日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

レインボーブリッジを徒歩で渡ってみた!時間や景色を大公開!

こんにちは、みっつです。平成5年8月に都心部と臨海副都心地区を結ぶ橋として開通したレインボーブリッジ

ゆりかもめや首都高速道路などがレインボーブリッジを利用していますが、歩いて渡れるのを知ったのは、開通してから数年後の事でした。

車やゆりかもめに乗って渡った事はありますが、歩いてみると違った景色が広がっているのではないか…。

そう考えると、自分で確認しないと気が済まなくなってしまいました(^_^;)

そこで今回は、私が実際にレインボーブリッジを歩いて渡った際の、景色や時間、おすすめ理由をお伝えしていきますね!

芝浦側入口からスタート!

レインボーブリッジを歩いて渡るための入口は2か所あります。それは芝浦側入口台場側入口です。

今回は芝浦側入口から歩いて、台場側へ向かうルートにしてみました。約1時間の行程となります。

入口の詳しい情報については、以下の記事を参考にしてみてくださいね。
レインボーブリッジの遊歩道!入口や自転車通行等の完全ガイド

芝浦側入口の最寄駅は、ゆりかもめの芝浦ふ頭駅となります。駅から5分ほど歩くと、レインボーブリッジの遊歩道入口の看板が見えてきました。

レインボーブリッジを歩いて渡りましょう!

ここが、レインボーブリッジの遊歩道の入口です。

エレベーターで一気に高さ約50メートルの遊歩道まで上がります。

遊歩道に出てみると…

こんな近くをトラックが走り抜けていって、ビックリしました(;・∀・)音も凄いし風圧もかなりあったので、迫力満点です!

レインボーブリッジ22階建てのような構造になっていて、上部が首都高速道路、下部が臨港道路とゆりかもめが遊歩道と並行して走っています。

ちなみに、こちらの映像は、高速道路を走るトラックからの車窓です。

上にさえぎる物がなく青空が広がっていて、開放感がありますよね。

レインボーブリッジならではの風景を楽しむ!

さて、レインボーブリッジを歩いて渡る最大の目的である、レインボーブリッジからの眺めを楽しむ事にしましょう!

遊歩道から芝浦ふ頭駅方面を見ると、大きな倉庫が立ち並ぶうしろに、東京タワーが目に入ってきます。

東京スカイツリーが完成したとはいえ、赤くて独特なスタイルの東京タワーは、未だに東京のシンボル的存在ですね!

今度は北に目を向けてみましょう。真ん中のあたりが晴海で、左は竹芝方面、右に豊洲方面を見る事が出来ます。

お邪魔したのは日曜日の午前中でしたが、このような感じで遊歩道もガラガラ、道路もガラガラです。

都市部でこの人口密度の低さは、まさに独り占め状態!感動さえ覚えますね(笑)

遊歩道には、レインボーブリッジを歩いて渡る人のために、このような休憩スペースが数ヵ所あるので、のんびりと散策を楽しむ事が出来ます。

これは巨大な吊り橋を支えているケーブルです。

このような風景は実際にレインボーブリッジを歩いて渡らないとお目にかかれないですよね!

レインボーブリッジを歩いて渡りはじめて40分、芝浦方向に振り返ってみると、結構歩いてきたな!といった感じがします。

南側にも遊歩道がありました

ここまでレインボーブリッジも芝浦側の入り口から、ずっと北側を歩いてきましたが、何と南側に渡れる通路を発見しました!

レインボーブリッジを歩いて渡って北側の景色は楽しんだものの、せっかくだから南側の景色も楽しみたいですよね!という事で、後半戦は南側を歩いてみることにしました。

レインボーブリッジの南側は目の前にお台場が広がっていて、お台場海浜公園やフジテレビといった臨海副都心の中心部を一望する事が出来ます。

この風景は、レインボーブリッジを歩いて渡る人だけの特権ですね!

せっかくなので、そんなお台場とゆりかもめを動画に撮ってみましたので、よろしければ見てみてくださいね。

いかがでしょうか?

子供たちが、自転車の車輪に車止めをつけて歩いて押している様子や、ゆりかもめが走ってきた所も撮影できたので、雰囲気を少しでも感じていただけたのではないでしょうか?

そして、日曜日なのにガラガラな様子もお分かり頂けましたよね(笑)

約1時間で台場側に到着

レインボーブリッジ歩いて渡るチャレンジも、終わりに近づいてきました。

お台場側のこのあたりは、芝浦側と違い、この辺りはレインボーブリッジも高くないので、エレベーターはありません。

そして、レインボーブリッジを歩いて渡りはじめて約1時間、最終目的地であるお台場側の遊歩道の入り口に到着しました。

距離にすると芝浦ふ頭駅から約2キロ、素晴らしい景色を見ながらの散策だったので、アッという間に時間がたったような感じです。

歩いて渡る超オススメの3つのワケ

レインボーブリッジを歩いて渡ってみましたが、歩いて本当に良かったと感じられました。そこで、レインボーブリッジを歩いて渡るのをおすすめする3つのワケをご紹介します。その3つとは

  1. レインボーブリッジを歩いて渡らないと、見られない風景に出会える!
  2. 普段なかなか見られない風景が見られるのに、このガラガラさ!(笑)
  3. 何と無料!

です。次にそれぞれについて解説してみたいと思います。

1. レインボーブリッジを歩いて渡らないと、見られない風景に出会える!

レインボーブリッジはゆりかもめや自動車も通行できますが、自動車はレインボーブリッジの上では駐車禁止です。そしてゆりかもめは、レインボーブリッジ上では内側を走るので景色がイマイチです。

レインボーブリッジ歩いて渡ると、歩かないと見られない素晴らしい風景をゆっくりと見る事が出来るのです。

私は休み休み2キロの道のりを1時間かけて歩きましたが、こんな感じで時間に余裕を持って行けば、様々な素晴らしい風景に出会う事が出来ますよ!

2. 普段なかなか見られない風景が見られるのに、このガラガラさ!(笑)

都心部の観光スポットというと、避けて通れないのが混雑ではないでしょうか。人であふれかえって行列するのは当たり前。

しかし、レインボーブリッジの遊歩道は人はいないし行列なんて出来っこないほど空いています(^_^;)

ホント信じられない位にガラガラで、レインボーブリッジを独り占めしているような雰囲気を味わえますよ(笑)

3. 何と無料!

巨額のお金を投入して造られたであろうレインボーブリッジ。建設費を回収するために歩行者といえども料金を取りたくなる気持ちも理解出来ます。

しかし、実際は無料で歩く事ができます。通行料として200円や300円は取られても仕方ないのに、無料というのは有り難いですね!

レインボーブリッジの遊歩道のDATA

所在地  〒108-0022  東京都港区海岸3-33-19
アクセス お台場側  ゆりかもめお台場海浜公園駅より徒歩約15分
     芝浦側   ゆりかもめ芝浦ふ頭駅より徒歩約5分
営業期間 4月から10月 9時~21時  11月~3月 10時から18時
     第3月曜日休業、定休が祝は翌日休業、悪天候時休業

まとめ

今回は、レインボーブリッジを歩いて渡った時の様子をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

レインボーブリッジから見る素晴らしい風景や臨場感を、少しは感じ取って頂けましたでしょうか?

レインボーブリッジを歩いて渡る、それはちょっと普段と違った休日を過ごしたい、そんな願いを手軽に叶えてくれます。

そのような休日をとお考えであれば、是非一度レインボーブリッジを歩いて渡ってみてくださいね!

最後までお読み頂いたあなたに大感謝!みっつでした。



UA-43571241-3