日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

埼玉西武ライオンズの永久欠番と準永久欠番!前身球団含め全員紹介!

こんにちは、みっつです。

埼玉西武ライオンズは、埼玉県に本拠地を置くプロ野球チームですよね。前身の球団を含めると、1950年に創設した伝統のあるチームです。以前は福岡県に本拠地を置いて、多くの有名な選手が所属して、日本一にもなった強豪でもあります。

今回は、埼玉西武ライオンズの永久欠番と準永久欠番について特集します。永久欠番と準永久欠番の選手を全員ご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

西武ライオンズに永久欠番はある?

2018年現在、最高栄誉の永久欠番は18件ありますが、西武ライオンズでは2012年に永久欠番に制定されたものが1件あります。

それは、稲尾和久選手の24番です。

稲尾和久選手

生年月日  1937年6月10日
出身地   大分県別府市
投/打   右/右
プロ野球歴 西鉄ライオンズ(1956年~1969年)
タイトル  最多勝4回、最優秀防御率5回、最高勝率2回、最多奪三振3回、
表彰    新人王、年間MVP2回
永久欠番  背番号24
制定の日  2012年7月4日

稲尾選手は、西鉄ライオンズの黄金時代を支えた大投手です。稲尾選手を讃える言葉は、「鉄腕」「豪腕」などいくつもあります。その中でも、多くの国民から賞賛を受けた「神様、仏様、稲尾様」の言葉は、プロ野球の全てのオールドファンに記憶されています。

稲尾選手の背番号24番が永久欠番に制定されたのは、現役を引退してから43年後のことです。

これは、稲尾選手が現役を引退後も監督として背番号24番を付けていたこともありますが、稲尾選手が自身の背番号を永久欠番とすることに固辞していたのが要因です。

背番号24番を「自分だけの背番号にするのではなく、有望な後輩にぜひとも付けてもらいたい」とする意思が強くありました。しかし、稲尾選手がチームに残した功績は余りにも大きいことから、2012年の死去後、奇しくも、背番号24番と同じ、平成24年に永久欠番となりました。

✓Check
永久欠番は日本野球機構が定めるものではなく、各々の球団が独自に定めることから、球団によって基準も変わります。




西武ライオンズの準永久欠番の意味と全選手の紹介

永久欠番も準永久欠番も、偉大な功績を残した選手の背番号を欠番にすることには変わりません。欠番とする期間が永久なのか、一時的なものかの違いです。

西武ライオンズの準永久欠番は、2018年7月現在1件あります。それは森慎二選手の背番号89番です。

森慎二選手

生年月日  1974年9月12日
出  身  山口県岩国市
投/打   右/左
プロ野球歴 埼玉西武ライオンズ(1997年~2005年)
       ※コーチとして 
       埼玉西武ライオンズ(2015年~2017年)
タイトル  最優秀中継ぎ投手2回
準永久欠番 89

森投手は、セットアッパーとして活躍し、ストッパーの豊田清投手と勝利の方程式を築いた選手です。特に、フォークボールを決め球とし、三振の山を築きました。

毎年、投球回数よりも奪三振数の方が多くなることから、1イニングに1個以上の三振を奪ったことになります。

埼玉西武ライオンズの投手コーチとして指導に当たっていた2017年6月25日、試合前に体調不良を訴えて福岡市内の病院に入院すると、その3日後の28日に入院先の病院で亡くなりました。

突然、42歳の若さで病死した森コーチを偲び、コーチ時代の背番号89番を準永久欠番としたのです。



スポンサーリンク

残念ながら消滅してしまった準永久欠番

埼玉西武ライオンズには、一度は準永久欠番として制定されながら、残念ながら消滅してしまった番号が3つあります。

その3つとは

  • 大下弘選手の背番号3番
  • 中西太選手の背番号6番
  • 伊東勤選手の背番号27番

となります。

大下弘選手

生年月日  1922年12月15日
出  身  兵庫県神戸市
投/打   左/左
プロ野球歴 東急フライヤーズ (1946 ~1951)
西鉄ライオンズ (1952~1959)
タイトル  首位打者3回、本塁打王3回、
表彰    年間MVP1回、ベストナイン8回

大下選手は「青バットの大下」と呼ばれ、赤バットの川上哲治、物干し竿の藤村富美男と共に、終戦直後の日本プロ野球界を代表する選手です。

甘いマスクから、特に女性の人気が高い選手でした。また、敗戦直後の暗い日本で、歌謡界の女王美空ひばりさんと、プロ野球界の大下選手が、国民スターとして人気を博していました。

終戦の翌年に創刊された、野球雑誌『ベースボールマガジン』の創刊号で表紙を飾ったことからも、人気No1の選手であったことが伺えます。

残念ながら、大下選手の背番号3は、チーム以外の球団に監督就任することで、永久欠番が返上されています。

中西太選手

生年月日  1933年4月11日
出身地   香川県高松市
投/打   右/右
プロ野球歴 西鉄ライオンズ(1952年~1969年)
タイトル  首位打者1回、本塁打王5回、打点王3回
表彰    新人王、年間MVP 1回、ベストナイン7回

中西選手は豪快な打撃が持ち味で、数々の伝説を残している選手です。1952年に平和台球場で放ったホームランは、推定飛距離162メートル、当時としては飛び抜けた飛距離であったといえます。

さらに、この時の本塁打は「ライナーで飛んで行った」と記録されており、日本人離れしたパワーにファンは魅了されました。

また、中西選手のファウルチップは、「摩擦から燻った香りがした」と、言われています。これは、中西選手のスイングが余りにも鋭いことから、硬球ボールの皮が焦げたためです。

中西選手の背番号6番は、引退後に欠番扱いとなりましたが、球団の売却をきっかけに失効し、他の選手が付けるようになりました。

伊東勤選手

生年月日  1962年8月29日
出身地   熊本県
投/打   右/右
プロ野球歴 埼玉西武ライオンズ(1982年~2003年)
表彰    ゴールデングラブ賞11回

西武ライオンズの黄金時代を象徴する捕手として活躍をした選手です。選手として14回のリーグ優勝を経験し、8回の日本一に輝いています。また、伊東選手は1263守備機会連続無失策のプロ野球記録を持ち、ゴールデングラブ賞に11回も獲得するなど、プロ野球史に残る一流捕手です。

現役を引退した翌年から監督として采配を振るうと、1年目からチームを日本一に導きました。

現役引退後にすぐに監督に就任した選手は、それまで長嶋茂雄氏を含めて5人いましたが、1年目の成績はすべてBクラスに終わっていました。しかし、伊東監督はこのジンクスを破り、監督としてもチームに大きな功績を残しています。

現役を引退後、伊東選手の背番号27番は、この番号を継ぐのにふさわしい後継者が現れるまで欠番になりました。そして、2007年から細川亨選手が引き継ぎ、背番号27番は準永久欠番ではなくなりました。

現在、伊東選手の背番号27番は炭谷銀次郎選手がつけていますが将来、伊東選手の功績を讃えて再び欠番に制定される可能性もあるかもしれません。



スポンサーリンク

まとめ

今回は、埼玉西武ライオンズの永久欠番と準永久欠番について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?歴史のある強豪チームなので、永久欠番や準永久欠番が多いかなと思っていましたが、ともに1つずつという意外な結果になりました。

選手が複数の球団に移籍することにより、永久欠番や準永久欠番が取り消されることは残念なことですよね。

球団が変わっても、活躍した記録は残るわけですからね。ですので、失効することなく継承されることを望んでやみません。

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3