日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

高齢者に多い目の病気を症状別にご紹介!少しの変化も要チェック!

こんにちは、吉川 百です。

あなたが、身体の中でもっとも衰えを感じるところはどこですか?

40歳を過ぎた私の場合、間違いなくです。

疲れがすぐに目に出てしまいますし、日差しが強い日などに車を運転していると、フロントガラスの向こうが全体的に白っぽく見えるような気がします。

人はこうして年を取っていくんだなあと実感しているところですが、単なる老化に留まらない、こわい目の病気の存在も気にしておいた方が良いようです。

今回は、高齢者の方に多いとされる目の病気について詳しくお伝え致します。

名前を聞いたことはあるけれど、実際にどんな病気でどんな症状が現れるか、など知らないことは多いですよね。

代表的なものをここですべてわかるように、しっかりと解説致します。

日頃実践したい目の病気の予防法もご紹介しますので、ぜひ最後までお読みいただけたらうれしいです。

めがね

症状別にみる中高年に多い目の病気

目の病気とひと口に言ってもさまざまあります。

こわいものになると失明の危機さえあるといいますので、この機会にお心あたりをチェックしてみてください。

<白内障>

  • 光をまぶしく感じるようになった
  • 物がかすんで見える
  • 老眼なのに、急に近くが見えやすくなることがある
  • 物が二重三重に見える
  • 暗い所では物が見えにくい
<緑内障>

  • 視界に突然「人が入ってきた!」と思うことがある
  • 片目で見ると、視界に違いが感じられる
  • 急に目が充血し、目の奥が痛くなる
  • 頭痛がある
  • 運転中、中央車線が見えにくい
  • カメラのファインダーを覗くと違和感がある
  • 光がにじんで見える
<加齢黄斑変性>

  • 視界に欠けている部分がある
<飛蚊症>

  • 糸くずやゴミのようなものが見える・ちらつく
<眼瞼(がんけん)下垂症>

  • 視界の上の方が見えにくい
<ドライアイ>

  • 目が疲れやすく、開けているのがつらい

いかがでしたか?

ああ、あの症状、というお心あたりのあるあなたのために、次にそれぞれの病気を簡単かつわかりやすくご説明します。

中高年に多い目の病気ってどんな病気?

難しい名前が並ぶ数々の眼病。

ここでは、それぞれをわかりやすく解説致します。

8dbf56fe4dc54e0bd89ef72ddf560b17_s

<白内障>

目の中でカメラレンズの役割にたとえられることの多い「水晶体」という部分が濁る病気です。

水晶体が光を屈折させて網膜に像を写すことで私たちは物を見ることができるのですが、ここが濁ることにより見えづらくなるというわけなのです。

国内での失明率は3%ほどですが、世界的には失明原因でいちばん多いのだそうですよ。

<緑内障>

目から入ってきた情報を脳に知らせる視神経が障害を起こす病気で、これによって視野が狭くなってしまいます。

進行がゆっくりなのが特徴ですが、治療が遅れると失明のおそれもあるこわい眼病なんです。

<加齢黄斑変性>

加齢により、網膜の中心部にある黄斑に障害が生じてしまい、見ようとする所が見えにくくなる病気。

日本では失明原因弟4位にあり、50歳以上の1%に見られるといいます。

<飛蚊症>

多くは加齢による生理的変化により、視野の中に黒い点や虫のようなもの、また薄い雲のようなものが見える病気です。

加齢以外の理由では、網膜はく離などの症状のひとつにも数えられたりします。

<眼瞼下垂症>

老化とともに上まぶたを開けるための筋肉が弱り、思い通りに目を開けられない症状が出ます。

<ドライアイ>

涙の分泌量が減ったり質が落ちたりして、目の表面を潤る力が低下する病気です。

979bb150e113884c7495dd0827463957_s

いかがでしょうか。

白内障などは高齢になってくると、なっていて当たり前の疾患であるようですね。

私の晴れた日に白っぽく見える現象も、もしかすると・・・。

中高年に多い目の病気の予防法

老化を止めることは誰にもできないことと同じで、目の病気も完全に予防することは難しいかもしれません。

ですが、症状の進行を遅らせたり、日々を少しでも快適にする方法ならあります。

その病気に対する予防法が特にないものでも、日頃ケアすることで目の機能を上げる努力をしましょう。

<白内障予防・対策>

  • 目の老化を遅らせるビタミンC・E・ルテイン・ポリフェノールを摂取する
  • 紫外線対策をする(サングラス・帽子・日傘など)
  • 白内障は手術が有効
<緑内障予防・対策>

  • 定期的に眼圧測定・眼底検査・視野検査を受ける
  • 生活習慣病との関係が指摘されていることから、食生活の見直し・運動不足解消を心がける
  • ストレス解消
<ドライアイ>

  • コンタクトレンズ・パソコンの長時間使用をやめる
  • 会いメークをしっかり落とす(涙の分泌線がふさがってしまうため)
<眼精疲労全般>

  • 定期的に意識的に目を休める
  • 目のまわりをやさしくマッサージ
  • 目の酷使をしない
  • 蒸しタオルで血行を促す

a425abf7aa0ec881de82b6f3747fd0e7_s

ここで、蒸しタオルで目を休める方法と効能の解説をしている動画をご紹介します。

目を休めることが意外な効果を生み出すかもしれませんよ。

●ホットタオル療法(脳、頭痛、眼精疲労、ドライアイ、不眠、慢性疲労) 【楽ゆる式 セルフケア】

まとめ

こうしてパソコン上の記事をお読みいただきながら、パソコンを見すぎてはだめですよ、というのもおかしな話ですが、パソコンは仕事にしろ楽しみにしろ、ついつい長く画面と向き合ってしまいがちですよね。

疲れたら休む、という基本に立ち返り、髪をとかすように、肩をもむように、目も毎日ケアしてあげましょう。

山

私も疲れ目がひどいので、ベリー類・ぶどうなどをよく食べたり、窓の外を眺めたり、ということを意識しています。

蒸しタオル療法がとても気持ち良さそうなので、ぜひやってみようと心に決めました。

あなたも、定期検査や日々のケアで、目の健康維持を意識してみてくださいね。

最後までお読み頂き、ありがたく思います、吉川 百でした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3