日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

プロ野球の永久欠番の条件って?主な永久欠番の選手もご紹介!

こんにちは、みっつです。

野球のユニフォームには背番号がついていて、番号によってつける選手の特徴があったり意味があったりします。

そんな背番号の中で、プロ野球では永久欠番と呼ばれる今後誰もつけられない番号があります。

今回は、プロ野球の永久欠番の特集です。永久欠番の条件や主な永久欠番の選手についてご紹介していきますね。



スポンサーリンク

プロ野球の永久欠番の条件って?

プロ野球における永久欠番の条件とは、どのような事があるのでしょうか?はっきりとした規定はありませんが、大活躍をした選手を讃えるために、その選手がつけていた背番号を永久欠番とするケースが多いです。

しかし、単に偉大な成績や記録を残しただけでは、永久欠番とされることは少ないとも言われています。永久欠番を受けられる選手は、偉大な成績だけでなく、チームへの貢献度も考慮されるのです。

大きな記録は残していなくても、チームに貢献をしていた選手が不慮の死にあったり、病気でやむなく現役を引退することになったりした時に、受けた選手もいます。

また永久欠番とされながら、球団が消滅をしたり本拠地移転や球団名変更したりすることで、消滅してしまったというケースも存在しています。

いつから永久欠番は始まったの?

野球での永久欠番の歴史は、1939年から始まりました。

アメリカメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキース、ルー・ゲーリック選手の引退に際し、つけていた背番号4番を欠番として、その功績を讃えたのです。

日本のプロ野球で最初に永久欠番となった選手は、1947年7月9日の黒沢俊夫選手と沢村栄治選手となります。




主な永久欠番をご紹介!

次に、主な永久欠番の選手、消滅してしまった永久欠番、変わり種の永久欠番をご紹介します。

メジャーリーグの永久欠番の選手

まずは永久欠番発祥の地、アメリカメジャーリーグの永久欠番の選手をご紹介します。

ルー・ゲーリック選手

生年月日  1903年6月19日
出身地   アメリカ合衆国ニューヨーク州
投/打   左/左
プロ野球歴 ニューヨーク・ヤンキース(1923年~1939年)
タイトル  三冠王1回、首位打者1回、本塁打王3回、打点王5回、
アメリカンリーグMVP2回
永久欠番  4番

野球で永久欠番が生まれるきっかけとなった選手が、ルー・ゲーリック選手です。

ニューヨーク・ヤンキースで15年間プレーする中で、2130試合に連続出場を果たすなど、様々なタイトルを獲得したスター・プレイヤーです。

ルー・ゲーリック選手は、35歳のとき不治の病といわれ筋肉が衰えてゆく筋萎縮性側策硬化症に罹り、引退を余儀なくされました。その功績を讃えて、球団は彼の背番号を永久欠番にすることを決めました。

ちなみに、ニューヨーク・ヤンキースでは、先にも後にも、背番号4をつけた選手は彼だけとなります。

ベーブ・ルース選手

生年月日  1895年2月6日
出身地   アメリカ合衆国メリーランド州
投/打   左/左
プロ野球歴 ボストン・レッドソックス(1914年~1919年)
ニューヨーク・ヤンキース(1920年~1934年)
ボストン・ブレーブス(1935年)
タイトル  首位打者1回、本塁打王12回、打点王6回、
MVP1回、最優秀防御率1回
永久欠番  3番

ベーブ・ルース選手は、長いプロ野球の歴史の中でも、もっとも偉大な選手であり、「野球の神様」と人々から称されるなど、伝説として後世に伝えられている選手です。

元祖二刀流のベーブ・ルース選手は、打者として22年間、投手としても10年間、プロ野球の世界で活躍をいたしました。

特に、打者としてすばらしい成績を残しており、1927年に記録したシーズン60本塁打は、34年間もその記録が破られることがありませんでした。長距離打者として12回の本塁打王に輝き、生涯で放った本塁打は714本になります。

実は、ベーブ・ルースが入団した当初は、プロ野球界で背番号をつける習慣がありませんでしたが、1929年に所属していたニューヨーク・ヤンキースが、打順にあわせて背番号を割り振ることになりました。




日本のプロ野球の永久欠番選手

日本のプロ野球からは、代表して1人の選手をご紹介します。

稲尾和久選手

生年月日  1937年6月10日
出身地   大分県別府市
投/打   右/右
プロ野球歴 西鉄ライオンズ(1956年~1969年)
タイトル  最多勝4回、最優秀防御率5回、最高勝率2回、最多奪三振3回、新人王、年間MVP2回
永久欠番  背番号24
制定の日  2012年7月4日

稲尾選手は、西鉄ライオンズ(現在、埼玉西武ライオンズ)の黄金時代を支えた大投手です。

稲尾選手を讃える言葉は、「鉄腕」「豪腕」などいくつもあります。その中でも、「神様、仏様、稲尾様」と多くの国民から賞賛の受けた言葉は、プロ野球のオールドファンの記憶に残っています。

稲尾選手が現役、そして監督として付けていた背番号24が永久欠番となったのは、現役を引退してから43年後のことです。

これは、稲尾選手が現役を引退後も監督として背番号24を付けていたこともありますが、稲尾選手が自身の背番号を永久欠番とすることに固辞していたのが要因です。

背番号24を自分だけの背番号にするのではなく、有望な後輩にぜひとも付けてもらいたいとする意思が強かったからです。

しかし、稲尾選手がチームに残した功績はあまりにも大きいことから、2012年の死去後、くしくも平成24年に背番号24番が永久欠番となりました。

消滅してしまった永久欠番

球団の事情で、残念ながら消滅してしまった永久欠番の選手です。

鈴木啓示選手

生年月日  1947年9月28日
出身地   兵庫県
投/打   左/左
プロ野球歴 近鉄バッファローズ(1966年~1985年)
タイトル  最多勝3回、最優秀防御率1回、最多奪三振8回
制定の日  1985年7月31日

鈴木投手がつけていた背番号1は、引退した1985年に所属していた近鉄バッファローズが永久欠番といたしました。これはパ・リーグで最初の永久欠番となり、当時は地味なイメージが大きかったパ・リーグファンに大変喜ばれました。

しかし、2004年に近鉄バッファローズとオリックス・ブルーウェーブにおいて、球団合併が行われました。

当時、オリックス・ブルーウェーブには、背番号1をつけていた選手がいたことから、鈴木選手の永久欠番1は消滅する事になったのです。



スポンサーリンク

変わり種の永久欠番

プロ野球での永久欠番ですから、選手や監督がなるのは理解できますよね。しかし、選手や監督でない人が永久欠番になっているケースもあります。ここでは、そんな変わり種の永久欠番になっている人をご紹介します。

大社義規さん

1915年、香川県に生まれた大社さんは日本ハムを創業、実業家として活躍する一方で、大の野球好きと知られた人物でした。そして、日本ハム球団の初代オーナーに就任すると、とにかく足しげく球場に通っては、選手を慰労して周りました。

自分が仕事で球場に出向けない日は、職員を球場に向かわせて、電話で随時試合経過を報告させていた逸話も残っています。

永久欠番となっている背番号100は、1981年のリーグ優勝時に、大社氏が着用していたユニフォームの背番号です。選手が結婚をする際には、仲人を率先して務めるなど、選手や球団、そしてファンに、これ程までに愛されたオーナーはいないと言えます。

なお、大社氏は球団オーナーとして永久欠番の栄誉を受けるだけでなく、2009年には特別表彰で野球殿堂入りまで果たしました。

まとめ

今回は、プロ野球の永久欠番について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

永久欠番になるためには素晴らしい成績はもちろんですが、所属しているチームへの貢献度といった事も考慮されているのがわかりましたね。

そして、残念ながら消滅してしまったり、選手でなくても永久欠番とされている人も存在しています。

永久欠番は、これからもプロ野球で輝かしい貢献をした人をたたえるために、ずっと残されていく事でしょうね。

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。



UA-43571241-3