日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

新生児の難聴の検査はとても簡単!しっかり受けて赤ちゃんを守ろう

こんにちは、みっつです。

小さい命の誕生を見ると、何とか健康で健やかに育って欲しいと思うのは、私だけではなくあなたも思っているのではないでしょうか?

五体満足という言葉がありますが、両親にとってみても障害がなく元気で育って欲しいと切に願っているでしょうね。



しかし生まれながらにして、残念ながら障害を持って生まれてくる新生児もいます。

障害を持った新生児が、少しでも健やかな生活を送るためには、障害の早期発見は欠かせません。

耳が聞こえづらいという難聴の検査である新生児聴覚スクリーニングも、最近だいぶ普及してきました。

そこで、新生児の難聴検査である新生児聴覚スクリーニングの検査方法や必要性などをご紹介したいと思います。

難聴2

新生児の難聴の検査方法って?

新生児の難聴の検査方法である新生児聴覚スクリーニングは、産院でおこないます。

新生児の頃は話をする事が出来ないので、聴こえているかどうかを本人に確認するような通常の難聴の検査をおこなっても意味がありません。

そこで、音を聞かせた時の反応を見て、難聴の疑いがあるかどうかを確認するのが、新生児聴覚スクリーニングと呼ばれている検査方法です。

新生児聴覚スクリーニングには、新生児に音を聞かせた反応をどこで確認するかで、2つの検査方法があります。

1つは脳波を調べる自動聴性脳幹反応検査、もう1つは内耳からの反響音を調べる耳音響反応検査です。

このどちらか一方を受けて、新生児が難聴であるかを判断する事になります。

新生児聴覚スクリーニングは約10分程度で受けられて、副作用や痛みはありません。

問題がない場合はパス(合格)、難聴である可能性がある場合はリファー(要再検)とに分けられて、リファーの場合は耳鼻科で精密検査を受けます。

耳鼻科での難聴の検査によっては、一時的に新生児の耳に水がたまっていたりアカが詰まっていた事が原因だと診断される事があります。

その場合には正常であると判定され終了となります。

もし難聴であると判断された場合は、喋る力やコミュニケーション力が早くつくように、補聴器や人工内耳を使って音が聞こえるようにします。

どうして新生児の難聴の検査が必要なの?

新生児はまだ話が出来ないので、難聴の可能性があったにしても大きな問題はありません。

しかし、早く検査をして難聴を発見できた方が、早く難聴に対しての適切な治療や支援を受ける事が出来ます。

新生児のうちに難聴の支援を受ける事が出来たほうが、それだけ喋る力がつき、コミュニケーション力が上がる事が分かっているので、早い検査が必要なのです。

新生児聴覚スクリーニングについての動画がありましたので、是非見て下さいね。

新生児聴覚スクーニングの費用ってどのくらい?

新生児聴覚スクリーニングは、公費助成を受ける事がまだまだ少ないのが現状です。

それでも1回あたり数千円の自己負担で、新生児聴覚スクリーニングを受ける事が可能となっています。

難聴1

新生児聴覚スクリーニングの課題

新生児の難聴の検査である新生児聴覚スクリーニングは、9割の産院で受けることが可能となっています。

そして、検査費用の自己負担も数千円程度と、決して高い金額ではありません。

それでも一部の親は、自分や兄弟も難聴ではないしお金がかかるので、新生児聴覚スクリーニングを新生児に受けさせないケースもあるようです。

しかし、根拠のない思い込みやちょっとのお金の節約のために、新生児聴覚スクリーニングを受けさせないというのは、新生児の将来を考える上では危険性が高過ぎると思います。

せっかく誕生した小さな命、両親もあなたも私も、健康で健やかに育って欲しいと願わずにはいられませんよね。

それは難聴に限った事ではなく全ての病気やケガに言える事ではありますが、少しの時間や手間、お金を惜しまずにしっかりとした検査を受けさせてあげたいものです。

最後までお読み頂いたあなたに大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3