日常お悩み・疑問解決ネットワーク

あなたの日常生活の疑問や悩みを解決する記事をアップして疑問や悩みを解決する手助けになるブログを目指します。

メトロポリタン丸の内の朝食バイキング!味もサービスも大満足!

こんにちは、みっつです。東京駅に近い丸の内は、日本の中心地と言っても過言ではありませんよね。毎日毎日多くの人が、仕事や観光、買い物などで訪れています。

そんな丸の内にあるホテルでの朝食で、どこがおすすめか?と聞かれたら、私は

ホテルメトロポリタン丸の内

と答えます。

なぜ、ホテルメトロポリタン丸の内での朝食がおすすめなのか、これからご紹介していきたいと思います。

ただ食べるだけではない、泊まらなくても味わえる、ホテルメトロポリタン丸の内の魅力もご紹介していきますね。

ホテルメトロポリタン丸の内がおすすめなワケ

ホテルメトロポリタン丸の内は、東京駅に隣接するサピアタワーの27階から34階にあります。

朝食会場のTENQOO(テンクウ)はフロントと同じ27階にあり、朝食料金は税込2,500円です。

ビジネスホテルでのバイキングであれば、1,000円前後といった感じなので、決して安くはありません。

しかし朝食の内容やサービスを考えれば、十分に納得のできるものだと私は考えています。

丸の内にあるホテルの中で、ホテルメトロポリタン丸の内の朝食がおすすめなのは

  • リーズナブルな価格設定でいただける美味しいバイキング
  • お客さんの事を考えた接客や配列
  • 27階から眺める絶景

となります。

次に上記3つについて、解説していきますね。

ご注意
これからご紹介する料理や価格などは、私が2017年4月にお邪魔した際の内容となります。
バイキングという性質上、日によってメニューが異なる事もあるので、ご了承ください。

リーズナブルな価格設定でいただけるバイキング

まずは、料理の内容をご紹介していきますね。

和食と洋食のブースがある

メトロポリタン丸の内の朝食バイキングは、和食と洋食にブースが分かれています。まず和食からご紹介します。

和食のブース

混雑を考えてか、ご飯が入ったお釜が2つ用意されていますね。茶碗の横には、納豆が準備されていました。柱に沿うように、味噌汁が入ったジャーが置いてあります。

こちらのコーナーには

  • おみづけ醤油漬け
  • 紀州南高梅
  • 蔵王きゅうり漬け
  • 赤かぶ漬け
  • ゆず大根

といった漬物類も豊富に用意されています。

そして

  • 軟骨入りさつまあげ
  • 厚焼き玉子
  • ひじき煮
  • 切干大根と昆布のうま煮

が、所狭しと並んでいます。

そして、味噌汁に入れるワカメや長ネギ、油揚げが見えていますね。

こちらには

  • 温泉玉子
  • 塩銀鮭
  • サバ味醂醤油
  • まぐろぶし
  • 冷奴
  • 筍土佐煮

といった、いかにも和食といった品々が並んでいます。

洋食のブース

こちらが洋食のメニューとなります。

  • ベーコン
  • あらびきポークソーセージ
  • 鶏肉入りポークソーセージ
  • じゃがいもとズッキーニのスパニッシュオムレツ

お好みに応じて、ケチャップやマスタードをかけられます。

こちらには

  • フライドポテト
  • スクランブルエッグ
  • パスタ
  • 野菜のビネガー煮
  • ポテトグラタン

といったメニューが並んでいました。

大柄な外国の方がいるあたりには、食パンなど数種類のパンが用意されていて、好みに応じてトースターで焼くことも出来ます。

サラダ系も充実していますね!

  • ミックスリーフ
  • コールドミート&チーズ
  • スモークサーモン
  • コーン
  • プチトマト
  • マカロニポテトサラダ
  • ブロッコリー
  • 野菜のピクルス

など、十分な品揃えではないでしょうか。ドレッシングもサウザンアイランドをはじめ、3種類ありました。

飲み物も数種類から自由に選ぶ事が出来ますよ。

  • グレープフルーツジュース
  • 野菜ジュース
  • トマトジュース
  • 烏龍茶

そして、数種類のシリアルも用意されています。

奥の白い皿には、数種類のフルーツやヨーグルトが用意されていました。

好きなものを好きなだけ!

ご紹介できただけでも40種類以上ある、メトロポリタン丸の内の朝食バイキング。十分な種類がありますよね。

ここで、私が実際にとってきた品々をご紹介しますね。
まず和食からです。

こちらは、塩銀鮭、サバ味醂醤油、しぐれ煮となります。

鮭やサバは朝食バイキングの定番ですが、鮭は銀鮭だったり、サバは塩焼きではなく味醂醤油と、他とは差別化しています。

こういったこだわりが、食べる側としては嬉しく、2,500円であっても納得できるのでしょうね。

他には、ご飯と味噌汁も頂いてきましたが、ご飯の炊き具合が非常に良かった事をご報告します。

こちらは主に洋食です。

主にと言ったのは、温泉玉子が載せきれなくて、スクランブルエッグとソーセージ・ベーコンの皿にお邪魔しているからです(^_^;)

ソーセージに、あらびきポークソーセージと鶏肉入りポークソーセージの2種類あるのが、こだわりを感じさせます。

そして、こちらはサラダ系となります。

ミックスリーフ、スモークサーモン、ブロッコリー、野菜のピクルスをとってきました。

バイキングでサラダは珍しくありませんが、ミックスリーフはごく少量、レタスやキャベツに混ぜてある程度でないかと思います。

メトロポリタン丸の内ではメインがミックスリーフという大盤振る舞いです。そして、スモークサーモンも珍しいのではないかと思います。

味に関しては敢えて触れてきませんでしたが、メトロポリタンは料理の美味しいホテルとして知られています。

どの料理も美味しく、レベルが高かったですよ!

お客様の事を考えた接客や配列

メトロポリタン丸の内での朝食で、これは気が利いていると思った事が3つあります。

それは

  1. コーヒーか紅茶を注ぎに来てくれる
  2. 料理が次々と補充されていく
  3. 醤油が何ヶ所かに置いてある

です。

少し詳しくご紹介しますね。

1. コーヒーか紅茶を注ぎに来てくれる

朝食会場に入ると、席に案内されてコーヒーか紅茶どちらが良いか聞かれます。そして、料理を取り終えて食べ始めると、店員さんが注ぎに来てくれます。

一度だけではなく、飲み終えたと思ったら、

「おかわりはいかがでしょうか?」

と尋ねてくれるのです。

セルフサービスが基本のバイキングの中で、このサービスはとっても嬉しく感じました!

2. 料理が次々と補充されていく

私もバイキングには幾度となくお邪魔していますが、料理がなくなったままになっているのを、たまに見かけます。

しかし、メトロポリタン丸の内では、なくなっているのを見る事はありませんでした。

これは、ホールにいる店員さんも他の店よりかなり多く、目が行き届いている事があると思います。

3. 醤油が何ヶ所かに置いてある

少し細かい話になりますが、和食のコーナーには醤油が少なくても2ヶ所に置いてあります。

醤油を使うであろう料理の場所に置いてあるのですが、多くの店ではトレーや食器類が置いてある場所に置いてあります。

しかし、バイキングで一番混む場所は、トレーや食器類が置いてある場所ではないでしょうか。

そこに置いてあるよりも、料理がある場所に置いてあったほうが、食べる側の気持ちになっていると思います。

27階から眺める絶景

メトロポリタン丸の内は、27階がフロントとなっていて、同じフロアに朝食会場があります。

ですので、景色は申し分ありません!

私が案内された席からはこのような風景が広がり、車がとっても小さく見えました(^_^;)

ビルの間から見える緑は皇居です。このような風景を見ると、日本の中心地に来ているという思いになりますね。

こちらは北側の風景となります。JR神田駅や走っている電車が見えています。

もう1つ南側からはJR東京駅が見えているはずですが、スミマセン、お客さんが多くて、かき分けて撮る勇気がありませんでした(^_^;)

必見!フロントロビーのジオラマ

メトロポリタン丸の内のフロント付近には、誰でも見る事が出来る設備があります。

それは東京と横浜のジオラマです。

私は知らずに行ったのですが、思わず見入ってしまいました(笑)

どこがジオラマになっているか、主なものをご紹介しますね。

東京駅


メトロポリタン丸の内は東京駅に隣接しているので、やはり東京駅は欠かせませんね。

開業当時の姿に復原された丸の内駅舎が、見事に再現されています。

東京スカイツリーや浅草寺


今や東京を代表するスポットとなった東京スカイツリー、やはり欠かせない存在として登場です。

近くを流れる隅田川や、観光スポットの定番である浅草も再現されていますね。

羽田

国際線の本数も増えて、国際空港としての役割が増した羽田空港、飛行機とともに再現されています。

羽田空港に行く交通手段として、欠かせないモノレールの姿も見る事が出来ました。

横浜や橋など

横浜の顔とも言えるランドマークタワー、そして橋。この橋はベイブリッジかと思っていました。

しかし、メトロポリタン丸の内のホームページによると

レインボーブリッジ(方向によってはベイブリッジ)

との事です。どっちかハッキリして欲しいですね(^_^;)

そして、今なお人気がある東京タワーの姿も見ることができます。

ホテルメトロポリタン丸の内へのアクセス

住所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7番12号

JR東京駅から
  • 新幹線日本橋口改札を出て日本橋口方面に向かい徒歩1分
  • 八重洲北口改札を出て日本橋口方面に向かい徒歩2分
地下鉄から
  • 大手町駅B7出口から地上に出て徒歩1分
お車で
  • 首都高速呉服橋出口より外堀通りに入って、1つ目の呉服橋交差点右折してすぐ左側
    東京駅日本橋口ロータリーから、サピアタワー共用駐車場へ
  • レストラン利用の際は、3,000円以上の飲食で2時間まで無料

他のホテルの朝食もご紹介してます!

当ブログでは、他にも実際にお邪魔して食べた、ホテルの朝食をご紹介しています。

ご紹介している基準としましては

  • バイキング・ビュッフェ形式である
  • 宿泊しなくても利用できる
  • 一人でも利用できる雰囲気である

といった事になります。

東京都内を中心にご紹介していますので、よろしければホテルの朝食選びの参考にしてみてくださいね!

まとめ

今回は、ホテルメトロポリタン丸の内の朝食についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ホテルメトロポリタン丸の内は地上27階にあり、エレベーターで上がるだけでも時間がかかります。

忙しい朝の食事としては不向きかもしれません。

しかし時間が許すなら、とてもおいしい料理にきめ細やかなサービス、素晴らしい眺め、ジオラマなど、魅力を満喫できます。

もし東京駅周辺で、比較的リーズナブルで優雅な気分になれるような朝食をお望みなら

ホテルメトロポリタン丸の内

を有力な候補として検討してみてはいかがでしょうか?

最後までお読み頂いたあなたに大感謝!みっつでした。



UA-43571241-3