日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

背番号23番!プロ野球ではどんな選手がつけるの?主な名選手もご紹介!

こんにちは、みっつです。

当ブログでは、野球に関しての話題を多く提供してきました。背番号についても、主な番号について解説しています。

今回は日本のプロ野球における、背番号23番についてお伝えしていきたいと思います。

どのような選手が背番号23番をつける傾向にあるのか、そして背番号23番をつけて活躍した選手もご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

背番号23番をつける選手の特徴って?

日本プロ野球の歴史を紐解いてみると、背番号21番と22番には好投手が目白押しなのに対し、背番号23番をつけた好投手はほとんど見当たりません。

という事で、背番号23番は野手のイメージが強い番号であると言えます。

各球団の歴代の背番号23番を調べてみると、長距離打者からヒットメーカーまで好打者がずらりと並びます。

特に、背番号を23番に変更したことで実力が開花した選手も多く、最近では、出世番号として好まれているようです。

また、日本プロ野球における背番号23番は野手というイメージは、外国人野手から始まっているともいえます。その選手について後程ご紹介します。




背番号23番の歴代名野手をご紹介

次に、背番号23番をつけて活躍した名選手を、5人ご紹介していきますね。

青田昇選手

生年月日  1924年11月22日
出身地   兵庫県
投/打   右/右
プロ野球歴 東京巨人軍(1942年~1943年)
      阪急軍(1946年~1948年)
      読売ジャイアンツ(1948年~1952年)
      太陽ホエールズ(1953年~1958年)
      阪急ブレーブス(1959年)
タイトル  首位打者1回、本塁打王5回、打点王2回

青田選手は16年間の現役生活で、4度の移籍をし、5つの球団を渡り歩いた選手です。

特に、青田選手は川上哲治、千葉繁選手とクリーンナップを組み、巨人の第一次黄金時代を支えた選手として知られています。

青田選手は入団当初背番号32番でスタートを切りましたが、その後、背番号12番を経て、1948年2度目の巨人入団後は背番号23番をつけるようになりました。

青田選手の首位打者1回と本塁打王5回の記録は、すべて背番号23番のときに成し得たものです。

まさに、青田選手にとっては、背番号23番は出世番号となりました。

飯田徳治選手

生年月日  1924年4月6日
出身地   神奈川県
投/打   右/右
プロ野球歴 南海ホークス(1947年~1956年)
      国鉄スワローズ(1957年~1963年)
タイトル  打点王2回、盗塁王1回
表彰    年間MVP1回

飯田選手は1948年9月から1958年5月まで、連続1246試合出場の記録を樹立しており、後に、広島東洋カープの衣笠祥雄選手に破られるまで、長くプロ野球記録として讃えられていました。

飯田選手は、南海ホークスと国鉄スワローズの17年間の現役時代だけではなく、その後の、コーチ時代にも背番号23番をつけ続けました。




吉田義男選手

生年月日  1933年7月26日
出身地   京都府
投/打   右/右
プロ野球歴 阪神タイガース(1953年~1969年)
タイトル  盗塁王2回
表彰    最多安打1回

日本プロ野球史で、背番号23番で唯一の永久欠番が吉田選手になります。

「今牛若丸」と呼ばれたほど、華麗でありながらミスのない守備は、まさに芸術品といわれました。

ベストナインを9回も獲得するなど、プロ野球界を代表する遊撃手として、背番号23番の功績が讃えられています。

木俣達彦選手

生年月日  1944年7月7日
出身地   愛知県
投/打   右/右
プロ野球歴 中日ドラゴンズ(1964年~1982年)
タイトル  特になし

中日ドラゴンズで19年間に渡り、背番号23番をつけ続けたのが木俣選手で、1969年にセ・リーグで初めて、捕手として30本以上の本塁打を放った長距離打者です。

中日ドラゴンズ一筋にプレーをした木俣選手は、日本プロ野球界の捕手部門で、歴代4位となる1876本の安打を残した強打の捕手でした。

ローバート・ローズ選手

生年月日  1967年3月15日
出身地   米国カリフォルニア州
投/打   右/右
プロ野球歴 カリフォルニア・エンゼルス(1989年~1992年)
      横浜DeNAベイスターズ(1993年~2000年)
      千葉ロッテマリーンズ(2003年)
タイトル  首位打者1回、打点王2回、ゴールデングラブ賞1回

ローズ選手は、横浜DeNAベイスターズに所属していた8年間を、背番号23番で過ごしました。

また、1994年から引退した2000年までの7年間、打率3割をキープし続けると、1999年には打率と打点の2冠王に輝いています。

日本では輝かしい記録をいくつも残したローズ選手ですが、アメリカ大リーグでは目を引く実績もなく、入団当初の評価が低かったことには驚きです。




背番号23番の歴史を作った外国人選手を紹介

お伝えしたとおり、背番号23番を野手のイメージに植えつけた、2人の外国人を紹介いたします。

バッキー・ハリス選手

生年月日  1908年9月25日
出身地   米国カリフォルニア州
投/打   右/右
プロ野球歴 名古屋軍(1936年)
      イーグルス(1937年~1938年)
タイトル  本塁打王1回
表彰    年間MVP1回

日本プロ野球がまだ1リーグの時代に、背番号23番で活躍したのがバッキー・ハリス選手です。

1936年、日本初のプロ野球リーグ戦がスタートすると、名古屋軍総監督の河野氏が外国人選手を探すようになりました。

その中で、ロサンゼルスの日系ドリームに所属していたバッキー・ハリス選手に白羽の矢がたち、1936年に入団しています。

翌年に、名古屋軍からイーグルスへと移籍したハリス選手は、外国人選手として初のMVPを受賞する活躍を見せました。

1938年のシーズン終了後、戦争の影響でアメリカへ帰国することになったバッキー選手を、当時では異例の送別試合が催されるなど、日本のファンに愛された外国人選手でした。

呉昌征選手

生年月日  1916年6月28日
出身地   台湾高雄市
投/打   左/左
プロ野球歴 東京巨人軍(1937年~1943年)
      大阪タイガース(1944年、1946年~1949年)
      毎日オリオンズ(1950年~1957年)
タイトル  首位打者2回、盗塁王1回
表彰    最多安打1回 

台湾出身の呉昌征選手は、戦前から戦後にかけて、日本のプロ野球界で強肩外野手として活躍した外国人選手です。

呉選手は「人間機関車」のニックネームを持ち、馬力のあるバッティングが魅力の選手でした。 

巨人では1942年から2年連続首位打者を獲得する活躍を見せ、その後、阪神に移籍をすると、1946年には投手としてノーヒット・ノーランを樹立しました。

呉選手の高校時代を映画化した、タイトル「KANO 海の向こうの甲子園」は、台湾で映画化され2014年に公開されています。

日本の統治下であった台湾で、呉選手がエースとして甲子園に出場し、準優勝をした物語です。



スポンサーリンク

まとめ

今回は、日本のプロ野球における背番号23番を特集しましたが、いかがだったでしょうか?

ピッチャーが少なく野手がつけているケースが多いのが、特徴と言えますね。

背番号23番は野手がつけるというイメージを植え付けたのは、2人の外国人選手だったというのは興味深い話でした。

今後、日本のプロ野球で、どのような選手が背番号23番をつけて活躍するのか、楽しみですね!

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3