日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

認知症の症状の初期段階?と思ったら人間ドッグで徹底検査しよう

こんにちは、吉川 百です。

脳は内臓の一部、長年お世話になっていれば、どの内臓もだんだん疲れがたまってくるように、脳も疲れが出てきます。

この頃胃が弱くなって油っぽいものを食べたくないのよ、というのと同じ感覚で、認知症も恥ずかしいと思わずに検査や予防ケアをしてはいかがでしょう。

もしもあなたご自身やあなたのご家族に、最近忘れっぽいなどの心配があれば、人間ドッグで認知症チェックをなさることをおすすめします。

通い慣れた近くの病院で「認知症はだいじょうぶでしょうか」と聞くのは勇気が要るかもしれませんが、最新機器を備えた大きめの病院で「サービスを受ける」感覚で検査すると、意外とわりきれるのではないでしょうか。

私は幼児の子育て世代であると同時に親も老齢にさしかかっている介護世代で、親たちの認知症の予兆などにはいつも気を配っているつもりです。

認知症はご本人だけの問題ではありません。

初期症状を放置して進行を許せば、大切な家族を困惑させてしまいます。

自分は若い、だいじょうぶ、という心意気はとても大事だと思いますが、自ら進んで家族のために認知症チェックされるお姿は、尊敬に値するものと思います。

今回は、人間ドッグで認知症の初期症状をチェックすることをおすすめする内容となっています。

ぜひご参考になさって、あなたの、そしてご家族の不安を取り除いてください。

OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V (1)


認知症を疑う初期段階の4つの症状とは?

ここでは、認知症の初期症状をチェックしてみましょう。

思い当たることはありますか?

□近頃、物忘れが多くなった

□とっさに言葉が出てこずに、「アレ」「ソレ」などとつい言ってしまう

□立った後に、なぜ立ったのか思い出せないことがある

□昨日の食事の内容を覚えていない

いかがですか?

ざっと目を通してみると、40代の私・筆者自身も場合によってはすべてあてはまるのですが・・・

それほど認知症の初期症状とは、軽微なものなのかもしれませんね。

私の義母は、先日、前々から何度も打ち合わせしていた大切な用事をすっかり忘れていて私を驚かせました。

前日に電話しなかったからいけなかったですね、とフォローしたのですが、カレンダーへの予定の書き込みを忘れないしっかりものの母が「あれ、今日何だっけ」と言った時、正直なところぞくっとしてしまいました。

私からは言いにくいですので、主人から、そろそろ認知症チェックも受けてみたら?と話してもらおうかと考えています。

私の実父の物忘れも、最近ひどくなっているようです。

現在68歳ですが、つい10分前にした話を、初めてする話のように語る、と母が言っていました。

父の場合は、定期的にチェックをしているようですが、脳に異常はないというのです。

数年前に仕事で大きな失敗をしてから徐々にそうなったらしいので、心理的な問題かもしれない、と母と言い合っています。

3e2e042e4ca55b519984c5d2375be990_s


<認知症とは、どのような状態か>

そもそも、認知症とはどのような状態になることをいうのでしょうか。

その条件とされている3つのことを次にお示しします。

記憶障害

  • 覚えられない
  •  

  • 思い出せない

失語・失行・失認

 

  • 計算や漢字の書き取りなど、かつて学習し身につけた能力が低下する
  • 思考力・判断力の低下 話がまとまらない
  • 慣れた操作や動作ができなくなる
  • 物や人を識別できなくなる

●上記の2つにより、生活に支障が出る

注意するべきなのは、物忘れ程度では認知症予備軍だということです。

認知症と判断される場合は、物忘れをしたことによって、問題が起こるような状態であるといえます。

道がわからなくなって、目的地へ着く・帰宅することができない、などですね。

こうなってしまう前に、初期段階で進行を遅らせることが肝心です。

認知症の人間ドッグでの検査方法

ひと口に人間ドッグといっても、では何をするのでしょうか。

次に、人間ドッグで認知症の初期症状を検査する方法を、ある病院を例にとってお知らせします。

cbfebbb9ce4a1b264040f2d13ce32a44_s

<簡易認知機能検査>

認知症の前段階といわれるMCI(軽度認知障害)があるかどうか調べます。

別名・頭の健康チェック。

検査時間の目安は10~15分。

①検査スタッフの後に続いて、10個の単語を記憶しながら復唱します

②覚えた単語を、思い出して言います

③①②を2回くり返しますが、3回とも同じ単語で言う順番は無関係です

*ここで動物仲間外れテストをはさみます。

これは検査スタッフが読み上げる動物の中から、仲間はずれだと思う動物を選ぶというのも

このあとで、最初に覚えた10個の単語を再び思い出して言います

<頭部CT検査>

頭部をX線撮影し、コンピューター処理して頭蓋骨の中を5mm~1cm間隔の輪切りにした画像で映し出します。

頭蓋内のあらゆる角度・方向から撮影して認知症のリスクを見逃しません。

撮影時間は20秒ほどで、検査全体でも5分程度だということです。

検査料金は、この病院では、簡易認知機能検査とCT検査がセットになって12,000円+税ということです。

68c265def1fbb01f336f56b46a94d8f6_s

人間ドッグでどんなことがわかるの?

検査を受けたら出てくるのは結果ですが、いったいこの検査結果から何がわかるのでしょうか。


<簡易認知機能検査でわかること>

認知機能の低下具合がわかります。

簡単な検査でありながら、加齢による物忘れと認知機能の低下とを、高い精度で判別できるといいます。

MCIを早期発見して、認知症の進行を遅らせます。

■MCIスコア(認知機能指数)とは?

0~100で表され、50.2~100が正常値、49.8~50.2未満がボーダーラインとなっています。

ボーダーを下回ると、認知機能の初期的低下が疑われます。

<CT検査でわかること>

CT検査では、脳の病変・病気のリスクを画像上で判断することができます。

脳の形や働きから、小さな変化を発見でき、脳萎縮なども簡単に把握できるので、まさに一目瞭然です。

ここで、MCIについてわかりやすく解説している動画をご覧に入れます。

MCIの定義から、早期発見の重要性など、人間ドッグで認知症チェックをしてみたくなる内容となっています。

認知症教室 第2回 MCIとは

まとめ

ご自身に認知症の不安のあるあなたは、この記事をお読みいただいたことが何かの縁かもしれません。

近頃は人間ドッグも快適に受けられますので、ぜひお受けになってください。

親御さんの記憶力に不安がある、と思いながらついついそのままにしてしまっているというあなた。

一度検査を受けると安心ですので、ぜひすすめてあげましょう。

たとえ実の親であっても、認知症のチェックに行ってほしいというのは、なかなか言い出せませんよね。

家族に認知症があった場合にどうやって受診してもらうか」という問題については、以前このブログで取り上げたことがあります。

この問題と向き合い、さまざまなリサーチや考察をもとに書きましたので、よろしければお読みください。

あなたがご家族に人間ドッグで認知症初期検査すすめたい場合、ひとつご提案できるのは、認知症検査を他の健康チェックと合わせて、人間ドッグをプレゼントするというものです。

検査の一環として脳機能チェックがあるといえば、気軽に応じやすい気がしますが、いかがでしょうか。

最後までお読み頂き、ありがたく思います、吉川 百でした。



UA-43571241-3