日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

もぐらを退治する方法!習性を上手に利用した3つのやり方とは?

一生懸命に整備してきた庭のあちこちに穴が開いていたり、頑張って育ててきた農作物が何者かによって荒らされてしまった・・・

というような辛い体験を、あなたはした事はありませんか?

それはもしかしたらもぐらの被害なのかもしれません。

見た目はとても可愛らしいもぐらですが、突然に土が盛り上がってくる『もぐら塚』に悩まされている人も多いようです。

そんな厄介なもぐらの効果的な退治方法をご紹介したいと思います。

もぐら2

もぐらの退治に試したい3つの方法

もぐらを退治するには、もぐらの生態を利用するのが効果的ですが、以下の3つの方法が効果的です。

  • 嗅覚の鋭さを利用する
  • 敏感な聴覚に作用させる
  • 捕獲器を設置する

ではさっそくもぐら退治に試して頂きたい方法を3つ見ていきましょう。

嗅覚の鋭さを利用する

もぐらは嗅覚が発達しており匂いに敏感です。

モグレスなどのもぐら忌避剤を使用し、もぐらの嫌う匂いのする薬剤を寄せつけたくない場所の周りや住みついた場所から追い出せるような陣形で埋めましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レインボー薬品 モグレス 200g 05P01Oct16
価格:734円(税込、送料別) (2016/10/6時点)

この方法の注意点ですが、薬剤はとてもにおいがきついので、マスクをかけ厚手のビニール手袋をして、素手で触らないようにするのがポイントです。

使用したビニール手袋は、思い切って捨ててしまいましょう!

敏感な聴覚に作用させる

もぐらは聴覚も発達しており音にも敏感です。

もぐらの嫌う音波を発生させる装置を、地中に埋め込んで追い払いましょう。

この方法で気を付けたい点は、逃げ道を探すために激しく動いて、被害を出したくない場所で暴れられてしまうことです。

これを回避するためには、被害を出したくない場所の中心部から追い出したい方向へ装置を設置して、うまく誘導することが重要です。

上記2つでもいなくならない!という方のために以下の方法も試して頂きたいと思います。

もぐら1

捕獲器を設置する

もぐら塚や地面の盛り上がりから、その付近の地面を掘って本道を探します。

本道はトンネルが頻繁に交差する場所にありますので、そこに設置しましょう。
捕獲器の中に好物のミミズを入れておくと比較的捕まえやすいです。

もぐら退治に、こちらの動画も参考になるので、是非見て下さいね。

【作物被害】もぐら退治大作戦!!の巻【日本たんぽぽ農園】

当ブログでは、もぐらを実際に退治した事がある方の退治方法を2つご紹介していますので、こちらも是非ご覧くださいね。

もぐらを駆除する方法!実際に捕獲に成功した2つの罠とは

もぐらを退治するために、もぐらを知ろう!

あなたは、もぐらがどんな動物かご存知ですか?

いつも地中に潜っていて、のっそりとしているイメージを持たれているかもしれませんね。

確かに地中に巣をつくり土を掘りながら移動するのですが、実は泳ぎも上手く水中も泳いで移動します。

主食は先に述べましたミミズの他に、昆虫の幼虫なんかも食べます。

巣が破壊されても修繕する術を持っており、トンネルを壊しただけでは追い出すことができません。

また、侵入者を食い殺そうとする凶暴な面も持ち合わせていますので、捕獲して退治しようと思っている方は噛まれないように注意が必要です。




もぐらを退治したくなる、もぐら塚ってなに?

ガーデニングを楽しんでいる方には、『もぐら塚』は素敵な庭を作る際の
天敵とも言えます。

でも、もぐら塚を見たことがないけどどんなもの?

もしかして自分の庭にあるのはもぐら塚?

と思ってらっしゃる方に、もぐら塚について説明したいと思います

もぐら塚は、トンネルを掘った時や巣の修繕中に前足で掻き出した土が、地表に押し出されて作られる盛り上がった土のことを言います。

何もしていないのに、土の山があちこちに点在しているといった場合などは、もぐら塚の可能性が高いです。

もぐら4

もぐらとの共存を目指して

さて、もぐらの退治方法から、もぐらの生態、もぐら塚について見てきました。

これで皆さんの庭や畑も、もぐらの被害から抜け出せるのではないでしょうか?

もぐらの退治方法からもぐらの生態、もぐら塚についてご紹介してきましたが、これで皆さんの庭や畑を守る一助になればとても嬉しく思います!

最後にもぐらの種類についてお話しします。

実はもぐらには、アズマモグラやセンカクモグラといった絶滅危惧種が存在しています。

愛らしいもぐらも、絶滅の危機に瀕しているのです!

もぐらに大事な庭や畑を荒らされると、やりきれない気持ちになるとは思いますが、もし捕獲した場合はそっと自然にかえしてあげてください。

私も厄介な存在だなあと感じてしまいますが、うまく距離をとって共存の道を目指したいと思います。



UA-43571241-3