日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

背番号12番!野球ではどんな選手がつけるの?歴代名選手もご紹介!

こんにちは、みっつです。

12という数字、どのようなイメージがありますでしょうか?地味?派手?私はあまり印象に残っていない数字という感想です(^_^;)

野球の背番号にも12番は存在していて、数多くの選手が背番号12番をつけて試合にのぞんできました。

今回は、野球において背番号12番をつける選手は、どのような特徴があるかを解説していきたいと思います。そして、背番号12番をつけて大活躍した選手もご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね!

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

背番号12番をつける選手の特徴って?

まずは、背番号12番を付けた選手にどのような共通点があるのか解説していきます。

結論としては、背番号12番はピッチャーやキャッチャーというバッテリーがつけるケースが多い、という事です。

プロ野球ので2018年5月現在の各チームの選手を調べてみると、ピッチャー7人、キャッチャー2人、内野手3人という結果となっています。

高校野球では、背番号12番は控えの捕手が付けることが多いです。第90回選抜高校野球大会では、ベスト4に入ったチームのうち3校で控えの捕手が背番号12番を付けていました。

大学野球では東京六大学の2018年春季の各チームを調べてみると、ピッチャー1人、キャッチャー3人、欠番2チームです。

社会人野球では、筆者が任意にピックアップした6つのチームのうち、5つで投手が背番号12番を付けていました。

傾向として、プロ野球や社会人野球ではピッチャーが多く、高校や大学ではキャッチャーが多いという事がわかりますね。




背番号12番の歴代名投手をご紹介

次に、背番号12番をつけた名投手をご紹介しますね。

福間納選手

生年月日  1951年7月13日
出身地   島根県
投/打   左/左
プロ野球歴 ロッテオリオンズ (1979年~1981年)
      阪神タイガース (1981年~1990年)
タイトル  最優秀防御率:1回 (1983年)

福間納選手は1979年にロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団して、1990年までロッテオリオンズや阪神タイガースでプレーしました。

阪神タイガースに移籍してから活躍の場が増え、1983年には最優秀防御率のタイトルを獲得し、1985年には先発や中継ぎとして8勝をあげて優勝に貢献しています。

福間選手は阪神タイガースに移籍した後背番号12番をつけました。

角盈男(スミミツオ)選手

生年月日  1956年6月26日
出身地   鳥取県
投/打   左/左
プロ野球歴 読売ジャイアンツ (1978年~1989年)
      日本ハムファイターズ (1989年~1991年)
      ヤクルトスワローズ (1992年)
タイトル  最優秀救援投手:1回 (1981年)

角盈男選手は1978年から1992年まで読売ジャイアンツや日本ハムファイターズ、ヤクルトスワローズでプレーしました。

中継ぎや抑えとして活躍して、1981年には防御率1,47・20セーブという素晴らしい成績を残して、リーグ優勝に貢献しています。

角選手は1979年から1980年まで背番号12番をつけていました。

郭泰源(カク・タイゲン)選手

生年月日  1962年3月20日
出身地   台南市(台湾)
投/打   右/右
プロ野球歴 西武ライオンズ (1985年~1997年)
タイトル  最高勝率:2回 (1988年、1994年)

郭泰源選手は1985年から1997年まで西武ライオンズでプレーし、プロ1年目で月間MVPを受賞したりノーヒットノーランを達成したりと、大器の片鱗を見せました。

1987年からは本格的な活躍を示し、1988年と1994年には最高勝率のタイトルを獲得しています。また、1991年にはMVP・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を同時に受賞しました。

郭選手は1985年と1986年に背番号12番をつけてプレーしています。

林昌勇(イム・チャンヨン)選手

生年月日  1976年6月4日
出身地   全羅南道(韓国)
投/打   右/右
プロ野球歴 ヘテ・タイガース (1995年~1998年)
      サムスン・ライオンズ (1999年~2007年)
      東京ヤクルトスワローズ (2008年~2012年)
      シカゴ・カブス (2013年)
      サムスン・ライオンズ (2014年~2015年)
      起亜タイガース (2016年~)
タイトル  最優秀救援投手:2回(1998年、2004年)
      最多セーブ:1回(2015年)
      最優秀防御率:1回(1999年)

林昌勇選手は、1995年からプロ野球生活をスタートして13年間韓国でプレーしました。救援投手として活躍しただけではなく、2001年から2003年には3年連続で先発投手として2桁勝利と好成績を残しています。

2008年からは東京ヤクルトスワローズでプレーして、5年間で通算128セーブと活躍しました。

2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシックでは4試合無失点の活躍で韓国の準優勝に貢献しています。

2014年からはふたたび韓国でプレーして、2014年と2015年に二年連続で30セーブ以上をあげる活躍をしました。

林選手は2008年から2013年、2016年7月から現在まで背番号12番をつけています。

川崎雄介選手

生年月日  1982年2月17日
出身地   宮崎県
投/打   左/左
プロ野球歴 千葉ロッテマリーンズ (2006年~2010年)
      阪神タイガース (2010年~2013年)
      埼玉西武ライオンズ (2013年~2014年)
タイトル  最優秀中継ぎ投手:1回 (2008年)

川崎雄介選手は、2006年から2014年まで千葉ロッテマリーンズや阪神タイガース、埼玉西武ライオンズでプレーしました。中継ぎ投手として活躍し、2007年には48試合に登板して与四死球10・12試合連続無失点など安定感抜群の投球で防御率1,65を記録しています。

2008年には65試合に登板して29ホールドポイントを獲得し、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得しました。

川崎選手は2008年から2010年開幕直後まで背番号12番をつけていました。

以上の5名の他にもこのような選手が背番号12番を付けてプレーしました。

井上祐二選手

生年月日  1963年3月2日
出身地   宮崎県
投/打   右/右
プロ野球歴 南海ホークス
      福岡ダイエーホークス (1981年~1994年)
      広島東洋カープ (1994年~1996年)
      千葉ロッテマリーンズ (1997年)
タイトル  最優秀救援投手:1回(1989年)

河野昌人選手

 
生年月日  1978年5月7日
出身地   佐賀県
投/打   右/右
プロ野球歴 広島東洋カープ (1997年~2003年)
      福岡ダイエーホークス (2004年)
タイトル  なし

木佐貫洋選手

生年月日  1980年5月17日
出身地   鹿児島県
投/打   右/右
プロ野球歴 読売ジャイアンツ (2003年~2009年)
      オリックス・バファローズ (2010年~2012年)
      北海道日本ハムファイターズ (2013年~2015年)
タイトル  なし




意外?背番号12番の名野手たち

背番号12番を付けていた選手は投手が多いですが、野手で背番号12番を付けて活躍した選手もいますので、ご紹介します。

広瀬叔功(ヒロセ・ヨシノリ)選手

生年月日  1936年8月27日
出身地   広島県
投/打   右/右
プロ野球歴 南海ホークス (1955年~1977年)
タイトル  首位打者:1回 (1964年)
      盗塁王:5回 (1961年~1965年)

広瀬叔功選手は1955年から1977年まで南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)でプレーしました。リードオフマンとして活躍して、打率ベスト5を5回達成するなど安定した打撃を披露しました。

また広瀬選手は盗塁の達人であり、通算盗塁数歴代2位・通算盗塁成功率歴代1位の記録を保持しています。

広瀬選手は1961年から1979年まで背番号12番を着用しました。

柴田勲選手

生年月日  1944年2月8日
出身地   神奈川県
投/打   右/両
プロ野球歴 読売ジャイアンツ (1962年~1981年)
タイトル  盗塁王:6回 (1966年、1967年、1969年、1972年、1977年、1978年)

柴田勲選手は1962年から1981年まで読売ジャイアンツでプレーしました。

盗塁王のタイトルを6回獲得したほか、ダイヤモンドグラブ賞を5回受賞するなど攻守にわたって活躍して、読売ジャイアンツの黄金時代を築きました。

柴田選手は1962年から1969年まで背番号12番をつけました。

鈴木尚広選手

生年月日  1978年4月27日
出身地   福島県
投/打   右/両
プロ野球歴 読売ジャイアンツ (1997年~2016年)
タイトル  なし

鈴木尚広選手は1997年から2016年まで読売ジャイアンツでプレーしました。「代走のスペシャリスト」と称され、代走での通算盗塁数の日本記録を持っています。

鈴木選手は2007年から2016年まで背番号12番を着用しました。

以上の3名の他にもこのような選手が背番号12番を着用してプレーしていました。

草野大輔選手

生年月日  1976年12月4日
出身地   宮崎県
投/打   右/左
プロ野球歴 東北楽天ゴールデンイーグルス (2006 – 2012)
タイトル  なし



スポンサーリンク

まとめ

今回は、背番号12番は野球ではどんな選手がつけるかを解説してきました。背番号12番をつけて活躍したプロ野球選手もご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ピッチャーやキャッチャーがつけるケースが多い中で、プロ野球や社会人野球ではピッチャーが多く、高校や大学ではキャッチャーが多い傾向もわかりました。

あまり多くない背番号12番の野手の中で、今回ご紹介した3選手は『盗塁のプロ』である事は興味深いです。

背番号12番についての記事が、皆さんのお役に立てると嬉しいです!

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。



UA-43571241-3