日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

野球のOPSってどんな意味?読み方や計算方法・歴代ランキングも紹介

こんにちは、みっつです。

プロ野球で強打者を意味するものとして、どのようなものを思い浮かべますか?私はやはり、打率やホームラン、打点といったタイトルのあるものが、まず思い浮かびます。

最近になって、バッターを評価する指針として、OPSという名前を目にしました。OPSって何?そもそも読み方って、オーピーエスで良いの?

今回は、野球におけるOPSについて特集します。意味や読み方、計算方法や歴代ランキングまで大特集しますね!

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。また正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。



スポンサーリンク

野球のOPSの意味や読み方って?

打者の個人成績にはいくつかのタイトルがあります。なかでも、「打撃成績の三冠王」と呼ばれるのが、「打率」・「本塁打数」・「打点」の3つのタイトルです。その一方で、打者の評価として「出塁率」を重要視する傾向もあります。

アメリカのメジャーリーグでは以前から着目されており、日本のプロ野球においても、近年、選手に対する評価のひとつとして、注目が集まるようになりました。そこで評価の基礎データとして用いられるのがOPSと呼ばれる数値です。

OPSとは、On-base plus sluggingを略したもので、通称オプスと呼びます。OPSは出塁率に長打力を加えることで、打者の本当の打撃力を判断できる数値として注目されています。

このOPSの産みの親と呼ばれるのが、アメリカのスポーツライターであった、ジョージ・ウィリアム・ジェームズ(通称:ビル・ジェームズ)氏です。1949年に生まれたジェームズ氏は、野球の歴史や統計に関する著書や資料をたくさん残しました。

ジェームズ氏は、「チームが勝つためにどれだけ貢献をしたか、打者は評価されるべき」と提唱をいたしました。例えば、三冠王のタイトルはあくまでも個人成績であって、それがチームの勝利にどれだけ結びついたのか判断は困難です。

ですので、チームを勝利に導く活躍を見せた選手を評価する必要があるのではないかという考えが出てきたのです。

チームに得点を入れる機会を多く作り出した評価が必要であり、その指標として考案されたのがOPSになります。しかしOPSも万全とはいえず、出塁率よりも長打率の方が高い選手が有利となる傾向があります。

例えば、1番打者と4番打者を比較した場合、出塁率の差よりも、長打率の差の方が大きくなりやすいからです。残念ながら、「長打力のある打者が有利」とする指摘からも、OPSの指標が万全なものとはいえません。




野球のOPSの計算方法

OPSは次の算式で求められます。

OPS=出塁率+長打率

出塁率とは安打に加えて、四球及び死球等での出塁を指します。また、長打率は2塁打以上の安打を長打とします。

OPS数値0.767以上が、チームへの貢献度があるとされる基準値になり、OPS数値0.900以上では、チームへの貢献が最高の選手として評価されます。

例えば、「世界のホームラン王」の王貞治選手の通算OPS値は、

出塁率0.446+長打率0.634=1.080となり、チームの勝利に最高の貢献をした選手となります。

ちなみに、王選手のOPS値はプロ野球選手5年目から16年連続で1.000を超えています。その間には、OPS値1.200を越えたシーズンが5回もあります。

また、アメリカ大リーグでも活躍した松井秀喜選手の通算OPS値は、出塁率0.413+長打率0.582=0.995となり、松井選手もまたチームの勝利に最高の貢献をした選手となります。

松井選手の通算OPS値は0.995ですが、選手生活20年間の中で1.000を超えたシーズンは5回あります。

日本プロ野球界史で三冠王のタイトルを3回も獲得した、落合博満選手の通算OPS値は、出塁率0.422+長打率0.564=0.986となっています。落合選手も同じくチームの勝利に最高の貢献をした選手といえますね。通算OPS値は0.986ですが、選手生活の中で1.000を超えたシーズンが8回もあります。




日本プロ野球の歴代OPSランキング

次のOPSの2つのランキングをお届けしたいと思います。その2つとは

  • 通算4000打席以上の歴代OPSランキング
  • 2017年から過去10年間のシーズンOPSランキング

となります。全てのOPSで小数点第4位を四捨五入して第3位にしました。

通算4000打席以上の歴代OPSランキング

選手名 OPS値
1位 王貞治選手 1.080
2位 松井秀喜選手 0.995
3位 アレックス・カブレラ選手 0.990
4位 落合博満選手 0.986
5位 タフィ・ローズ選手 0.940
6位 張本勲選手 0.933
6位 中西太選手 0.933
8位 小笠原道大選手 0.929
9位 ブーマー・ウェルズ選手 0.927
10位 松中信彦選手 0.925


 

過去10年間のシーズンOPSランキング

2017年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 柳田悠岐選手 福岡ソフトバンクホークス 1.016
2位 鈴木誠也選手 広島東洋カープ 0.936
3位 秋山翔吾選手 埼玉西武ライオンズ 0.933
4位 筒香嘉智選手 横浜DeNAベイスターズ 0.909
5位 丸佳浩選手 広島東洋カープ 0.903
6位 ケーシー・マギー選手 読売ジャイアンツ 0.897
7位 アレックス・ゲレーロ選手 中日ドラゴンズ 0.896
8位 茂木栄五郎選手 東北楽天ゴールデンイーグルス 0.867
9位 ウラディミール・バレンティン選手 東京ヤクルトスワローズ 0.864
10位 ホセ・ロペス選手 横浜DeNAベイスターズ 0.863


 

2016年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 筒香嘉智選手 横浜DeNAベイスターズ 1.110
2位 山田哲人選手 東京ヤクルトスワローズ 1.032
3位 鈴木誠也選手 広島東洋カープ 1.015
4位 坂本勇人選手 読売ジャイアンツ 0.988
5位 柳田悠岐選手 福岡ソフトバンクホークス 0.969
6位 ウラジミール・バレンティン選手 東京ヤクルトスワローズ 0.885
7位 角中勝也選手 千葉ロッテマリーンズ 0.877
8位 丸佳浩選手 広島東洋カープ 0.870
9位 浅村栄斗選手 埼玉西武ライオンズ 0.867
10位 村田修一選手 読売ジャイアンツ 0.858


 

2015年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 柳田悠岐選手 福岡ソフトバンクホークス 1.101
2位 山田哲人選手 東京ヤクルトスワローズ 1.027
3位 秋山翔吾選手 埼玉西武ライオンズ 0.941
4位 中村剛也選手 埼玉西武ライオンズ 0.926
5位 筒香嘉智選手 横浜DeNAベイスターズ 0.922
6位 李大浩選手 福岡ソフトバンクホークス 0.892
7位 清田育宏選手 千葉ロッテマリーンズ 0.890
8位 松田宣浩選手 福岡ソフトバンクホークス 0.889
9位 近藤健介選手 北海道日本ハムファイターズ 0.872
10位 ウィリー・モー・ペーニャ選手 東北楽天ゴールデンイーグルス 0.845


 

2014年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 ウラジミール・バレンティン選手 東京ヤクルトスワローズ 1.007
2位 中村剛也選手 埼玉西武ライオンズ 0.963
3位 エルネスト・メヒア選手 埼玉西武ライオンズ 0.950
4位 糸井嘉男選手 オリックス・バファローズ 0.948
5位 山田哲人選手 東京ヤクルトスワローズ 0.941
6位 丸佳浩選手 広島東洋カープ 0.910
7位 筒香嘉智選手 横浜DeNAベイスターズ 0.902
8位 エクトル・ルナ選手 中日ドラゴンズ 0.888
9位 雄平選手 東京ヤクルトスワローズ 0.877
10位 ブラッド・エルドレッド選手 広島東洋カープ 0.873

2013年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 ウラジミール・バレンティン選手 東京ヤクルトスワローズ 1.234
2位 トニ・ブランコ選手 横浜DeNAベイスターズ 1.049
3位 阿部慎之助選手 読売ジャイアンツ 0.991
4位 浅村栄斗選手 埼玉西武ライオンズ 0.943
5位 中田翔選手 北海道日本ハムファイターズ 0.932
6位 長谷川勇也選手 福岡ソフトバンクホークス 0.903
7位 井口資仁選手 千葉ロッテマリーンズ 0.902
8位 村田修一選手 読売ジャイアンツ 0.896
9位 ケーシー・マギー選手 東北楽天ゴールデンイーグルス 0.891
10位 李大浩選手 オリックス・バファローズ 0.878

2012年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 阿部慎之助選手 読売ジャイアンツ 0.994
2位 ラスティングス・ミレッジ選手 東京ヤクルトスワローズ 0.865
3位 李大浩選手 オリックス・バファローズ 0.846
4位 中島裕之選手 埼玉西武ライオンズ 0.833
5位 ウィリー・モー・ペーニャ選手 福岡ソフトバンクホークス 0.829
6位 坂本勇人選手 読売ジャイアンツ 0.815
6位 長野久義選手 読売ジャイアンツ 0.815
8位 糸井嘉男選手 北海道日本ハムファイターズ 0.813
9位 アレックス・ラミレス選手 横浜DeNAベイスターズ 0.806
10位 中村剛也選手 埼玉西武ライオンズ 0.792

2011年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 中村剛也選手 埼玉西武ライオンズ 0.973
2位 糸井嘉男選手 北海道日本ハムファイターズ 0.859
3位 内川聖一選手 福岡ソフトバンクホークス 0.856
4位 松田宣浩選手 福岡ソフトバンクホークス 0.854
5位 長野久義選手 読売ジャイアンツ 0.847
6位 畠山和洋選手 東京ヤクルトスワローズ 0.834
7位 鳥谷敬選手 阪神タイガース 0.809
8位 栗原健太選手 広島東洋カープ 0.793
9位 中島裕之選手 埼玉西武ライオンズ 0.787
10位 ウラジミール・バレンティン選手 東京ヤクルトスワローズ 0.783

2010年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 和田一浩選手 中日ドラゴンズ 1.061
2位 アレックス・カブレラ選手 オリックス・バファローズ 0.997
3位 阿部慎之助選手 読売ジャイアンツ 0.976
4位 小笠原道大選手 読売ジャイアンツ 0.953
5位 アレックス・ラミレス選手 読売ジャイアンツ 0.951
6位 青木宣親選手 東京ヤクルトスワローズ 0.944
7位 森野将彦選手 中日ドラゴンズ 0.936
8位 T-岡田選手 オリックス・バファローズ 0.933
9位 多村仁志選手 福岡ソフトバンクホークス 0.924
10位 西岡剛選手 千葉ロッテマリーンズ 0.904

2009年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 中村剛也選手 埼玉西武ライオンズ 1.010
2位 阿部慎之助選手 読売ジャイアンツ 0.943
3位 小笠原道大選手 読売ジャイアンツ 0.927
4位 和田一浩選手 中日ドラゴンズ 0.914
5位 サブロー選手 千葉ロッテマリーンズ 0.911
6位 糸井嘉男選手 北海道日本ハムファイターズ 0.901
7位 アローン・ガイエル選手 東京ヤクルトスワローズ 0.900
8位 鉄平選手 東北楽天ゴールデンイーグルス 0.895
9位 中島裕之選手 埼玉西武ライオンズ 0.891
9位 アレックス・ラミレス選手 読売ジャイアンツ 0.891


 

2008年度シーズンOPSランキング

選手名 所属チーム OPS値
1位 村田修一選手 横浜ベイスターズ 1.062
2位 アレックス・ラミレス選手 読売ジャイアンツ 0.990
3位 アレックス・カブレラ選手 オリックス・バファローズ 0.987
4位 タフィ・ローズ選手 オリックス・バファローズ 0.977
5位 内川聖一選手 横浜ベイスターズ 0.956
6位 小笠原道大選手 読売ジャイアンツ 0.954
7位 森野将彦選手 中日ドラゴンズ 0.950
8位 青木宣親選手 東京ヤクルトスワローズ 0.942
9位 中島裕之選手 埼玉西武ライオンズ 0.937
10位 金本知憲選手 阪神タイガース 0.919





 

まとめ

今回は、野球のOPSについて特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

以前は、ホームランや打率、打点などが個人の成績として重要視されてきたと思います。しかしOPSはチームへの貢献に目を向けているという事が画期的ですね。

野球は個人の集まりとはいっても団体の競技です。チームに貢献した選手を重要視するOPSのようなデータが、もっと多く開発される事を願ってやみません。

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

スポンサーリンク


UA-43571241-3