日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

天気痛を疑うべき症状と防ぐための生活習慣とは?治療法はあるの?

こんにちは、吉川 百です。

季節の変わり目や雨の日になると、めまいや頭痛などをの不調を感じることがありませんか?

気のせいや迷信と思っている人もまだまだ多い中で、これらに科学的な裏づけがされ始めているというから驚きです。

あなたが感じる不調も、もしかしたらこの天気痛と呼ばれるものかもしれませんよ。

日々の天候や気圧・気温・湿度などの気象条件で体の調子が変わったり不具合が出るという天気痛(または気象痛とも)。

自然の前では私たちは本当になすすべがありませんよね。

雨が降ると頭痛がつらいからといって、雨から逃れることはできません。

また、たまには雨にも降ってもらわないと困ります。

やっぱり天気の悪い日の不調は気のせいじゃなかったんだなと思っているあなた。

自然のことだから仕方がないと諦めるのはまだ早いですよ。

天気痛の症状や天気痛を防ぐための生活習慣・治療法を知りたいと思いませんか?

大嫌いだった雨の日に、あなたが少しでも軽やかな足取りでお出かけになれるように、詳しくご紹介していきますね。

天気痛2 (2)

天気痛かもしれない症状とは?

これから挙げていく項目をチェックすれば、天気痛の症状を理解しながら、あなたがどの程度天気痛体質なのかわかります。

ぜひお試しくださいね。

●乗り物酔いをしやすい

●季節の変わり目に体調を崩しやすい

●暑い季節にのぼせやすく、寒い季節に冷えやすい

●雨の前に眠気やめまいを感じる

●体を動かす機会が減った

●肩凝りに悩んでいる

●飛行機などで耳が痛くなりがちだ

●偏頭痛もちである

●几帳面な正確だ

●ストレスを感じやすい

いかがでしたか?

あれ、天気っていうわりに、乗り物酔いってなんだろうという疑問をお持ちでしょうか。

乗り物酔いは耳の鼓膜の中、中耳にあります三半規管が原因で起こります。

三半規管は常にリンパ液で満たされていて、体が傾くとリンパ液も傾く、という連動によって体はバランスを保っています。

しかし、乗り物に乗って周囲を見ていると、視覚から入る情報がどんどん変わっていきますよね。

そうすると、それに合わせて体がバランスを保てるよう三半規管が頑張るのですが、体はほとんど変化せずリンパ液も動きませんから、脳が混乱します。

そのことが酔うという不調を招くのです。

天気痛5

天気痛のメカニズム

乗り物酔いと似たことが、内耳で起こるのが天気痛なのです。

内耳は気圧の変化を感じる所です。

リンパ液で満たされているのも中耳と同じ。

気圧の変化に応じてバランスを取るためにそのリンパ液が動こうとするのに、体の動きは気圧の変化に応じた動きをするわけではないですよね。

それで脳が混乱し、混乱や緊張の時に優位となる交感神経を刺激するというわけです。

交感神経は、痛みや不調を感知する神経とつながっているといわれます。

また、気圧の低下により、体内にはヒスタミンという物質が増えることも天気痛に関係しているようです。

ヒスタミンは関節痛やアレルギーを引き起こすと同時に自律神経をも乱す暴れん坊だという報告も。

気圧の低下=気象の変化といってもいいですよね。

雨の日や湿度の高い日の不調も、合点がいきます。

さらには低気圧の通過が増える季節の変わり目のアレルギー症状なども。

チェック項目を改めて眺めてみてください。

なるほどそういうことかと納得できませんか?

天気痛を防ぐ生活習慣とは?

人間はもともと、気圧が低く天気が悪いと副交感神経が優位になると言われます。

副交感神経というと、リラックスなイメージですが、裏を返せばやる気がしないとも言えますよね。

雨の日に何だかだるい、何もする気がしないというのは、気のせいでもなんでもなかったんです!

でも、だからといって「このやる気のなさには科学的根拠があるんだよ!」と開き直って休みを要求できるほど、社会は甘くないですよね。

ではどうしたら良いのでしょう。

先ほどご紹介したヒスタミンをやっつける方法を考えたら良いのではないでしょうか。

それこそが天気痛を最小限に抑えられるかもしれない生活習慣です。

ヒスタミンをやっつけよう

体内のヒスタミンを追いやるために必要なのは、血行を良くすることだと言われています。

そのためにできることを挙げてみましょう。

1・半身浴

あまり熱過ぎない37~39℃くらいのお湯(季節に応じて変化をつけましょう)で半身浴することにより、血行が促進され。自律神経も整えられます。

2・有酸素運動

無理のないウォーキングなどで血行が改善され、筋力もつけられます。

自律神経を整えよう

1・食事に気をつける

ビタミンB群やビタミンA・Eはストレス対策に効果的です。

自律神経を整えるのに積極的に取り入れたい栄養素ですね。

それから疲労回復やむくみ解消に効果を発揮するカリウムも有効。

2・お休み前に…

お休み前にパソコンなどを見るのは控えましょう。

交感神経が優位になって安眠を妨害するという報告もあります。

リラックスして熟睡することがとても大切なのです。

https://youtu.be/Xe1q5LoBBEk

天気痛の治療法は?

先ほどご紹介しましたように、天気痛は乗り物酔いと近い背景を持っています。

したがいまして、なんと天気痛にも乗り物酔いの薬が効くのです!

乗り物酔いの薬は鼓膜内のリンパ液を鎮静化する働きがありますので、同じ原理で不調になる天気痛にも当然効き目があるというわけ。

ですが、乗り物酔いは継続して服用するようなタイプの薬ではありません。

一時的に使用するなら良いでしょうが、長引くようなら病院に相談しましょう。

れっきとした疾患である以上、医師が最適な治療法を教えてくれるはずです。

それから、天気予報を見ると、症状が軽くなるという説もあります。

明日や先々の天気が分からず、不調がいつ起きるのかも分からないという不安が、自律神経をよけいに乱すからかもしれませんね。

不調も心の準備ができていれば、コントロールしやすくなるということでしょうか。

天気痛2 (1)

まとめ

天気痛チェックの結果、あなたはいかがでしたか?

私はちょうど半分の5つに該当しました。

雨の日はさることながら、曇りの日でも無気力になってだるさ全開の私。

長らくサボっていたウォーキングを再開しなければいけませんね。

思えば子供の頃から乗り物酔いがひどく、いつもで父親が運転する車の後部座席の窓を開けて乗っていました。

私の姉は驚異の三半規管を持っていて、車の中で文庫本も読めますし、オセロもできます。

私は本の表紙を見ただけでだめなんです。

姉妹でもこんなに体質って違うものなんですよね。

気分屋のせいだと思っていたあれこれも、もしかしたらみんなお天気のせいだったのかもしれません。

ただの性格じゃないの?と姉に笑われそうですが。

天気痛でお悩みのあなたのお手伝いが、少しはできましたか?

オススメした生活習慣をお試しいただいて、雨の日もなんだか好きになったよと思ってもらえたらとても嬉しいです。

最後までお読み頂き、ありがたく思います、吉川 百でした。



UA-43571241-3