日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

野球の7番バッター!どんな役割なの?プロ野球の主な7番もご紹介

こんにちは、みっつです。

野球における7番バッターというと、どのようなイメージがありますでしょうか?1番から5番までの上位打線より意外性が高い、といった感じかもしれませんね。

今回は、野球の7番バッターについてお伝えしていきます。7番バッターの役割やプロ野球で大活躍した3人の7番バッターもご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

7番バッターの役割って?

まずは、7番バッターの役割について考えてみたいと思います。私の考える7番打者の役割は主に次の2つです。

  1. 下位打線でチャンスを拡げる
  2. 未知数の若手選手を育てる

次にこの2つについて、解説していきます。

下位打線でチャンスを拡げる

打順を上位打線と下位打線で比較をすると、7番バッターは2番バッターの役割を担う事なります。それは、クリーンアップが文字通りにランナーを還す事が出来たなら、6番バッターが新たにチャンスと作り、7番バッターがそのチャンスを拡げる役割を担うことになるからです。

ちなみに、バッティングの良いキャッチャーが、7番バッターを任されるケースも多くあります。キャッチャーはピッチャーと同じく、守備の負担が大きいことから、打撃に負担を掛けさせない傾向にあり、7番バッターを任されることが多くなります。

一昔前であれば、日本プロ野球界には捕手の4番バッターも珍しくはありませんでしたが、近年では、下位打線を任されるのが一般的になっています。それでも、打撃力のある捕手は、7番バッターに打順をひとつ繰り上げることで、得点力のUPを図っています。

下位打線からもチャンスを作り出せる事が出来れば、強いチームとなる事でしょう。

未知数の若手選手を育てる

近年のプロ野球では、高校を卒業したばかりのルーキーや、将来の4番候補と呼ばれる若手選手などを、7番バッターに抜擢するケースが増えています。これは、7番バッターが比較的、楽に打席に立てるとされているからです。

若手選手は未知数であり、7番バッターらしからぬ長打力を持った選手も含まれます。相手チームにとって、対戦回数の少ない未知数の打者は、計算が出来ないことから、プレッシャーを感じたりいたします。




プロ野球での主な7番バッター!

次に、プロ野球で大活躍した7番バッターを、3人ご紹介します。

矢野燿大選手

生年月日  1968年12月6日
出身地   大阪府
投/打   右/右
プロ野球歴 中日ドラゴンズ(1991年~1997年)
      阪神タイガース(1998年~2010年)
表彰    ゴールデングラブ賞2回

矢野選手は、1990年にドラフト2位で中日ドラゴンズに入団しました。しかし、中日には絶対的な正捕手の中村武志選手がいたことから、7年間に渡り控え捕手に甘んじる事になります。

その後、1998年に阪神へ移籍をすると、一気に才能を開花させました。矢野選手の魅力のひとつは、評価の高い打撃力です。

阪神移籍の2年目には打率304の活躍を見せると、2003年には打率328を記録し、チームの18年ぶりの優勝に大きく貢献いたしました。また、長打も打てるパワーを秘めており、7番バッターとして好守に活躍した選手です。

大矢明彦選手

生年月日  1947年12月20日
出身地   東京都
投/打   右/右
プロ野球歴 東京ヤクルトスワローズ(1970年~1985年)
表彰    ダイヤモンドグラブ賞6回

大矢選手は、強肩と好リードの捕手として、入団当初から15年間、投手陣を支えました。特に、当時のチームの3本柱、松岡弘投手、安田猛投手、そして鈴木康二朗投手をリードし、チームを優勝に導いた名捕手です。 

打撃では高打率を残しませんでしたが、いつも闘志を内に秘めた打者として、相手に恐れられる選手でした。特に、高めのボールが好きな大矢選手は、悪球打ちの選手としても有名でした。

谷繁元信選手

生年月日  1970年12月21日
出身地   広島県
投/打   右/右
プロ野球歴 横浜大洋ホエールズ(1989年~2001年)
      中日ドラゴンズ(2002年~2015年)
表彰    ゴールデングラブ賞6回

谷繁選手は、高校卒業ルーキーの捕手として、1年目から1軍で活躍した選手です。強肩を武器にした谷繁選手は、歴代捕手のなかで4位となる、盗塁阻止率を残しました。

また、入団当初は強打の捕手として期待されましたが、打撃は入団から7年間は余り奮いませんでした。しかし、1996年に、バッテリーコーチとして谷繁選手を指導してきた大矢コーチが、チームの監督に就任すると、打撃も開花し打率3割をマークします。

谷繁選手は、荒っぽいが長打力もある7番バッターとして活躍をしました。




まとめ

今回は、野球の7番バッターについての特集でしたが、いかがだったでしょうか?7番バッターの役割としては
下位打線でチャンスを拡げる
未知数の若手選手を育てる
といった事があります。

そして、バッティングの良いキャッチャーが7番バッターを務める事が多いのも特徴です。

下位打線ではありますが、7番バッターがしっかりと役割を果たすチームは強い、と言えるのではないでしょうか。

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3