日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

野球で背番号3番はどんな意味があるの?プロとアマチュアで徹底研究 !

こんにちは、みっつです。

野球で背番号3番というと、どのようなイメージがありますか?1と並んでチームの中心選手がつけている、というイメージがあるかもしれませんね。

プロ野球で背番号3番をつけていた選手をみても、凄い選手ばかりがつけている感じがします。

今回は、野球で背番号3番はそのような意味があるのか、プロ野球とアマチュア野球にわけて解説していきます。

背番号3番をつけて大活躍したプロ野球選手もご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

プロ野球での背番号3番の意味

日本のプロ野球で、背番号3番の代名詞といえば長嶋茂雄さんですね!

「ミスター・ジャイアンツ」「燃える男」さらには、「ミスタープロ野球」と賞賛され、日本プロ野球の歴史において、もっとも偉大な選手です。

長島選手がこれほどまで高い評価を得ている理由のひとつに、プロとしてファンを魅了するプレーの数々にあります。

ファンに感動を与えるプレーはタイトルや記録には残らないことも多くあります。

例えば、長島選手の生涯打率は3割5厘です。ランナーがいないときの打率は2割9分4厘ですが、ランナーが3塁にいるときの打率は3割4分7厘にまであがり、満塁のときの打率も3割3分と高い数字を残しています。

このような事から、背番号3番をつける意味は、チャンスに強く、ファンを魅了するスター選手に与えられる番号といえます。

プロ野球の背番号3番の意味は、まさに長島選手が作り上げたといえるのです。

また、出世番号の意味もあり、球団としては期待の若手選手に背番号3番を与える傾向もあります。

ちなみに、読売ジャイアンツ長島選手の背番号3番は永久欠番となっています。




アマチュア野球での背番号3番の意味

高校野球では各ポジションにより背番号が割り当てられていて、背番号3番は一塁手をあらわしています。

その一方、大学野球や社会人野球では背番号の選択は自由です。

大学野球や社会人野球で好んで背番号3番をつける選手は、国民的スターの長島茂雄選手に憧れている人が多くいます。
長島選手が後輩たちに残した、偉業の大きさのあらわれです。

プロ野球での主な背番号3番の選手

次に、プロ野球で背番号3番をつけて大活躍した選手を、5人ご紹介しますね。

衣笠祥雄選手

生年月日  1947年1月18日
出身    京都府出身
投/打   右/右
プロ野球歴 広島東洋カープ(1965年~1987年)
タイトル  打点王1回
      盗塁王1回
表彰歴   MVP1回

「鉄人の男」として喩えられる衣笠選手は、実に17年間に渡り一日も休むことなくグラウンドに立ち続けました。
連続試合出場として積み上げられた2215の数字は、偉大な世界記録として国民から大きな賞賛が送られました。

衣笠選手は引退した年、国民栄誉賞を受賞し、1996年には野球殿堂入りも果たしています。

榎本喜八選手

生年月日  1936年12月5日
出身    東京都出身
投/打   左/左
プロ野球歴 大毎(1955年~1963年)
      東京オリオンズ(1964年~1968年)
ロッテオリオンズ(1969年~1971年)
      西鉄ライオンズ(1972年)
タイトル  首位打者2回
      最多安打4回
表彰歴   新人王 

榎本選手は背番号3番をつけた往年の名選手のなかでも、特に記憶に残る選手です。

高校卒業の新人としては類まれなバッティング・センスを発揮し、1年目から活躍をした選手です。

榎本選手が入団1年目に記録した安打数・打点は高校卒業の新人としての新記録でした。

また「元祖、安打製造機」と呼ばれ、極めた打撃から生み出された安打数は、通算2314本になります。

抜群の選球眼の持ち主でもあり、プロ1年目に受けた97の四死球は、今なお新人の最多記録として残っています。

立浪和義選手

生年月日  1969年8月19日
出身地   大阪府
投/打   右/左
プロ野球歴 中日ドラゴンズ(1988年~2009年)
タイトル  特になし

立浪選手は現役時代に「ミスター・ドラゴンズ」と呼ばれ、中日ドラゴンズの背番号3番として一番印象深い選手です。

高校野球の名門PL学園で主将を務めると、甲子園では春夏連覇を果たし、その年のドラフト1位で入団したエリート選手です。

入団1年目には新人王を獲得、中日ドラゴンズ一筋に22年間プレーをし、通算2480本の安打を放ちました。

ちなみに、二塁打の通算本数487は、日本歴代1位の記録です。

立浪選手の引退後、「ミスター・ドラゴンズ」の後継者として背番号3番をつける選手が、その番号の重さから辞退をするなど、なかなか決まらないエピソードが残っています。



スポンサーリンク

長池徳二選手

生年月日  1944年2月21日
出身地   徳島県
投/打   右/右
プロ野球歴 阪急ブレーブス(1966年~1979年)
タイトル  本塁打王3回
      打点王3回
表彰歴   MVP2回

長池選手はドラフト制度が導入された初年度に、ドラフト1位で阪急ブレーブスに入団をしました。

昭和40年代、「阪急不動の4番バッター」として、華々しい活躍をいたしました。
1971年には32試合連続安打を記録いたしました。

しかし、現役時代はアキレス腱や膝などのケガに悩まされ、早くに引退を余儀なくされました。

長池選手は現役時代から引退後のコーチを含め、背番号3番をつけていました。

松中信彦選手

生年月日  1973年12月26日
出身地   熊本県
投/打   左/左
プロ野球歴 福岡ソフトバンクホークス(1997年~2015年)
タイトル  首位打者2回
      本塁打王2回
      打点王3回 
表彰歴   MVP2回
      ゴールデングラブ賞1回

松中信彦選手は平成の三冠王と呼ばれています。

2004年、打率・本塁打・打点の全てでTOPとなり、三冠王を記録しました。
松中選手が記録した2004年以降、三冠王を達成した選手がいないことから、「平成最後の三冠王」とも呼ばれています。

また、3年連続120打点のプロ野球記録を残すなど、プロ野球界を代表する強打者でした。

まとめ

今回は、野球における背番号3番についてお届けしましたが、いかがだったでしょうか?日本のプロ野球では、やはり長嶋茂雄選手の影響が大きいといった感じでしたね!

長島さんをはじめ、野手の有名選手がつけていた背番号3番、これからも日本の野球では特別な番号として、憧れの存在であり続ける事でしょう。

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。



UA-43571241-3