日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

野球の2番バッター!どんな役割なの?プロ野球の主な2番もご紹介!

こんにちは、みっつです。

野球の2番バッターというと、どのようなイメージがありますでしょうか?1番バッターと3番バッター以降のクリーンナップに挟まれて、どちらかというと地味なイメージがあるかもしれませんね。

しかし最近では、このような地味なイメージではない2番バッターも出てくるようになりました。

今回は、野球の2番バッターについて解説していきたいと思います。2番バッターの役割やプロ野球の主な2番バッターをご紹介していきますね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

野球における2番バッターの役割とは

まずは、2番バッターの役割について解説していきたいと思います。私が思う2番バッターの役割は3つ

  1. 出塁をしてチャンスを拡げる
  2. For The Team(フォア・ザ・チーム)の精神でチャンスを拡げる
  3. 長打でランナーを帰す

となります。

1.出塁をしてチャンスを拡げる

2番バッターは、クリーンナップと呼ばれる3番から5番打者の前に打席に入ることから、1番打者と同じく、出塁することが最大の役割となります。

したがって、1番バッターと同じく出塁率の高い選手が2番バッターになります。

2.For The Team(フォア・ザ・チーム)の精神でチャンスを拡げる

2番バッターが1番バッターと異なる点は、塁上にランナーのいる可能性が高いことです。その場合、得点する確率をより高めるためには、送りバント等で塁上のランナーを進塁させる作戦が一般的です。

ランナーを得点圏にまで進塁させることで、ワンチャンスでランナーをホームに生還させられるからです。ですので、2番バッターには送りバントへの技量だけでなく、犠打に対するFor The Team(フォア・ザ・チーム)の精神も求められます。

3.長打でランナーを帰す

アメリカ大リーグでは、2番バッター最強説を唱える監督や専門家等がいます。2番バッターに長距離打者を抜擢することで、塁上のランナーを一気に帰還させられるからです。

アメリカ大リーグの選手は、大柄で長打力を秘めた選手が多いことから、取れる作戦です。

しかし、近年、日本のプロ野球界においても、長打力のある選手を2番バッターに抜擢する傾向があります。一例としては、巨人の長野選手や、日本ハムファイターズ等で活躍した小笠原選手が、2番バッターに抜擢されました。

2番バッターは最少機会で得点に結びつける役割もあります。そのために、長打力を秘めた選手が抜擢されるのも、最近の傾向です。




プロ野球での主な2番バッター!

次に日本のプロ野球で大活躍した、2番バッターを3人ご紹介します。

平野謙選手

生年月日  1955年6月20日
出身地   愛知県
投/打   右/右・左
プロ野球歴 中日ドラゴンズ(1978年~1987年)
      西武ライオンズ(1988年~1993年)
      千葉ロッテマリーンズ(1994年~1996年)
タイトル  最多盗塁1回
表彰    ゴールデングラブ賞9回 

2番バッターとして最も多くの試合に、先発出場したといわれているのが平野選手です。その平野選手は、スイッチヒッターのバント巧者として有名です。

プロ野球界では、「作られたスイッチヒッターはバントが苦手」と、言われていました。なぜならば、フルスイングでボールを捉えるよりも、バットの動きを止めたバントでボールを捉える方が、効き目を有効に使う必要があったからです。

スイッチヒッターの選手は、本来のバッターボックスではない、作られた方のバッターボックスでは、バントが難しいと考えるのが常識でした。

しかし、平野選手はスイッチヒッターでありながら、バントを得意とした選手として知られています。

新井宏昌選手 

生年月日  1952年4月26日
出身地   大阪府
投/打   右/左
プロ野球歴 南海ホークス(1975年~1985年)
近鉄バッファローズ(1986年~1992年)
タイトル  首位打者1回
表彰    ゴールデングラブ賞1回

新井選手は、まさにいぶし銀の2番打者と言える選手です。巧みなバットコントロールで2000本安打も達成した新井選手は、現役時代にはパ・リーグの安打製造機と呼ばれていました。

34歳で近鉄バッファローズに移籍をすると、その翌年には、当時のシーズン最多安打となる184本を放ち、初の首位打者にも輝きました。

ちなみに、新井選手は引退後、オリックスのコーチに就任すると、自ら培った打撃技術をイチロー選手に伝承し、その才能を開花させた人物として有名です。

正田耕三選手

生年月日  1962年1月2日
出身地   和歌山県
投/打   右/右・左
プロ野球歴 広島東洋カープ(1985年~1998年)
タイトル  首位打者2回、盗塁王1回
表彰    ゴールデングラブ賞5回

正田選手はロサンゼルスオリンピックでは、日本代表チームの不動の1番打者でしたが、プロに入団後は2番として定着した選手です。
正田選手の得意技といえば、ドラッグバンドです。

特に、初の首位打者のタイトルを獲得した際も、シーズン最後の土壇場の打席でドラッグバントを決めて、逆転でタイトルを手中に収めました。

スイッチヒッターの正田選手は、ヒットメーカーの言葉が似合う選手でした。特に、スイッチヒッターとして初めての首位打者に輝くと、その翌年にも2年連続で首位打者の栄冠に輝いています。

プロ野球入団後にスイッチヒッターに転向し、成功を収めた正田選手でしたが、1kgを超える重いバットで素振りを繰り返し、「練習の虫」と呼ばれた苦労人でもありました。




まとめ

今回は、プロ野球の2番バッターについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?従来は2番バッターというと

  • 出塁をしてチャンスを拡げる
  • For The Team(フォア・ザ・チーム)の精神でチャンスを拡げる

という役割であったと思います。しかし最近では

  • 長打でランナーを帰す

という役割を担う2番バッターが出現しています。今後はどのようなタイプの2番バッターが多くなるのか注目するのも、面白いかもしれませんね。

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3