日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

果物アレルギーの症状と花粉症との関連を徹底研究!

こんにちは、吉川 百です。

果物を食べると口の中がむずがゆい・・・あなたはそんな経験ありますか?

もしかするとそれは、果物アレルギーかもしれません。

しかーも!果物を食べることによってかゆみなどの症状があるあなた、ひょっとして花粉に対するアレルギーをお持ちではありませんか?

なんと果物アレルギーと花粉症とは、密接な関係があるということがわかってきているのです。

今回、ブログの管理人であるみっつより、こんなお悩みがあるんですが・・・という打診をされてびっくり。

果物アレルギー?

実は私、子供の頃から特定の果物を触ると、手がかゆくなるのです。

食べてもかゆくはならないのですが、調べてみると、口腔以外にもアレルギー反応が出る人がいるともいうので納得。

確かに私、花粉症もあります。

あなたのご興味が高まってきたところで、今回はこの果物アレルギーの症状や、気になる花粉症との関係をわかりやすく解説致します。

まれに重篤な症状を訴える方もいらっしゃいますが、反応があるからといって果物を食べてはいけないという方ばかりでもないようですので、ぜひお読みになって今後も果物をおいしく召し上がってください。

de510a0fa556d1215593de2f2cd781d3_s

果物アレルギーの症状と花粉症の関連

花粉が持つアレルギー成分、特にシラカバなどの花粉に含まれるアレルギー成分(アレルゲン)の物質的な構造は、果物・野菜など植物性の食物に含まれるタンパク質の構造と似ているといいます。

厚生労働科学研究報告書によれば、食品によるアレルギーの約6%が果物アレルギーであるという調査報告もあり、意外にも多くの方がこの症状をお持ちであることがわかりますよね。

PPP_kiraretameron_TP_V

果物アレルギーの症状

さて、この果物アレルギーの気になる症状、大きく分けて2つのタイプがあります。

①即時型  

特定の果物を食べたあと、じんましんやせきの全身症状が現れます。

②口腔アレルギー症状  

口の中だけでかゆみなどが出ます。

①の場合、乳幼児や小学生が、バナナ・キウイなどを初めて食べた際にアレルギー反応を起こすことがあるようです。

果物の中のアレルゲンが、胃や十二指腸で分解されず、小腸から吸収されて血流に入り込み、やがて全身にまわって症状をもたらすというものです。

唇や口の中がむずがゆいといった軽微な症状の方から、腹痛・吐き気を伴う方、まれに気管支ぜん息やアナフィラキシー・ショックなどの重篤な状態に陥る方も。

食べて15分以内に唇・舌・のどの奥が「イガイガする」「かゆい」と感じるようなら、口腔アレルギータイプである可能性が高いでしょう。

お子さんの場合は、口の中がかゆいということが理解できず、「からい」「痛い」「まずい」「にがい」などという訴え方をする子もいるということですので、注意してあげてください。

f7dd451d8548db5ba6ef7f7fa6106953_s

果物アレルギーと花粉症の関連

花粉症の季節に果物を食べて口腔のかゆみなどが悪化する場合は、花粉症との関連は濃厚です。

果物アレルギーと花粉症との相関関係において代表的なのはシラカバで。

以下に、花粉症のもととなる植物と果物アレルギーの対照表示をしますので、あなたの症状と照らしてご覧ください。

□シラカバの花粉症⇔キウイ・モモ・りんご・ナシ・さくらんぼ・イチゴ

□ブタクサの花粉症⇔メロン・スイカ・バナナ

□カモガヤ⇔オレンジ・レモン

先ほども申し上げましたが、私、自分では長い間ヒノキの花粉症だけを持っていると思っていましたが、口の中のかゆみはないものの、キウイ・レモンの果汁に触れると手がものすごくかゆくなります。

もしかすると・・・そういうことだったのでしょうか。

次にそれぞれの花粉症とアレルギーの+情報もお届けします。

ご存知ない方も以外といらっしゃるので、お友達にも教えてあげましょう。

■シラカバの花粉症 シラカバは北海道に多く自生する樹ですが、西は福井県、南は静岡県あたりまで分布しています。

花粉の飛散時期はゴールデン・ウイーク前後から6月までで、症状もその時期に起きます。

■ブタクサの花粉症 ブタクサはアメリカ原産の植物で、暑さが収まってきた頃からアレルギー症状が見られます。

■カモガヤの花粉症 イネ科の植物で、公園・道端とどこでもお目にかかれ、スギ花粉が一段落する5月~8月に飛散して花粉症状を引き起こします。

果物以外のパンやうどんでも、アレルギー反応を訴える方もいらっしゃるとか。

果物アレルギーの治療法

果物アレルギーも花粉症と同様、症状が頻繁に起きる時期に、アレルギー反応を抑える薬を服用します。

症状が強く出れば、抗ヒスタミン薬やステロイドなどの強いお薬を処方される場合も。

軽度の方は、1ヶ月以内のは症状が治まるといいます。

のどがしぼられるような感じがあったり、ぜん息・ショック症状などの重い症状がみられた場合は、すみやかに救急外来へ。

ステロイド薬を点滴するなどの処置が施されます。

アレルギー検査は血液中の抗体や皮ふ反応で調べることができるというお話です。

ですが、比較的わかりやすい反応・症状がみられるものですので、問診だけで診断される場合も。

関連があるためでしょう、果物アレルギーは、花粉症に対する免疫療法で改善する例もあるそうです。

そこで、花粉症対策に食材や飲み物からアプローチできる動画をご紹介します。

《花粉症対策》 花粉症に効果のある 食事 飲み物

とにかく、心配な方は、1度皮膚科やアレルギー専門外来を受診してみましょう。

まだあった?果物以外の野菜・植物にも見られる相関的アレルギー症状とは?

ちょっと待ってよ、触れてかゆくなるもの、他にもあるんだけど・・・とおっしゃるあなた、そうなんです。

私たちにかゆみなどのアレルギー反応をもたらすものは、果物以外にもあるのです。

代表的なものをご紹介します。

□ラテックス   ラテックスとは天然ゴムの樹液のことです。

ゴム手袋をしていて、かゆくなることありませんか?

これはゴムの主原料であるラテックスに対するアレルギーが症状として現れていると考えられます。

ラテックスアレルギーがあると、果物アレルギーを合併する場合もあるというので、アレルギーはいったい何層になっているんだ!と驚きます。

キウイ・アボガド・バナナ・マンゴー・パパイヤ・メロン・モモ・パイナップルなどとのアレルギー関連の指摘があります。

お心当たりはありますか?

□トマト   トマトを食べてもやはりかゆい、そんなあなたはスギ花粉症に悩まされていませんか?

トマトによるアレルギー反応が、スギ花粉の症状と関連しているという調査報告があるのですよ。

□ヨモギ   秋が来てヨモギの花粉が飛散する時期、くしゃみ・鼻水などの症状がおつらいあなた、マンゴー・セロリ・にんじんを召し上がってかゆみを覚えたりしませんか?

ヨモギとこれらのアレルギーも共通して症状を訴える方がいらっしゃいます。

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s

まとめ

アクの強い食べ物に触れるとかゆくなる、長い間、私はそう考えていました。

キウイやレモン以外にも、ナス・ほうれんそう・鶏肉・えびなどを触ると手がかゆくなるんですよ。

お子さんの中には、先に花粉症を発症して、何年後かに果物アレルギーを併発するという時間差パターンもあるといいます。

乳幼児期に限らず、果物など初めて食べるものがある時は、いつも様子を見ていてあげましょう。

そして、いま現在も症状が重い方はおつらい思いをされているでしょうから、早めに専門家にご相談なさってくださいね。

最後までお読み頂き、ありがたく思います、吉川 百でした。



UA-43571241-3