日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

背番号25番!プロ野球ではどんな選手がつけるの?主な名選手もご紹介!

こんにちは、みっつです。

数字の25というと、どのような事を思い出しますでしょうか?4分の1を表すクォーター?それとも笑顔の意味に使われる2525(ニコニコ)でしょうか(笑)

当ブログでは、野球に関しての話題を多く提供していますが、今回は野球における背番号25番についてお伝えしたいと思います。

日本のプロ野球で背番号25番をつける選手の特徴や、実際に25番をつけて活躍した選手、歴代のDeNAベイスターズの25番をご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

背番号25番をつける選手の特徴って?

背番号25番のイメージは、チームの4番バッターや代打男など、長距離打者のイメージが強くあります。この背番号25番のイメージを作り上げたといえるのが、1948年に阪神タイガースに入団をした別当薫選手です。

別当選手は入団1年目から、ダイナマイト打線と恐れられた、強力打線の一角を担いました。

別当選手に代表されるように、背番号25番の打者には、右打ちのパワーヒッターが多くいます。次からは、そんな選手たちをご紹介します。




背番号25番の歴代名野手たち

長距離バッターがつけるイメージが強い背番号25番、ここでは別当薫選手を始め、4人の選手をご紹介していきます。

別当薫選手

生年月日  1920年8月23日
出身地   兵庫県
投/打   右/右
プロ野球歴 大阪タイガース(1948年~1949年)
      毎日オリオンズ(1950年~1957年)
タイトル  本塁打王1回、打点王1回
表彰    最優秀選手1回、ベストナイン6回

別当選手は入団時から引退する前年まで、元祖、背番号25を背負った選手です。阪神タイガース入団の2年目には、39本の本塁打を放ち162打点の活躍を見せます。

そして、入団3年目には、日本のプロ野球がセ・リーグと、パ・リーグに分裂をしたのをきっかけに、当時の毎日オリオンズに引き抜かれます。すると、本塁打王と打点王の2冠王に輝く活躍を見せ、パ・リーグ分裂初年度のMVPを受賞しました。

また、盗塁王にも輝いた別当選手は、プロ野球史上初のトリプルスリーを達成した選手にもなりました。

ダリル・スペンサー選手

生年月日  1928年7月13日
出身地   米国カンザス州
投/打   右/右
プロ野球歴 阪急ブレーブス(1964年~1968年、1971年~1972年)
タイトル  特になし

スペンサー選手は、1964年に阪急ブレーブスの助っ人外国人として来日しました。アメリカ大リーグで強打者として活躍していたスペンサー選手は、日本のプロ野球で初めて背番号25番をつけます。

当時、身長190cmの巨体選手はまだまだ珍しく、その圧倒的なパワーに日本プロ野球ファンに驚きを与えました。

また、スペンサー選手は1965年7月16日に、サイクル安打を達成いたしましたが、それまでサイクル安打の意味を知らなかった日本人は、まったく驚きを見せませませんでした。

このことが発端で、サイクル安打が認識されるようになり、野球連盟から表彰を受けることになったというエピソードがあります。。

高井保弘選手

生年月日  1945年2月1日
出身地   愛媛県
投/打   右/右
プロ野球歴 阪急ブレーブス(1964年~1982年)
タイトル  特になし

高井選手は代打男の異名を持ち、1970年代後半に活躍をした選手です。1972年に阪急ブレーブスに入団をした高井選手は、1974年に当時の通算代打本塁打記録を更新しました。

高井選手が放った通算代打本塁打27本は、日本記録だけでなく世界記録として残っています。また、初めて出場したオールスターの舞台でも、代打逆転サヨナラ本塁打を放ち、代打屋としての力を実証しました。

大田卓司選手

生年月日  1951年3月1日
出身地   大分県
投/打   右/右
プロ野球歴 埼玉西武ライオンズ(1969年~1986年)
タイトル  特になし

大田選手は当時の西鉄ライオンズに入団をすると、小柄ながらもパワーを秘めた打者として、活躍を続けた選手です。特に、大田選手の魅力は勝負強いバッティングです。

1982年には、年間リーグ優勝をかけたプレーオフで、日本ハムの江夏豊投手から2打席連続の決勝打を放ち、西武ライオンズの初優勝に多大な貢献をしました。

また、1983年のオールスターでは、同じ背番号25番の大先輩、別当選手に次いで2人目のMVPにも輝きました。




背番号25番を背負った横浜の長距離バッターたち

背番号25番の強打者のイメージが最も顕著に現れているのは、横浜DeNAベイスターズです。

これまで、横浜DeNAベイスターズの背番号25番は、「ハマのアーティスト」の勲章を与えられた選手が継いできています。そんな選手たちをご紹介していきますね。

松原誠選手

生年月日  1944年1月13日
出身地   埼玉県
投/打   右/右
プロ野球歴 横浜太洋ホエールズ(1962年~1980年)
      読売ジャイアンツ(1981年)
タイトル  特になし

松原選手は1962年に、大型捕手の触れ込みで大洋ホールズに入団をしました。

入団当初は、投手以外のポジションを経験するなど、中々、定位置が決まらずにいましたが、1965年に背番号を38番から25番に変更をすると、守備位置もファーストに定着し、レギュラーの座を射止めました。

大洋ホエールズの4番打者として16年間に渡り活躍を続け、年間30本塁打を3回記録するなど、長距離打者として活躍をしています。まさに、松原選手にとっては、背番号25番がラッキーナンバーといえます。

畠山隼選手

生年月日  1964年6月11日
出身地   徳島県
投/打   右/右
プロ野球歴 南海ホークス(1983年~1990年)
      横浜ベイスターズ(1991年~1999年)
タイトル  特になし

畠山選手は、高校野球界の名将、蔦(つた)監督が率いる徳島県の池田高校で、4番エースとして甲子園に出場をすると、まさに一大旋風を引き起こした選手です。

しかし、甲子園の優勝投手として南海ホークスにドラフト1位で入団をしましたが、投手としては大成せず外野手に転向をいたします。その後、1991年に大洋ホエールズに移籍をすると、気分を一新し背番号25番をつけます。

するとレギュラーに定着し、チャンスに強いバッティングで、多くのファンから指示を得る選手へとなりました。畠山選手にとっては、背番号25番がラッキーナンバーといえます。




内川聖一選手

生年月日  1982年8月4日
出身地   大分県
投/打   右/右
プロ野球歴 横浜ベイスターズ(2001年~2010年)
      福岡ソフトバンクホークス(2011年~)
タイトル  首位打者2回
      最多安打2回
      最高出塁率1回
表彰    年間MVP1回
      ベストナイン5回

畠山選手が引退した後、背番号25番を引き継いだのが、福岡ソフトバンクホークスの4番打者として活躍を続ける内川選手です。

2018年には2000本安打を達成し、日本代表をチームの4番打者まで務めた内川選手も、横浜DeNAベイスターズに入団をした当初は背番号25番をつけていました。

村田修一選手

生年月日  1980年12月28日
出身地   福岡県
投/打   右/右
プロ野球歴 横浜ベイスターズ (2003年~2011年)
      読売ジャイアンツ (2012年~2017年)
      栃木ゴールデンブレーブス (2018年~)
タイトル  本塁打王2回
表彰    ベストナイン4回
      ゴールデングラブ賞3回

2003年、強打の内野手として横浜DeANベイスターズに入団し、背番号25番を背負うことになったのが村田修一選手です。村田選手は、2回の本塁打王に輝き、「ハマの大砲」と呼ばれた長距離打者です

筒香嘉智選手

生年月日  1991年11月26日
出身地   埼玉県
投/打   右/左
プロ野球歴 横浜ベイスターズ・DeNAベイスターズ(2010年~)
タイトル  本塁打王1回
      打点王1回
表彰    ベストナイン3回

2018年現在、横浜DeNAの背番号25番を系譜しているのが、超高校級スラッガーとして横浜高校から入団をした筒香嘉智選手です。

まだ20代ながら、歴代の背番号25番の選手に負けない本塁打王に打点王、ベストナインを3回受賞しています。今後のさらなる活躍が楽しみな選手ですね!




まとめ

今回は、プロ野球における背番号25番についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

25番は昔から強打者が主につけていた、という事がわかりましたね。そして横浜DeNAベイスターズの背番号25番には、ズラッと強打者が並んでいてビックリでした!

今後もどんな長距離バッターが、背番号25番をつけて活躍するのか、注目してみるのも面白いのではないでしょうか?

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3