日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

野球の6番バッター!どんな役割なの?プロ野球の主な6番もご紹介!

こんにちは、みっつです。

野球の6番バッターというと、どのようなイメージをお持ちになりますか?クリーンアップの後の打順という事で、様々なケースが想像されると思います。

今回は、野球の6番バッターについて、特集していきたいと思います。6番バッターの役割からプロ野球6番バッターとして大活躍した選手もご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

6番バッターの役割って?

私が考える6番バッターの役割は、主に次の2点になります。それは

  1. ダメ押しの一打で試合を決める
  2. 下位打線からチャンスメイクをする

となります。次にそれぞれについて解説していきます。

1.ダメ押しの一打で試合を決める

6番バッターは、クリーンナップのすぐ後ろを打つことから、チャンスで回ってくる確率も高い打順です。したがって、6番バッターにはクリーンナップが挙げた得点に、ダメ押し点を加える役目があるのです。

もしも、クリーンナップで得点を出来なければ、6番打者が最後の期待を背負う事になるので、長打力よりもミートの上手いアベレージ・ヒッターが適任だと考えます。

残ったランナーを確実に還す事が出来れば、そのチームの勝利に大きく貢献する事になるでしょう。

下位打線からチャンスメイクをする

一般に、打順の6番バッター以降を下位打線と呼んでいます。ちなみに、1番から5番は上位打線と呼ばれています。その下位打線の中で、最初の打者となるのが6番バッターです。

上位打線には入らないが、下位打線の4名の中では、最も打力の優れた選手が6番バッターに抜擢されます。

例えば、その回の最初の打者や、塁上にランナーがいない場合には、下位打線でもう一度チャンスメイクをする役割があります。これは上位打線の1番打者と同じ役割といえます。

強いチームとは、下位打線からチャンスを作り、得点出来る打線を持っていることです。まさに、その先陣を切る役割を担うのが6番バッターとなります。




プロ野球での主な6番バッター!

ここでは、プロ野球で大活躍した6番バッターを、3人ご紹介します。

宇野勝選手

生年月日  1958年5月30日
出身地   千葉県
投/打   右/右
プロ野球歴 中日ドラゴンズ(1977年~1992年)
      千葉ロッテマリーンズ(1993年~1994年)
タイトル  本塁打王1回

宇野選手は遊撃手の常識をガラリと変えた選手です。それまでの遊撃手のイメージは、打力が少々弱くても、小柄で俊敏な選手が多かったからです。

しかし、宇野選手は身長180cmの大型内野手として、長打力を持った選手だったからです。その宇野選手は、1982年には30本塁打を放ち、チームの優勝に大きく貢献をいたしました。

この時、遊撃手としてはプロ野球史上初めて30本塁打を放った選手でもありました。1984年には本塁打王にも輝き、長打力を秘めた大型遊撃手の草分け的存在となりました。

駒田徳広選手

生年月日  1962年9月14日
出身地   奈良県
投/打   左/左
プロ野球歴 読売ジャイアンツ(1981年~1993年)
      横浜ベイスターズ(1994年~2000年)
表彰    ゴールデングラブ賞10回 

駒田選手は奈良県の無名高校時代に、投手ながら高校通算43本塁打をマークし、注目を受けました。その駒田選手の意外性と長打力を一気に印象付けたのは、1983年のプロ初打席での満塁ホームランです。

プロ野球史上初の満塁本塁打デビューを果たすと、その後も満塁では抜群の強さを発揮し、「満塁男」の異名をとるまでになりました。

まさに、6番バッターとしての勝負強さと長打力を秘めた選手であったのです。

石毛宏典選手

生年月日  1956年9月22日
出身地   千葉県
投/打   右/右
プロ野球歴 西武ライオンズ(1981年~1994年)
      福岡ダイエーホークス(1995年~1996年)
表彰    新人王、年間MVP1回、ゴールデングラブ賞10回

石毛選手は、天性のリーダーシップで、西武ライオンズの黄金時代を支えました。入団1年目から本塁打21本、打率0.311で新人王を獲得するなど、西武の中心選手として活躍しています。

当初は、1番バッターを任されていましたが、チーム事情から6番バッターを任されることが多くなりました。明るいキャラクターの石毛選手が、上位打線と下位打線の繋ぎ役として大活躍した事が、上昇軍団の西武ライオンズを誕生させたと言われています。




まとめ

今回は、野球における6番バッターについて特集しましたが、いかがだったでしょうか?クリーンアップの後の打順という事で、残ったランナーを還したり、新たにチャンスを作ったりと、多くの役割がありました。6番バッターが

ダメ押しの一打で試合を決める
下位打線からチャンスメイクをする

といった役割を確実にこなせれば、そのチームは確実に勝利に向かっていると言えるでしょうね。

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3