日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

内蔵型冷え性はこれで改善しよう!その4つの対策とは

こんにちは、吉川 百です。

手足が冷えてしまう印象の強い「冷え性」ですが、この症状が見られないにもかかわらず、冷え性になっている恐れがあるのです。

お腹に手をあてると冷たい・・・そんなあなたは「内蔵型(内臓型という場合も)冷え性」かもしれません。

体の不調を加速させる危険な内蔵型冷え性は、日頃の心がけやちょっとした工夫で改善することができます。

出産後、末端冷え性は改善傾向にあるのに、なぜか不調の残る私にも、実はこの内蔵型冷え性の気があります。

あなたと私の内蔵型冷え性を改善させるべく、独自に徹底調査!

冷えたのなら温めれば良いのです。

あなたの体に潜む内蔵型冷え性のチェック、今日から始められる対策を中心に詳しくご紹介します。

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

内蔵型冷え性を改善できる4つの対策

内臓が冷えて、体に不調をもたらす内蔵型冷え性。

どうしたら内臓を温めるなんていうことができるのでしょう。

温める事のできる4つの対策をご紹介します。

  • 対策1:太い血管が通っているところを温める。
  • 対策2:食事はあたたかいものを。
  • 対策3:入浴時のシャワーの工夫。
  • 対策4:姿勢を正しくする。

次に、それぞれについて解説しますね。

対策1:太い血管が通っているところを温める。

首のけい動脈・太もも・腎臓近くの腎動脈は太い血管です。

アンダーパンツやストール・カイロ・冷え取り靴下などを使ってあたためましょう。

カイロは火傷や肌トラブル防止のため、衣類の上から貼ってください。

対策2:食事はあたたかいものを。

つめたい食べ物や体を冷やしやすい夏野菜などは量を加減し、体をあたためるものを食べましょう。

以前、このブログの『むくみの原因と解消法』でご紹介した陽性食品をご活用ください。

むくみの原因と解消法を徹底解明!解消のポイントは水だった!

飲み物も、できれば常温で。

冷たいものが欲しくなったら、氷をひとつ口に含むだけで満足が得られたりするのでお試しください。

対策3:入浴時のシャワーの工夫。

ef7a4a9d5096bd636d91b7098ff99a9a_s

熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びると血管が弛緩と収縮をくり返すことによって血行促進につながります

体調と相談しながら、無理なく行いましょう。

対策4:姿勢を正しくする。

基本的なことですが、気をつけるのとつけないのでは大違いです。

猫背になっていると血行が滞って、内蔵型冷え性につながることもありますので、背筋ピンを心がけましょう。

7c07b02de35105b8e4b46cb76583aa44_s
プラスアルファの習慣で予防効果を上げる!

ここでは、習慣化したい内蔵型冷え性の予防法をご紹介します。

○基礎代謝を上げる運動

背中や首まわりい多い褐色脂肪細胞が活性化すると、基礎代謝アップにつながるといいます。

この細胞は幼児期まではさかんに活動しますが、成長とともに不活発に。

物理的に刺激を加えることで働きだすといいますので、肩甲骨や首をまわす運動を、生活の中の短い時間に取り入れましょう。

おすすめなのはスポーツタオルなどを両脇にとおしてはさみ、タオルの先をもった両手を前方に伸ばす体操。

またはタオルを背中を洗う時のような格好で持ち、左右の腕を上下させて背中を刺激する体操です。

ここで、タオルがなくてもできる、褐色脂肪細胞燃焼対策のストレッチを紹介する動画がありますので、ご紹介します。

褐色脂肪細胞をボーボー燃やせ!すぐできる「肩甲骨ストレッチ」

○筋力を上げる

特にふくらはぎの筋力が落ちると、血流を促すポンプの機能が低くなり、血流が悪くなります。

それによって内臓も機能を低下させて内蔵型冷え性へ、そしてまた内臓の機能が悪くなるという悪循環に陥ってしまいます。

適度なウォーキングや、あまり高い段差ではない場所での踏み台昇降などで、脚の筋力をつけましょう。

内蔵型冷え性の5つのチェックポイント

あなたは知らず知らずのうちに、内蔵型冷え性になっていませんか?

チェック項目をご用意しましたので、チェックしてみてください。

□起きた時に、お腹・太ももが冷えている

□体が冷えて眠れない

□下痢・腹痛・便秘が日常的にある

□トイレが近い

□肩こりがひどく、治りにくい

大きく分けると、以上のポイントが内蔵型冷え性の特徴そのものといえます。

7baebf968b9fa7ac4d88482fc95b9cc0_s

血行が悪いと、お腹・太もも・二の腕が冷えてきますので、腹巻であたためたり、ストレッチなどで血行促進をするなど、習慣的に注意しましょう。

眠る時には、冷え取り靴下を履いたり、体の中枢を温めるために、保温下着を一枚足すなどの工夫を。

お腹が冷えると、胃腸の不調が避けれなくなります。

あたたかいお茶

食べ物や飲み物の温度に気をつけ、服装にも気を遣ってみてください。

食事では、タンパク質の不足が問題となることもあります。

特に女性は、食事が野菜や炭水化物に偏り、熱をつくるのに欠かせないタンパク質をとりそびれている方も多くいると思います。

豚肉・鶏肉・魚・大豆などから、良質のタンパク質をしっかり摂取し、適度な運動と合わせて筋肉をつけ、体の保温に努めましょう。

54f0e7d6875637aedab2bcc0093f1f9d_s


こんなところに冷え性のサインが

先ほどのチェック項目にざっと目を通して、私は大丈夫、とご自分に言い聞かせたあなた。

内蔵型冷え性には、まだまだ見逃せない兆候があるのです。

心当たりがないかどうか、少しおつき合いください。

□目の下にクマができている

□顔色が悪い

□唇や指先が荒れている

□肌トラブルがあり、化粧品や外用薬ではなかなか改善しない

□体がこわばってかたい

□疲れやすい

□手足がむくむ

□寝つきが悪い

この中で思い当たるふしはありませんか?と聞かれると、特に女性にはひとつかふたつは思い当たるのではないでしょうか。

やはり、男性よりも女性のほうが筋肉量も少ないですから、どうしても血行が悪くなり、内臓機能が下がって冷えを起こしやすくなります。

先ほどお知らせしたような対策で、体を内側からしっかり温めてみてください。

内臓の理想温度は37、2℃から38℃といわれ、これには通常の体温が36、5℃ほど必要といわれています。

なかなか高いハードルですよね。

ですが、平熱が35℃台になるとがん細胞が育ちやすいという報告もあるほどですので、平熱の範囲で体温を高く保つというのは、免疫機能の面でとても重要なのです。

食べ物などに気をつけ、首のあたためを続けたことで、体温を1℃ほど上げることに成功した方もいらっしゃるといいます。

あなたも今日から、内臓温度を上げる工夫を楽しく始めてみてください。

5af1b9eaa98b39361e7f775b49be6d78_s

まとめ

体温が1℃低くなると、基礎代謝が12%も下がるといいます

代謝が下がって血液の循環量が減→体が冷えて内臓温度が下がる→血行がより悪くなる、という負のスパイラルへ。

冷えって、本当に怖いですね。

若い頃は、多少つめたいものをたくさん摂っても平気でしたが、いつまでもその頃と同じ感覚でいたらいけないのかなと思います。

私がいま注目しているのは、「粉豆腐」というもの。

615ae2c55554d3467f81bc504daa6bc5_s

凍り豆腐(こうや豆腐・しみ豆腐)を粉末にしたようなもので、スーパーで売っています。

これは高タンパクでいながら、むくみ対策に都合の良いカリウム・女性にうれしい鉄分・カルシウムを多く含んだなかなか頼もしい食品なんです。

野菜と煮て簡単に炒り豆腐ができますし、粉末なので、いろんなお料理にふりかけて混ぜ込むことが可能、何よりおいしいです。

内蔵型冷え性対策にはうってつけの食品だと思いますので、ぜひあなたもお試しください。

最後までお読み頂き、ありがたく思います、吉川 百でした。



UA-43571241-3