しますね。

食材の状態

ごはんは軟飯となります。

おかゆを作る要領で煮ても良いでしょうが、お茶碗に大人用のごはんを盛って少し水を足してレンジにかけ、ふやかしてもかまわないと思います。

野菜などは7mm~1cm角、やわらかい根菜をスティック状にしても。

○離乳食1回の必要栄養素

炭水化物 90g程度

タンパク質 肉・魚15~20g または豆腐50g~55g または乳製品100g

ビタミン・ミネラル 40~50g

お刺身ひと切れが10g程度ですので、だいたい大きさで覚えておき、目分量で考えれば良いでしょう(あくまで大きさの目安で、生のお刺身はまだ早いですよ)。

○1歳をメドに食べられるようになるもの

ホットケーキ・厚揚げ・ハム・ウインナー・アボカド・味付け海苔など・ケチャップ(中期から少しずつ可)・マヨネーズ・あさり・帆立貝・海老・はんぺん・きのこ

食卓

献立の決め方

1歳を過ぎると、親をはじめ家族と同じようなものを与えていけば良いと私は考えています。

わざわざ作るというよりも、お味噌汁を作る場合でも、出来上がった大人用をおたまで小鍋に取り分け、野菜のみじん切りやわらか煮を入れてお湯適量で薄味に伸ばしたら完成(だしは化学調味料無添加を!)。

チャーハンや麺類も、味の仕上げで調味料を足す前に、赤ちゃん分を小分けに取り出し、お湯をふりかけてふやかして完成。

麺類も、麺自体はやわらかめに茹でますが、スープはやはりお湯で割ればできますから、野菜ややわらかはんぺんなどの具を載せて仕上げます。

ただ、野菜は大きかったり固かたりすると、まだなかなか食べられません。

冷蔵庫にあるもので良いので、赤ちゃん用のみじん切り野菜を小分けに作って常に冷凍しておきましょう。

いろんな野菜を合わせて炒め煮(調味は仕上げの時で良いですよね)にし、小分け保存しておけば、ごはんもの・麺類・スープ・卵料理と何でも使えます。

調味料は刺激のあるもの以外は使えるものがほとんどになってきますが、ベビーフードの化学調味料無添加の調味スープの素などが安心です。

ひき肉や魚・野菜の小分け冷凍だけで、あとはわざわざやらなくてもぱぱっとご飯の支度はできます。

それから、魚の干物はおいしいですが、塩分過多ですよね。

私は脂のりの良い旬のものを選んで、少しお湯で塩分を洗ってから焼いていましたよ。

お友達が来た時などは、みんなで摘めるピザが簡単でオススメです。

お手軽レシピを動画でご紹介しますので、ご参考に。

子どもが喜ぶ離乳食!完了期から【ポテトピザ】

1歳の離乳食の食べさせ方

ハイチェアで食事をさせる場合、そろそろ足置きも含めた高さ調整をし直す時期かもしれません。

正しい姿勢で食べないと、食事に集中できないといわれています。

また、テーブルと椅子の間が、食事をしにくくないか確かめてあげましょう。

そして、水分の取り方にも気をつけます。

食事中はジュースは避け、お茶かお水にした方が良いですが、1歳を過ぎるとコップ飲みができるようになってくるので、徐々に試しましょう。

家族みんなで食べた方が良いとおすすめしましたが、夜は19時をまわらない程度に、必要に応じて赤ちゃんには早めにあげてください。

遊び食べがやまない子には、口頭で注意をしながら、30分を越えても食べあぐねているなら、1度片づけてしまいましょう。

1歳3

1歳の離乳食の調理の裏技

あまりそうな冷凍野菜みじんストックは、ホットケーキミックスに混ぜてパンケーキのように焼くと、食が進む場合も。

納豆は凍らせておいてから必要量をカットするとねばねばを抑えられて分けやすく、そのままあたたかいご飯やお料理に和えれば自然解凍もできて便利。

今は食べないけど、ちょっと後ですぐにお腹がすく、をくり返しがちな1歳児、小さな小さなラップおにぎりを、冷凍庫に作り置きしておけば、さっとあげられます。

お肉などの下ごしらえは、かたくならないようにシリコンスチーマーで蒸しあげるとやわらかに。

シリコンスチーマーのない方は、1度冷凍させて繊維を壊すとお肉がやわらかくなる傾向があります。

特に鶏のささみは効果が見られるので、買ったらキッチンバサミで切り分け、軽く下味をして小分け冷凍しておくと良いですよ。

おやつも試し始めたいですが、ベビーフード売り場でよく見かけるレンジ調理蒸しパン、ちょっと物足りないこともありますよね。

ここにやわらか茹でカット野菜のさつまいもやにんじん・かぼちゃを加えてチンすればおいしさと栄養がアップ。

上手に既製品を活用して、あなたの負担を減らし、メニューを増やすように心がけましょう。

煮る

まとめ

あんよやお喋りなど、早い子は成長が著しい1歳を過ぎたあたりのこの時期。

つい最近までは何を言ってもぬかに釘、という感じだったのに、近頃はママが困ったり怒ったりする様子を、何となく感じ取れているような気もしますよね。

とはいえ、まだまだ赤ちゃんです。

お世話は離乳食だけではありませんよね。

着替え・排泄・寝かしつけ・カンシャクをなだめなくてはいけませんし、遊びの相手もたっぷり。

ダンナ様のこと、お仕事復帰されているあなたは、仕事だけでも大変なはずです。

本当によくやられています。

偉いです。

1歳5

でも、もう限界、となる場面もたびたびではないですか。

つらい時は、離乳食は市販のもの、大人の食事の味を薄めてやわらかくしたもので十分です。

ただ、洗濯だけはしましょう。

しんどくても、洗濯をさぼって、次の日に倍しんどいのはまたあなたです。

もちろん、パートナーにお願いしても良いでしょうが、洗濯だけでも頑張ってやったよ!という気持ちの支えができます。

そして、たった1品目のものを少しだとしても、赤ちゃんが新しい食材を食べてくれた、そのような達成感も同じくあなたを支えてくれます。

ハードルを低くして、次々に越えれば自ずと次のステップにたどり着けますよ。

お子さんが2歳になるくらいまでは、食事で栄養がうまく取れていないかもと不安になる人も多いかもしれませんが、目立って痩せていかずに元気に過ごしていれば、少しくらいのことはだいじょうぶです。

タンパク質を補給できるヨーグルトを果物のビタミンと合わせておやつをしてあげるなど、細かいテクニックで乗り切りましょう。

道具を上手に使えるようにせっせと教えてあげれば、あなたもようやく外食先で、ゆっくり食事を楽しめるようになります。

だいじょうぶ、まもなく離乳食期は終わります。

*このブログで紹介している調理法などで電子レンジを使う場合、ワット数などの数字は目安ですので、ご自分で調整なさって火傷などなさらないよう十分にご注意ください。

最後までお読み頂き、ありがたく思います、吉川 百でした。



UA-43571241-3